2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

【よしおさん】

よしおさんは昨日はちょっぴり元気がなく、食欲もいまひとつ。
軽く1杯のご飯を少し残したりしました。

年をとっているだけに、薬やサプリの影響が出てくるのにも時間がかかって、ガーデンアンゼリカを減らしているのが、今頃になって出てきたのかな?と思っていました。

が、今朝になると、ご飯も全部平らげたし、機嫌が悪いわけでもありません。
ただ、一時期のように、饒舌ではなくなりました。
でも、まあ、サプリや薬の量の変更が必要とも思われません。

これなら、大変良い調子と言えると思います。
いつまでも、いつも同じ調子ということもないでしょうから、少しづつの変化はあることでしょう。


【みつこさん】

今日は訪ねて行こうと思っていたら、予定が入ってしまいました。
でも、ちょっとだけなら行ってこれそうなので、頑張って出かけました。
私も、かなり気力を持ち直していますので、こんな時も出かけることができます。
気力がかげっていると、みつこさんを訪ねて行くのも、億劫になってしまいます。
行こう、行こうと思っているうちに、30分、1時間と、自分がもたもたしていると遅れて行きます。
そうすると、「やっぱり、今日は止めておこう。」なんて、なってしまうのですが、今日はそうはならずにちょっとだけ自分に発破をかけて、出かけました。

行ってみると、みつこさんは一人席で、テレビの前でした。
ちょっと前まで、「にっぽん頑張れ!」と野球を見ていたそうです。
目をしっかり開いていましたので、「みつこさん、こんにちは。」と声をかけると、何やら、にっこにこで話してくれました。
ちょうど看護師のTさんも通りがかりだったので、一緒に話していてくれましたが、介護士さんの証言でも、「今日は朝から上機嫌」とのことでした。
ほんとに、わかる話、わからない話と様々でしたが、合間ににこっと笑って、ハイ過ぎることもなく、穏やかでにこやかで、元気そうで、とっても良い調子でした。
おやつも「美味しいね」といいながら、分けてくれるふりをしながら、全部自分で食べました。
因みに今日のおやつは、クレープとミルクティーでした。

先週から、コラーゲンの粉末を持って行っていますので、おやつの時の飲み物に入れてもらってあります。これは一応骨粗鬆症対策です。

ちょっと名残惜しかったけど、30分ほどで、飛んで帰ってきました。
何を言っているのかよくわからない、笑顔のみつこさんは、昔のみつこさんとは程遠いけれど、別の人だと思えば(生まれ変わったと思えば)、何とも可愛いお婆ちゃんです。
気持ちを切り替えて、みんなが幸せを感じられる方を選ぼうと思います。


今朝はケアマネさんの来訪がありました。
また、介護保険法の見直しがあるそうで、一部点数の計算方法が変わっていましたが、今後もっと大幅に変更があるそうです。
よしおさんは、この8月に認定の見直しがありますが、認定方法も厳しくなるそうで、恐らく介護度が下がるであろうということでした。
というのは、認知症の陽性症状が治まっていますので、以前より良くなっていると判断されそうだからです。(事実良くなっていますが)
良くなって、介護度が下がることはありがたいことです。しかし、今後利用に制限が出てくる可能性はあります。
まだ、先のことですが、私が入院が必要となった時に、長期にショートステイを使用したいとなると、実費が大幅に出そうです。2ヵ月にまたがれば、その点は解消されますが、それだと今度は私の保険が高額医療費の還付が受けられなくなります。

どっちがどうなのか、きちんと計算してみる必要がありそうです。しかし、まだ先のことですし、確定していないし、時期が選べるのかどうかも不明です。
また、その時になってから考えてみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

【】
『介護保険法の見直しがあるそうで、一部点数の計算方法が変わっていましたが、今後もっと大幅に変更があるそうです』

噂には聞いていましたが…。利用者側にメリットのあり変更ではなさそうですね。母は確か5月の見直しだったような気がします。両親とも在宅で看ている上に、自宅へ帰京する際のショート利用は欠かせないものなので、パンドラさん同様に私もまた、母の介護度が下がることが気になります。
利用者本人の介護度の他に、在宅介護者のための(別枠で)介護者サービス的なものも作って欲しいものです。わがままでしょうか…?
【*ちゃーさんへ】
一口で言ってしまえば、なるべく介護保険を使いにくくするということではないでしょうか。
認定自体も厳しくなります。
以前から言われていましたが、過去と同じ状態であれば、1ランク下がると思った方がよいそうで、もしも改善している部分があればもっと下がる可能性は大きいということです。
介護保険のために介護度が上がってほしいわけじゃないから、介護保険が使いやすい、みんなのためのものであればいいのだけどね。

介護者のための介護サービスが別枠で欲しいというのは、大賛成です。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking