2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

お名前つけ

施設内での、みつこさんの薄着がとっても気になってしかたありませんでした。
「他の方はどうなのかなぁ?」って、他の住人さんたちの洋服へ目がいってしまいます。
ウールのものも着せてもらっていらっしゃるのか、自分で着ていらっしゃるのか、
皆さん、暖かそうにしていらっしゃいます。
そこで、今日はとうとう勝手に、みつこさんにも1枚余分に着せてしまいました。

今日の洋服は、半袖アンダーシャツの上にトレーナーというスタイルでした。
そこで、トレーナーの下に長袖Tシャツを着せました。

「これを着ましょうね」と言って、トレーナーを脱がせると、
「おぉ、寒っ」と言いながら脱いでくれました。ちゃんと意思疎通できてます!!!
それから、Tシャツを着せて、トレーナーを着せて、その後、
下のTシャツの袖を引っ張り出してあげると、
「それそれ」って言って、喜んでくれました。
肩のところにもそもそ溜まっていては、気持が悪いよね。

夜の着替えの時に、介護士さんが、「あれっ」って気がついてくれるといいけどな。

防寒ズボンとか、ぼてぼてセーターとかも、やっと持って行くことができました。
「やっと」というのは、用意は大分前からできていたのですが、
お名前つけがなかなかたいへんで、それに時間がかかっていました。
1枚1枚、布テープに名前を書いて、それを縫い付けています。
冬用のウールの靴下は1足づつとなると、た~くさん縫わなくてはならなくて
今だ、ストップ状態です。

下着も半袖は持ち帰って、長袖を持って行って、置いてきました。
半袖はもう着せて欲しくないので、着せて欲しくないのは持ち帰るに限ると悟りました。
何人かの介護士さんが交代で担当して下さるので、ひとりの人に伝えておいても、
なかなか皆に徹底してもらえません。
それなら、一層、使って欲しくない物は、使えないように持ち帰るのが一番ということになりました。

明日からは、暖かい格好させてもらえるといいねぇ、みつこさん
関連記事
スポンサーサイト

【】
うわぁ・・・こういうことまで気を配って・・・
認知症のお世話って、すごいんだなぁ・・・
さりげなく書いてらっしゃるけど、内容はすごいわ。
私はまだまだわからないことばっかり、本当に色々教えてもらえます。
一番尊敬するのは、パンドラさんの「気持ちの持ち方」です。
もちろん、介護も家族もみなそれぞれ違うのはわかっちゃいるけど・・・
(自ブログでも書いていながら、なんか恥ずかしいわ~)
【*サトコさんへ】
>サトコさん、拙いブログに毎日ありがとうございます。

私はサトコさんのお母様の方が年齢が近いのではと思います。
だから、娘のようなサトコさんが、あんなに頑張っていらっしゃったのが、とても傷ましく感じてしまいました。

今現在は、みつこさんは私の娘のようなものです。立場は逆転しています。
施設でお世話になっている、脳に障害のある娘を心配するって感じです(笑)

病人の看病と、認知症だけの人の介護とは全く違うと思うのです。
みつこさんのように、差し当たり認知症だけしかない人は、親子の立場が逆転するというのは、皆さん感じていらっしゃるのではないかなと思います。
母が娘になる、父が息子になる、って感覚だと思います。
だから結構、可愛くなっちゃうところがあります。
それも、今は手を離れたからこそ言える事ですけど・・。
私も渦中の時は死にそうで、頭が変になりそうでしたから。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking