2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

みつこさん、意味ある言葉が出にくくなり、うつらうつらしていることが多くなりました。
しかし、食欲はあり、情緒面では安定して、介助への抵抗はほとんどないようです。
今日は採血も何の問題もなくできました。

過剰なハイでもなく、うつでもなく、子供にかえったお婆ちゃんという感じで、穏やかに犬のぬいぐるみを抱えていました。

フェルガード100は5包/日で続行としました。
皮下出血があるので、抗血栓薬のことを先生にお尋ねしましたが、抗血栓薬に皮下出血はつきものだけど、だから、どう悪いということもない、脳出血については予測がつかないというお答でしたのでそのまま続行です。

サプリメントに添加されているビタミンEが少し気になりましたので、独自に調べてみました。
フェルガード1包に5mgのビタミンEが添加されています。
ビタミンEは脂溶性ですが、体内に残り難く、あまり過剰症は報告されていないそうです。
ですが、一応、適正使用量は女性で 8mg/日、上限は267mg/日だそうです。
食事から摂れる量は大体10mg/日だそうです。ということは、食事で摂るだけで十分ということなのでしょうか。
フェルガードの強化療法をしていると、5包で25mgになります。上限には遥かに届かないけれど、日常的となると気にならなくはありませんが、特に過剰症として報告されるような症状もないので、問題にすることはないかもしれません。

漢方は十全大補湯から、人参養栄湯に変更することにしました。
どちらも、体力低下を補うというか、底上げする目的ですが、人参養栄湯の方が認知症には向いているのではないかということです。
こちらを使い始めてから、貧血が改善されています。


今日はよしおさんのデイの日です。
送りがだいたい4時20分くらいです。みつこさんの往診が微妙に重なりますので、デイの送りを遅い方の5時前くらいでお願いしておきました。

ところが、施設についてから、今日は先生がお忙しく、予定よりかなり遅れるとご連絡を頂きました。
よしおさんの迎えができそうにありません。時間があったので、よしおさんを先に迎えに行って、家に戻っておいて、施設へとんぼ帰りしようと思い、デイに電話を入れました。

すると、デイではよしおさんのお誕生会がおやつの時間にあるので、できたら、3時半過ぎに迎えに来て欲しいと言われました。
ぎりぎりで何とかなるかなと、急いで施設を後にし、家に帰ってよしおさんの布団を敷いて、雨戸を閉めて、電気をつけて、デイにお迎え、お誕生日プレゼントを手に、よしおさんを家に連れて帰りました。
何で早く迎えにきたのか?」と訝るので、説明するのが大変なんだけど、何とかわかってくれました。
とんぼ帰りで施設へ向うと、途中で2回、携帯が鳴りました。
どうやら先生が早めに駆けつけて下さったのでしょう。焦る気持ちを抑えて施設へ急ぎました。
先生は施設でもうひとり患者さんが増えていましたので、そちらを先に回って下さっていましたので、お待たせすることなく間に合いました。

よしおさんもみつこさんもそれぞれの場所で、それぞれの落ち着いた生活をしています。それが定着してきました。
ふたりで家に居た時のめちゃくちゃからは、今の生活は想像がつきませんでした。
来年は?再来年は? どんな生活をしているのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking