2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

ちょっと、本気で心配になってきました。
私の頭です。

今日も、デイから送りがあった時に、今日の出来事をそっと耳打ちされました。
今日は、着替えにパンツが入っていませんでした。
うちの予備のパンツがなかったので、紙パンツをはいて頂こうと思いましたら、『それはえぇわ。』と言われました。
それで、はいていらしたパンツをもう一度はいてもらおうと思ったら、便で汚れていましたので、パンツはなしで、ずぼん下だけです。


これで、3回目です。とほほ。
どうなってしまったのでしょう。私の頭。
パンツの汚れは、失便というようなものではないでしょう。多少緩かったのだと思います。
私の頭の方がよっぽど心配です。

ただ、よしおさんも足元がふらついてきています。
今日も、デイから帰ってきて、私が先に上がり、お布団を敷いていると、「どすん」と言う音にびっくりして、玄関へ戻りました。
玄関を上がった、すぐの部屋が猫専用室になっています。
そこへ猫を見に入って、足がすべったようで、ひっくり返っていました。
幸いどこも打撲はしていませんが、危やういところでした。
こういうことは気をつけていても起こりうることなので、何ともいいようがありませんが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

【】
パンドラさん
新年のご挨拶がずいぶん遅くなりました。ごめんなさい。
今年もよろしくお願い致します。
我が家は、年末からずっと、うめおばあちゃんが風邪をひいていて、どこにも出かけることができませんでした。昨日から、やっと熱も治まり落ち着いてきました。それでも今年も御節もお雑煮もおいしいと言って自分で食べることが出来たので良しとします。

私もデイの持ち物の忘れ物を良くしてしまいます。
うめさんと義母の着替えをを逆に入れたり、下着入れ忘れたり、ああまたやっちゃったって・・・今日も実はノート入れ忘れてました。
私の場合は、朝バタバタと支度をするからなんですよ。

よしおさん、さすがに紙パンツには抵抗があるでしょうね。
ズボン下だけではスースーして寒かったでしょうにね。
お互いに忘れものには気をつけるようにしましょう。

それより転倒が心配ですね。
幸いお怪我がなくて、よかったですね。
でもずーと付いているわけにもいかないし
滑り止めのついた靴下なんてどうでしょうか?
うーん でもかえってつんのめっちゃうかもしれないし
ごめんなさい。いい案が浮かびません。

我が家の場合は、義母が足が悪いので本当は手すりをいろんな所につけたいのですが、うめさんが車イスで移動するのに邪魔になるので、一部の廊下には付けていません。
心配なことはたくさんあるのですが、まあ現状に合わせてぼちぼちってことにしています。

【】
昨日、久しぶりに仕事仲間と打ち合わせをしたら、「2月の出張は宜しくね!」といわれ、「は?」。「11月に約束したでしょ?」と言われて、大赤面。完全忘却してました。私もヤバイ仲間にいれてくらはい。一昨年~昨年前半は、ずいぶん助けてもらった人たちなので、今更何にもいえませんでした。
【*めいさんへ】
めいさん、こんにちは♪
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。

うめおばあちゃん、お正月からお風邪でしたか。
お年なので、ご心配でしたでしょう。
熱も落ち着かれたようで、やれやれですね。
お大事にしてください。うめおばあちゃんの笑顔は宝ですから。

めいさんはお忙しいし、おふたりをデイに送りだすわけだから、まちがえても当然です。
大きい顔していて下さい。

私は何故かパンツ忘ればかりです。
よしおさん、リハパンには抵抗ありです。
「私は漏らさないから~」って言います。

転倒は、片足義足で不安定なんです。
ちょっとこの頃ふらつくことが多くなって、危ないなとは思っていますが、四六時中ついているわけにはいかないので、仕方ない部分もあります。

めいさんのおっしゃるように、現状に合わせてぼちぼち、これがいいですね。

めいさんも少しゆっくりお休みになれるといいですね。
息抜きしてくださいね。
【*きじとらさんへ】
きじとらさん、あなたもでしたか?
嬉しい!
忘れん坊同盟、作りましょ。
【】
聡明なきじとらさんがお仲間なんて心強いです!!

忘れん坊同盟 加盟しまーす。
【*めいさんへ】
ヤバイ仲間は多いほど心強いです。
一緒に忘れましょ(あれっ?)
【新年早々ごめんなさい】
パンドラさん、みなさん
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

忙しい暮れ、新年と言えども介護の日々。
体調を崩して熱を出しながら、仕事と介護なんとか乗り切りました。
そこに母が通う施設から、ショートの連泊のダメだし!
あちらの言い分もわかりますが、こちらにもかなり言い分があります。
施設に対して不信感も芽生えました。
こちらの気持ちを一生懸命伝えても伝わらず、むなしいです。
あーごめんなさい。なんのことやらわかりませんね。
昨日のことなので、まだ気持ちが静まりません。
ちょっとへこんでてぐちってしまいました。
明日からは、より良い介護をしてもらえるようにまた働きかけていきます!
【】
カモミールさん、こんばんは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

年末年始、発熱状態で介護を乗り切られましたか?
お疲れ様でした。

今も何やら、アツアツですね。
どうしたの?
ショートの連泊を断られたの?

おなかに溜まってきたら、ばぁーっと吐き出して下さいね。
私も人の迷惑かえりみず、ためないようにしています。
遠慮なくどーぞー。
今年も助け合って乗り切りましょう!
【めいさんandカモミールさんへ】
めいさんへ
うめお婆ちゃんはお風邪を召されていたのですね。高齢者の風邪には、やきもきさせられますね。回復されたとのことなので、良かったわ~。
去年はこちらのブログを通して、多くの人と接点を持つことが出来ました。一人っ子介護者の私にとって、よき道づれができたようで嬉しさ一杯です。
今年も宜しくお願いします!

カモミールさんへ
今年も宜しくお願いします!
私もショートでは、色々な思いをしてきました。が、相談員さんが替わられてからは、こちらの思いを反映していただけるようになりました。ケアマネさんが熱血なこともあり、間に入って色々と考えてくれて、施設関係者と懇談したこともありました。この年末年始も両親は二週間ほど利用したのですが、、二人とも何事もなく元気に帰宅し、父は在宅時よりも反応がよくなっていました。ようやく、安心しお願いできるようになりました。これからもあきらめずに、カモミール(介護者)の気持ちを伝え続けてください。応援しています!
【*ちゃーさんへ】
めいさんと、カモミールさんへのエールありがとうございます。
今年もみんなで助け合って向上していきたいですね。
よろしく応援お願いします。
【ちゃーさんへ】
ちゃーさん
おひさしぶりです。こちらこそ今年もよろしくお願いしますね。
うめおばあちゃんの風邪はおかげさまで良くなりました。今日は元気にデイに行きました。
そしてなぜか病み上がりにもかかわらず、ものすごく意識がしっかりしていて、会話が噛みあうんですよ。それにはっきり大きな声で喋るんです。主人とあの熱は知恵熱だったのかなあって笑っているんですよ。以前だったら病気で寝込んだ後、前の状態に戻るには最低1ヶ月はかかっていたと思うのだけど・・・不思議です。この状態が続くといいな~。

それから私の主人には弟がいます。(未婚です)
両親と祖母がこんな状態なのだからたまには顔出すように言うのですが全く訪ねてきません。
こんな状態だからこないのかな?
今年のお正月にも来ませんでした。(同じ市内に住んでます)
なのでいないものだと思ってま~す。ただ義母は弟の顔を見れば喜ぶのですがね。

あとちゃーさんが以前学ぶ会のおむつかぶれの所でおっしゃっていた、ライフリーの尿とりパット、気になって家でも使う様にしてみたらなかなか良かったです。かゆがらなくなりました。役立つ情報をありがとうございました。
おむつ代6500円の補助があるのは助かりますね。こちらには無いですから。

それとショートですが我が家も本当はもっとショートを利用したいと思っているのですが、帰ってくると様子が変わっているんですよね。ちゃーさんのお父様は在宅時より反応が良くなっているなら安心ですね。うらやましいです。施設側ともっと話し合わなくてはと思っている所です。施設もいろいろあるので変える事も視野に入れています。
【今日もアツアツ?】
パンドラさん、ちゃーさんありがとうございます。

アツアツでしたね。^^;
ショートの連泊を断られたことに怒っているのではなく、何もしないで安易にショートを断る姿勢に腹がたっているって感じです。
うちは施設長がケアマネです。
系列のデイケアから移ったのですが、そこの施設長がケアマネをするのが決まりだからということで、移った時点でケアマネ交代でした。
うまくいっている時はケアマネがいなくてもいいのですが、こう問題が発生すると、施設長がケアマネだとケアマネがいないも同然の状態になります。
ケアマネとしては何もしてくれません。
家族が直接施設と対峙しなければなりません。
それはホント疲れます。
気も遣うし、言うべきことは言わなければならないし…
おまけに施設長はおとなしいひと(女性です)なので職員のいいなりです。ご本人が強く言えないと言ってました。(>_<)
救いは、悪いひとではないのでこちらの言い分も聞いてくれることです。
それが職員さんの介護に反映されるかは別ですが。
そこの職員さんはわりと年配のご婦人が多いので、施設長さんはそちらからもいろいろ言われるんでしょうね。
彼女は、介護士としては優秀でも上に立つには資質がたりないのかもしれません。
どうしたものかと思案中です。
【*めいさんへ】
ちゃーさんはおパンツ博士ですから、なんでも聞いて下さいね。
私の住んでいる市もおパンツ代、月5000円補助が出ます。
おパンツは毎日使っていると、結構な金額ですから助かりますよ。

施設はいろいろなので、話合って解決できることならば、話合い、それが困難で他の施設が選べるならば、他の施設も見学したりするといいですよね。
【*カモミールさんへ】
施設長=ケアマネというのは、家族の立場としては物が言い難くなりますね。

みつこさんが1週間だけ入所していたグループホームがそうでした。
何かお願いとか提案とか質問だけでも、施設長さんに言うことになり、すぐに大事になります。

その点、今は特養なので、規模も大きく、生活相談員(ケアマネ兼務)さんが、介護士さんとの間に入って、いろいろ相談に乗ってもらうことができます。
施設長さんとは全然関係がなく、とても気が楽です。
だから、カモミールさんのおっしゃる意味はとてもよくわかります。
あまりストレスためないでね。
【めいさんandカモミールさんへ】
めいさんへ
うめお婆ちゃん、回復後は感度良好なのですね。この良好状態を保てるといいですね。父もショートから帰宅して、そろそろ一週間が経とうとしていますが、なんだかまたボンヤリ状態に戻りつつあります。家族三人の日常では刺激が少なすぎなのかも?
お義母様は義弟さんに会われると喜ばれるのですね。お義母様さまの喜ぶ顔が見たいですよね。めいさんのお優しい気持ちが、義弟さんに伝わることを願っています。
尿取りパッドのことですが、お役に立ててとても嬉しいです。補助の6500円は町内で消費するかたちなので、ライフリーになってしまいました。肌が敏感な父になかなか合うのがなく、通販をはじめ10種類以上を試しました。あのパッドはかぶれもそうですが、歩行が可能な方にはよれも起きません。幾分コストはかかりますが、昼はレギュラー夜間はスーパーを使っています。ちなみに、ショート先ではテーナ使用です。田舎の施設なので、「おーーーっ!」とビックリでした。ショートの件は、話し合い後に改善が見られないときは、変更した方がいいかもしれませんね。施設にも色々ありますから、話し合いが徒労に終わる場合も無きにしも非ず。それならケアマネさんに他の施設の情報を集めて頂く方が前向きかもしれないです。両親の住んでいる町には施設は一箇所だけなので、変えようもなく、とにかく訴えることしかできないのが現状なのです。泣
ショート帰宅後、介護者が困るようではショートにお願いした意味がありません。そのことを言い続け、この頃は介護士さんの方から、「帰宅後はどうですか?悪化はなかったですか?」と言っていただけるようになりました。めいさんも、「在宅に戻るのだ!」と言うことを強くおしゃった方がいいかもしれませんね。在宅を可能にするのは、介護者の笑顔も大切なことです。めいさん、ガンバレ!


カモミールさんへ
「家族が直接施設と対峙しなければなりません」
まさしくそうですね。骨の折れることは言うまでもないです。
今のショートの相談員さんは、併設のディにいらした方で、両親のことをよく知ってくれていたのが良かったのだと思います。相談員さんと介護士さん(寮母さん)がお二人で相談し、他の職員さんに反映させてくれているようです。ちょっとしたきっかけが明のほうに転じたという感じです。
カモミールさんの頑張りが報われますように!


【】
おパンツ博士のちゃーさん
「帰宅後はどうですか?悪化はなかったですか?」
そう言う言葉を施設側から声がけて頂けるなんて理想的ですね。
でもショート先が1ヶ所しかないですか。
それではその施設と良好の関係を築いて行くしかないですものね。
ちゃーさんも頑張られたんですね。
わたしもがんばります!
【*ちゃーさん、めいさんへ】
お返事遅くなりました。

知っていることを、情報提供し、かつ情報を得ることができる。
ネットの世界の良いところですよね。
どんどん有益な情報交換、お願い致します。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking