2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

ハリ治療のつきそいに出かけたついでに、生活指導員さん、介護士さん、看護師さん(回診のため不在)で、みつこさんの今後のことについて話し合いの場を持って頂きました。

お願いしたことは、以下の5点です。
①歩行訓練は見合わせる。その代りと言っては語弊があるかもしれないですが、ベッド上での足動かし運動を組み入れてもらう。
②立位はいつまでも保てるように、立ち上がりはさせて頂く。
③骨粗しょう症治療薬を飲ませてもらう。
④下半身を冷やさないよう、着衣に気をつけてもらう。
長パンツ、レッグウォーマーの着用。
⑤車いすについてはどういうものが良いか検討して頂く。

ところが、③の薬については、私の不勉強から、やはりI先生も、整形外科の先生もおっしゃるようにみつこさんには、無理もしくは、副作用が心配だとわかりました。
これは、取り下げようと思っています。


以下、無理だと思う理由です。

アクトネル(リセドロン酸ナトリウム)

食道・胃に負担がかかる。そのため、起きあがった状態で、しっかり飲みこみ、大量の水道水を飲むことが必要。服用後も食道がまっすぐになるように上体が起きていることが必要(30分間)。
つっぷしたりしても、食道に停滞する可能性があるそうで、食道炎、胃潰瘍の原因になり得る。

きちっと飲み込めるか? 
コップ1杯の水が飲めるか?
30分、まっすぐに起きていられるか?
介護士さんに、30分、目を離さずにいてもらうこともできない。
胃潰瘍の既往がある。

こういうところで、認知症で意思疎通ができないことがきいてきます。
お薬、ごっくんと飲めた?
お水をたくさん飲んでね。
頑張って30分起きていてね。
この3つをわかってくれたら、飲めるのにな・・・残念!


エビスタ(ラロキシフェン塩酸塩)

脊椎圧迫骨折を半分くらいに減らせる。乳がん予防になる。

が、血栓の病気があると使用できないことがある。
長時間体を動かせないと、血栓症のリスクが高まることがある。
術後などの身動きできない時には服用を控えるとある。

ほとんど動かないみつこさんに、しかも高コレステロールで、抗血栓薬も飲んでるみつこさんにこれを飲ませるか?
これまた、う~~~ん、と考えてしまいます。

やはり、薬は見合わせる方向で考えが固まっています。


ハリの先生とのお話では、
痛みをとる、筋肉を保つという方向の施療はできるそうですので、ハリとマッサージを組み合わせて、週1回は続けていこうと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

【お役に立たず】
「お薬110番」でエビスタにはパンドラさんが一番心配していらした大腿骨頸部骨折の抑制効果は認められていないとありました。すみません。やはりアクトネルなんですね。
【*mizuhoさんへ】
mizuhoさん、謝らないでください。
情報ありがとうございます。
mizuhoさんのお母様の脊椎の圧迫骨折にはぴったりのお薬なんですね。
みつこさんは、食べ物とか気をつけて、痛みが少なく、笑顔のある生活ができればいいやと思っています。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking