2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

今日はハリ治療の日です。
ユニットに着くと、みつこさんは眠りこけたまま、指の治療をしてもらっていました。
爪の根元にささくれができて、血が滲んでいました。
看護師さんが軟膏をつけてガーゼを当てて下さっていましたが、直に取ってしまうことでしょう。
なかなか、しゃきっと元気にはなりませんねぇ。
しかし、まあ、揺すると目を開きました。

昨日は穏やかそのものでしたが、それがいつもの日常という訳ではありません。
今日は、少々怒り気味の時もありました。
でも、まあまあ、ハリも済み、少し眠ると、もそもそと起きだし、おやつに誘えば素直に起きてくれました。

先日自宅の、みつこさんの荷物を整理していて、いつも使っていたお財布の中から、祖母(みつこさんの母)の写真が出てきました。
大切に持ち歩いていたのでしょう。
それを額に入れて、施設へ持って行きました。

みつこさんに見せると、ちゃんとわかっていました。
写真を見て「おかあちゃん」と言いました。
一体いつ、そんな言葉を使っていたのでしょう。

そして、さらに嬉しい話が舞い込んできました。
祖母の写真を見せたら、「おかあちゃん」って言ったのよと説明していると、その介護士さんが、「○○ちゃんて誰ですか?」とお聞きになりました。
パ「私よ。私。」と、私を指さすと・・・・
介「朝、起こしに行ったら、○○ちゃんと言われました。

いつも、脳の奥深くにしまい込まれているのかもしれないけれど、それでも、ちゃあんと私のことも存在しているのね。
みつこさんがこれまで接してきた誰のことも、決して消え去ってはいないのだろうと確信しました。

何だか、胸きゅん。
やっぱりちょこちょこ会いに行かなくては・・ね。

今日も水分一杯摂れました。
おやつの時間に、昨日頂いた猫の写真集を見ながら、私の分にと出して下さった紅茶もみつこさんが全部飲み干しました。
のどが渇いていたのね。よかったよかった。
関連記事
スポンサーサイト

【おしっこ】
名前を呼んでくれると嬉しいですよね。

母の場合フェルガードで発語があった時も嬉しかったですけど、2年ぶりに名前を呼んでくれた時はことさらでした。
「△△△、帰るのか。気を付けてね」
3月3日午後8時30分、食事介助、トイレ、口腔ケア、パジャマへ着替え、ベッドに寝かせ、帰ろうとするときでした。その時確かにそういったのです。
今も状況にあった言葉がしゃべれるわけではなく、意味不明のことがほとんどです。以前入所していたグループホームでトイレでなかなか排尿できなくなってからトイレに連れて行ってもらえなくなったらしく、そのトラウマからか、あらゆる単語や文節に「おしっこ」を使うからです。
フェルガードを飲ませ始めてから夜間、寝起きの時になめらかに話すことは聞いていましたが、10月31日のブログを読ませてもらっていたころは母が名前を呼んでくれるなどとは考えもできませんでした。
3日以来名前は呼んでくれないけれど、またまたみつこさんと梅っしゅのよしおさん、そしてパンドラさんにパワーを頂いて介護に行っています。
【*mizuhoさんへ】
こんばんは~。
mizuhoさんのお母様も2年ぶりにお雛様の日に名前を呼んで下さったのですね。
それもしっかりしたお言葉で、「気をつけてね」とおっしゃったんですね。
嬉しいですよね。

実は10月31日に名前を呼んでくれて、それ以来半年ぶりなのですが、今回は私は直接は聞いていません。
だから、私が○○ちゃんとわかっているのかどうかもわかりませんが、逆に私のいない所で、名前を呼んでいてくれることもあるわけで、実はもっと頻繁に名前を呼んでいてくれるのかもしれないと思いました。

今回は介護士さんがたまたま教えて下さったけど、「誰のことかなぁ?」と思って、そのままということもあるかもしれないですものね。
それに、決して存在を忘れているわけではないのだなということもわかり、とてもうれしいです。

お母様の「おしっこ」も切ない話ですね。
mizuhoさんのお母様は、たとえmizuhoさんのお名前がとっさに出てこない時も、mizuhoさんの存在自体はしっかりインプットされていると思います。

お互いに、声に出して名前を呼んでもらえるのを楽しみに通い介護に励みたいですね。

書き込み下さってありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking