2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

よしおさん、ショートの入った週は大忙しです。
昨日帰ってきて、今日はデイです。
疲れて起きれないならやめても良いと思っていました。
朝、起こしにいって、「今日はデイですよぉ。」と言ってみると、
そうだね。行くわね。」とお返事です。何たる素晴らしいこと。

昨日ショートに行っている間に、冬ものが値下がりしているので、あったかブルゾンを1枚買いました。
それを早速着て行ってもらいました。

デイから帰ってくると・・・・
怪訝な顔をして、ブルゾンを指さして、「これって私のかね?
朝、説明したけど、忘れたみたいです。
恐らく帰りがけに、「こんなの違う。」ってデイの介護士さんを困らせたことでしょう。

それにしても、問題なく2日続きでもお風呂に入ってきました。

さて、夜になってからは、インターフォンが鳴り、「今日って晩御飯食べたか?」が、久しぶりにありました。
忘れるくらいは何でもありませんわ。
大目にみることにします。
関連記事
スポンサーサイト

【同じで~す!】
うちの母も、この冬に外套を新調しました。中綿が入って軽く、母の好きなえんじ色。陽性症状がまだあった頃、春用のブルゾンを新調し、ディへ着ていったときに「これは私のじゃない!」と言ったこともあったので、今回は用心してディのスタッフの方に話しておきました。
着用一回目…自分の着てきたものが分からない様子。ディのスタッフさんに教えられたが、なんだか不信顔で着用。
着用二回目…少し戸惑ってる様子だったが自分で探し、タグの所に書いてある自分の名前を確認し「これだわ」と言って着用。
着用三回目…問題なく、バッチリ着用!
母は年末年始に二週間利用したショートステイのことは、すっかり忘れ、「私、お正月なにして過ごしたか全然覚えてないんだけど…。寝正月していたんだろうか?」と言っています。
物忘れは進行しているように思いますが、こちらが先回りして考える癖をつけると、現段階ではよしおさん同様に日常生活にはなんら支障は出ていません。母は認知症患者!だから、物忘れは仕方ないので~す。
【】
こんにちは。かめこさんのところで、v-87をキャラクターにしている、アハミと申します。
先日来、おじゃましているのですが、ご挨拶が遅れました。過去の日記を全部読ませていただいてからご挨拶を、と思いましたが、今、馬力がなくて、読み通し終えるのがいつになるかわからないと判断し、先にご挨拶することにいたしました。
私の父は、82歳。私が自分の娘だということはわからなくなって久しいのですが、特別養護老人ホームで、お蔭さまで、笑顔の多い生活を送ってくれています。私が誰だかわからなくても、自分を訪ねてきてくれているのが嬉しいみたいで、私も嬉しくって、2人でよく笑いあいます。
こんな幸せな父娘関係ができるなんて、夢にも思わなかったので、ありがたく思っています。
【報告】
こんにちは。
デイでもショートでも体調が良くないと行けないですよね。
今日も元気にショートに行けてよかった~と思います。
今は寒いので、体調管理にとても気をつかいます。
特にうちは暖房を入れた部屋以外は外とほぼ同じ温度です。
夜中や早朝に起きて動き回る母にひやひやしてます。
早く暖かくなってほしい。

先日、母が通う施設について書きましたが、少し展開がありました。
私のしつこい働きかけの為か、どうにかしなくてはと施設長さんが思ってくれたようです。
母のことを知りたいからと暮らし方シートの記入を求められたり(普通は入所時に求めると思うのですが)、連絡ノートの記入が丁寧になったり、今までの送迎では母を降ろしたとたん言葉も交わさず帰っていたひとが笑顔で母に優しい言葉をかけながら玄関まで送ってきてくれたりとかです。
ちょっとでもよくなればうれしいです。
先日、町の介護業界に詳しい方に相談したところ、都会に比べるとうちの地域は介護レベルが10年以上遅れているそうです。
まだ、母の通うところはマシだそうです。
こちらがどんどん要求して、施設側と働く人に気づかせて教育していくしかないから、どんどん施設へ言ってくださいと言われました。
なんだかなさけない話です。
地方でも進んだ介護をしているところもあるのに…
私の母のことだけでなく、言えずにいる家族が他にもいるかもしれないから、クレームはつけた方がいいと。
もっともだと思いました。
したがって、当分は自分がケアマネとクレーマーをすることにしました。
疲れる~(-_-;)
【*ちゃーさんへ】
ちゃーさんのお母様もよしおさんと同じようなことがあるようなんですね。
なるほど~♪
お正月のショートステイを覚えていらっしゃらないのは、意外でした。
それでも、お刺身がお料理できたり、日常生活に支障なく過ごしていらっしゃる、これは何て素晴らしいことでしょう。

よしおさん同様、認知症であることはまちがいないのに、生活に不便はさほどない(もちろんちゃーさんの介助があってのことですが)ということは、すごいですよね。
【*アハミさんへ】
v-87アハミさ~ん、はじめまして。
ようこそお越し下さいました。
かめこさんのところではe-275のマークのパンドラです。
お名前は拝見しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

過去の日記を読んで下さっているとか、ありがとうございます。
今の治療に出会う以前の混乱の過去日記です。
反面教師としてお読み頂ければ、お役に立つこともあるかと思っています。

アハミさんのお父様も80代前半で特養にいらして、意思疎通が難しいけれど、穏やかに過ごしていらっしゃる。
何だか、みつこさんと似ていますね。
アハミさんのお父様がどういう経緯でそうなられたのかは存じませんが、みつこさんのように苦難の果てでないといいのですが。
みつこさんは苦難の果てに辿り着いた穏やかな場所でもあるので、その分、喜びも大きいという利点もあります。

また、感想などお有りでしたら、足跡残して頂けると、励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。
【*カモミールさんへ】
冬のお部屋の温度差は気を使いますね。
うちも父が一人暮らしをしていて、割と広い家で居室だけは何とか暖めていますが、一歩室外へ出るとさぶい。
トイレなんかが寒いので、もしかしたら、朝訪ねたら冷たくなっていた・・なんてことも想像してしまいます。
ちょうど良い気候の時が待ち遠しいですね。

頑張っていらっしゃいますね。
施設とのかけあい。
クレーマーとは言わないと思います。
改善のための提案ですから。

先駆者はお疲れ様だと思います。
後に続く人のための人助けと思って、がんばってね。
応援しています。

でも、努力の甲斐あって、良い方へ向っていますね。
よかったわ。
カモミールさんの努力が報われていますもの。

【カモミールさんへ】
カモミールさん、ご報告ありがとうございます。
進展、おめでとう!
私などは、話し合いで施設に出向くたびに、介護士さんたちに怪訝な顔つきをされ、言葉を発するたびに怯えるような目で見られていました。笑
最初は「泣き寝入りしかできないのかぁ」と落胆もしましたが、今は、譲るところは譲る、譲れないところは譲れない。という態度でいます。
カモミールさんも、メリハリある態度であたってくださいませ。家族を案じ在宅を継続させたい気持ちは、決してクレーマーではないよ!
【ありがとうございます。】
パンドラさん、ちゃーさん、励ましの言葉ありがとうございます。

パンドラさんへ
パンドラさんにあたたかな言葉を頂くと、とげとげした心が癒されていきます。
ひとりで対決するのはとてもエネルギーがいります。
くじけそうになりますが、母の為と思えば力が湧いてきます。

ちゃーさんへ
>怯えるような目で見られていました。
ははは(^^)目に浮かびます。
私もそうなりたいです(笑)
看護婦の友達が、多少うるさい方が良くみてくれるから、いろいろ言った方がいいよと言ってました。
そんなものなのかぁとその時は思いましたが、結果的にうるさい家族になってしまったので、気にして介護してくれるといいのですが。
でも、理想は全ての利用者さんに平等の良い介護をしてもらうことです。
ちゃーさんがおっしゃるように、譲歩するところは譲歩する、これ大事ですよね。
譲歩するにも何にしてもコミニケーションが重要だなって思っています。
今のところはここが最善なので、なんとか良くなってもらわなくては!
モンスター家族にならないよう、感謝のことばや改善した点などプラスの意見も努めて発していこうと思っています。

またぐち聞いてくださいね。
溜めていたらどんどん不信感が増してしまいます。
間違っていたら指摘もお願いします!

【*ちゃーさん、カモミールさんへ】
私はなかなか上手に口で伝えられない人なんですが、やはりコミュニケーションはとても大事だとわかってはいます。
言うべきことは上手に言う、こちらの希望は伝えて、話合うということは、とても大切ですよね。

クレーマーとか、モンスターとは絶対に違いますから。
その代り、嬉しく思っていること、助かったと思っていることも、伝えるべきなんだとそれも肝に銘じています。

難しいけど、お互いに頑張りましょうね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking