2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

よしおさんのお迎えに行ってきました。
いつものごとく、少し早めに施設へ着いて、みつこさんを連れてショートのよしおさんの所へ行きました。
よしおさんは昨日は抵抗していたお風呂を今日はあっさりと午前中に入ったそうです。
みつこさんが部屋に入って行った時にはベッドでしっかりお休み中でした。
起こすと、嬉しそうに起き上がって、みつこさんとお話を始めました。
いちいち、通訳を求めるので、「もう、通訳はなし。自分で考えてね。」と宣言しました。
ショートにて090116

みつこさんはこのところ私の事がわかりません。
そこで、よしおさんがみつこさんに、「この人誰?」と聞くと、みつこさんは考えてから、[誰か知らない。ははは。」と笑ってごまかしていました。
よしおさんが、「○○ちゃんだよ。」と言うと、みつこさんは一瞬戸惑ってから、「嘘でしょっ」と答えました。
みつこさんの頭の中の私は存在するとすれば、きっと中学生でしょう。

みつこさん、機嫌良くいろいろおしゃべりしていましたが、ほとんど意味不明です。
言葉になっている言葉から判断すると、昔、OLだったころの事のようでした。
6時だから、帰らなきゃ。」とも言いました。
夫の解釈によると、6時だから、仕事を終えて帰りましょうということじゃないかと言っていました。

よしおさんはと言うと、時間の観念が全くあいまいです。
私は1週間ここに居たけど、今日で帰るわ。」と言ったと思ったら、「二日居たから帰るわ。」となったり、どうなっているのでしょう。
でも、そんなことはどうでも良いように思えます。
それで何が不自由と言う訳でもないですから。

昨日は着く早々、寒い寒いと言っていましたが、かけ毛布は足元へしっかり撥ね退けてありました。
エアコンがきっちり入っているので、暑いくらいだったのでしょう。


昨年の5月の初めてのショートステイの時には、何処にいるのか、いつからいるのか、何の為にいるのかわからなくなって不安になったり、ショートの主任さんに嫌われていると思ったり、いろいろ思い違いがありましたが、どうやら、すべて自分の中で解決ができてきているようです。
それに、回数を踏むことで、学習できていますので、まだ、覚えることも可能なようです。

今では、ショートは市内にあるみつこさんのいる老人ホームで、自分はみつこさんに会いに時々泊まりがけで行くのだと理解しています。
今回入浴を渋ったのは、前日にデイでお風呂に入ったことを覚えていたからです。

多少なりと、中核症状も改善しているのではないでしょうか。素晴らしい。
ずいぶん安定してきたので、そろそろショートも2泊3日に増やしてみようと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking