2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

【車いす】

みつこさんを訪ねて行きますと、今日は座面の低い車いすに乗せてもらっていました。
足がぴったり床についています。少し低すぎる感じでお尻が少しだけ膝の高さより低くなっています。
今日は座布団なしでしたが、薄目の布団を敷くとちょうどぴったりな感じでした。
まずは、思考錯誤してもらっていることが嬉しかったです。

先日生活相談員さんと一緒に相談に乗って頂いた、介護士のMさんが早速話に来て下さいました。
みつこさん、自分で足を動かしているそうです。
さらに今日はひとりで立ち上がって、トイレに行こうと歩いていたそうです。
低床なので、介助で立ち上がる時に大変かと思ったけど、そうでもなく、立ち上がれたと報告頂きました。
今日は足の痛みの訴えが少なく、調子が良いということもありそうですが、この車いすの方がよさそうな感じは絶対します。
引き続き、車いすをいろいろ試してみて下さるそうです。

様子を見ていると、足が床にしっかり着くと、自分でお尻を動かすこともできていました。
これなら、座りっぱなしの苦痛も減ると思います。

一度はしっかりお願いしたのだから、焦らず、見守りさせて頂きたいと思っています。

車いす(090131)

【ボケボケよしおさん】

よしおさんは、今日はデイの日でした。
まだ、ストーブが心配です。
出かける時に「ストーブを消したのを忘れるといかん。」と言っています。
また、手に書いていけば。」とすすめると、「そうだな。」と、早速自分で手のひらにサインペンでストーブ消したと書き始めています。
あらまあ・・・おボケになっているわねぇ。だって、まだストーブ消してないのですもの。

それから、よしおさん自身の手で、ストーブを消してもらい、それから、手のひらを確認してもらいました。
すると、「お風呂に入ったら、消えてしまう~」とおっしゃいます。
お風呂に入る時まで覚えていられたら、大丈夫。」と言うと、納得できたようです。
出掛けに、お迎えのデイサービスの職員さんに手のひらを確認してもらって、無事終了。
今日も電話がかかってくることなく過ぎました。
関連記事
スポンサーサイト

【イスの高さ】
こんばんは。
イスの高さを変えたことで、色々と改善されて良かったですね。
やっぱりイスの高さは大切なのですね。
こないだ両親の介護認定の更新があり、ケア・マネージャーさんが母にイスから立ち上がれるかを見られているとき、ソファーの高さだと手を突いて立ち上がったのですが、ガラスのテーブルはソファーより少し高く、その位の高さだと手を突かなくても立ち上がっていました。
その人に合った高さがあるんですね。
よしおさん、ストーブが消えているか心配なのですね。
うちの母は私が「消した?」と聞くと「消した。」と答えるのに消してない時が時々あります。
「消した。」と言っても必ず見に行くようにしています。
ところで、今年は母にデイに行ってもらうぞ!と年末年始に意気込みましたが、ケア・マネージャーさんから、いきなりデビューは難しいので”ふれあいサロン”はいかがですか?とご提案いただきました。 本人は乗り気ではなかったです。暖かくなってから・・・と逃げていました。
まずは外出する習慣をつけなければーと思います。
【*まみさんへ】
こんばんは♪
座っている高さによって、立ち上がりのし易さはありますよね。
自分で訴えられる人ならばいいのですが、そうではないので、なるべく気づいてあげたいと思っています。

父は心配がいろいろあるのですが、それをすぐに忘れてしまうところが目下の問題点ですが、なんとかその時々の方法を探っています。

まみさんのお母様は心配ではないのだけど、勘違いなさっていることがお有りなのね。
まみさんがフォローしないといけないのですね。頑張ってね。
「ふれあいサロン」ってどんなのでしょう~。
外出が楽しくなるといいですね。
みつこさんの初めてのデイの時は一緒に行って、半日一緒に過ごして、一緒に帰ってきました。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking