2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正面玄関前

本日は、私の地元で行われました、表記のシンポジウムに参加して参りました。
たいへん盛況で、定員600名で募集されておりましたが、実際には961名の参加であったそうです。
東京からの参加のお方にも、京都から参加のお方にもお目にかかり、ご挨拶させて頂く事ができました。

--------------------------------------
内容は以下の3部からなっておりました。

■基調講演
  「認知症の人を守るために私たちができること」
  講師は、河野先生です。
  いつものテンポで、認知症全般について、1時間びっしりお話くださいました。

■音楽療法

■シンポジウム
  テーマ 「認知症とともに~私たちにできること~」
  座長が河野先生で、介護関係お二方と、役場の関係の方おひとりの発表がありました。
  ここでは、河野先生から医療と介護の連携の大切さについてお話がありました。
  終了後に会場からの質疑応答があり、終わりました。

---------------------------------------
最後に本日の記念撮影をしたいとおっしゃるので、壇上と客席と一緒にどうやって写真を撮るのかと思ったら、会場のみんなでエイエイオーと手をあげたところを舞台の上から河野先生が写真を撮ると言う事でした。
この写真は次回のブログの記事とともに載るそうです。
ご覧くださいね。私も点のように映っているかもしれません。

今回のシンポジウムは、認知症サポーター養成講座でもありまして、参加者全員に、認知症サポーターの証となるオレンジリングが配られました。
オレンジリング

私も何かの形で、どなたかのお役に立ちたい、、、きっとできると信じています。
  
関連記事
スポンサーサイト

【】
今日は本当にお疲れ様でした。

パンドラさんにアクセスをお教え頂いたお蔭で、安心して行く事が出来、無事会場に着かせて頂きました。

会場では、パンドラさんにお声を掛けて頂き感激致しました。
イメージ通りの、優しく温かな雰囲気をまとい佇んでおられ、一瞬で私の心に温かいものが広がりました!

これからも、こちらのブログで勇気と学びを頂戴しつつ、私も頑張ります。
今後共どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
【*kuririnさんへ】
お疲れのところ、早速コメントを頂きまして、ありがとうございます。

無事に会場へお着きになれたと伺い安心致しました。

盛況な会場の中で、kuririnさんを見つけられるかどうかわかりませんでしたが、天のお導きのように、kuririnさんのお姿が視野に入り、この方に間違いないと直感致しました。

お話させて頂くことが叶いまして、私も本当にうれしいです。
熱いパワーと情熱をひしと受け止めさせて頂きました。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【内緒さんへ】
コメントありがとうございます。
わざわざご遠方をお越し頂いたので、ご希望がかなってよかったですね。

I先生とは持ちつ持たれつです。
I先生に出会わなければ、今のよしおさん、みつこさんは有り得ません。
感謝しても、感謝しきれない気持でおります。

内緒さんも、最善の方法がみつかりますように、心から願っています。
昨日はよしおさんのデイに合わせて、とんぼ帰りしましたので、失礼いたしました。

よしおさん、みつこさんへは、キイキイ言いつくしました。
今は何もいう必要がなくなったんですよ。
これからもよろしくお願いします。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。