2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

みつこさんのユニットもいつの間にか人が入れ替わり、みつこさんは古株になっていました。
だんだん、重度の人が多くなります。食事も介助される人が増えて、介護士さんたちは益々忙しそうです。

この頃はだいたい訪ねていくのが2時半くらいになります。
それから1時間くらい一緒に過ごします。
今日も、日当たりの良いテーブルにつっぷして居眠りをしていました。

何度も声をかけても、イヤイヤと首はふるけど、顔を上げてくれません。
介護士さんも、「目が覚めたら、トイレ介助しようと思うのだけど・・。」と様子を見てくれます。
様子を見ながら、みつこさんの足の痛みについての説明がありました。

土曜日くらいから、足が痛いといって膝を抱え込んでしまうことが増えてるそうです。
土曜日からの4日間で、3回くらい痛みどめ座薬を使ったと説明がありました。
どうも、痛みのために食事がとれなかった時もあったようです。
詳しい話は医務室で看護師が待っていますので、そちらでお願いします。」と言う事でしたので、眠っているみつこさんはユニットに残して、私ひとりで医務室へ行きました。
と、そこに居たのは、頼りにならないおばあちゃん看護師さんでした(失礼)。

だいたいと言うか、全くと言うか、介護士さんから伺った話と同じでした。
予定では2月4日に整形外科を受診予定でしたが、早めて今月30日に受診するよう手配をしてもらいました。
恐らく、脊椎管狭窄症の痛みが出ているのでしょう。今もハリ治療はしていますが、週に1度で、ほとんど効果は感じられません。
脊椎の写真も撮ってもらい、痛みにはどのように対処するのか、今のようにボルタレン座薬とロキソニンを飲むのか、他に方法があるか、また、車いすはどういうものが良いかなど、お話を伺ってこようと思っています。
mitsuko090127

その後、目の覚めたみつこさんと例の如く、喫茶室でしばらく過ごしました。
今日は私の事はさっぱりわからないようでした。
子供はどこへ行ったの?」(誰も子供がいないのだけど、誰のことだろう?)とか、
お菓子をすすめると、「美味しい。」とか、「ありがとう。」とか、言ったり、終始穏やかに、時折笑顔で過ごしていました。
さて、帰る段になって、車いすを押そうとすると、「すみません。」と他人行儀に頭を下げられました。

みつこさんには、痛みのない世界で、穏やかに、いつも笑顔で過ごしてもらえたらと願っています。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking