2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

みつこさんの内科受診につきあいました。
どうも、足が痛くて痛くてたまらないようです。
こちらは明日整形外科を受診します。
今日は予約の内科です。

まずは血液検査。
あっイタッ」と声を発しましたが、それだけで終わりました。
しばらく待って、血液検査の結果が出たところで診察になりました。

聴診器を当てるのが、今日は手こずりました。
いつもは冷たいと嫌がるのですが、今日は胸をあけるので、声をかけたけれど理解できずに怒ってしまいました。
先生に「何するの、やめて。」と手を払いのけようとしました。
取り押さえにかかった看護師さんの腕を振り払って、「んもぉ~」と以前の元気をふりまきました。
珍しい姿を見ました。フェルガード5包にしてから、よい調子だと思っていましたが、何故でしょうか。
春だからでしょうか。

一時のことでしたので、問題にするほどのことでもありませんでしたが・・・。

嬉しいことは、貧血が改善していました。鉄分補給薬はストップしています。
看護師さんは、貧血用おやつ(鉄分クッキーなど)が効いたのかしらとおっしゃいましたが、私は十全大補湯が効いてきたかしらと思いました。

いずれにしても、嬉しいことです。
関連記事
スポンサーサイト

【】
貧血用おやつでは、現状維持は考えられると思いますが、改善となるとやはり漢方の力ですね。
たまのプリプリは、大目に見てあげてもいいかな?
みつこさんとタイプの違う父ですが、以前診て頂いた言語療法士さんのお話では、「意思表示はとっても大切なことです!感情豊かになって、改善していますね!」とおっしゃっていました。そうおっしゃって頂いたときの父は、言語療法士さんを睨んだりぶつぶつ(訳の分からない)文句を言ったりして、こっちがやきもきしたり、申し訳なかったりで…。
あれから10年ほど過ぎましたが、悲しいことに今は意思表示はなくなってきていますよ。
【*ちゃーさんへ】
漢方で、体調があがってきているのは事実だと思います。
この調子で持ち上げていきたいです。

お父様もぶつぶつ文句を言われた時があったのですね。
とても温厚な感じで、そういう不穏な状態があるとは思えないのですが、そういう時もあったのですね。
それでも、感情が表現できる方が良いということですね。

みつこさんは怒ると表現が激しいけれど、ぼ~っとしているよりいいかな?
勘違いの怒りではあるけれど、感じて、それを表現しているから、良いというふうに受け止めた方がいいですね。
ありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking