2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

ハリ治療のつきそいに行ってきました。
こんにちは」って、声をかけると、「こんにちは」っと他人行儀に返してくれました。
今日は他人の私です。

ベッドまで連れて行って、ベッドに横になってもらうと、横向きに寝て、こちらを見る形になって、結構きりっとした顔つきで、「ありがとう」と言ってくれました。結構はっきりした言葉です。

なかなかよさそうな感じです。頭がはっきりしています。

ハリの先生がいらしてからも、スムースに治療してもらえました。
足の浮腫みもみてもらいましたが、このくらい全然とおっしゃいます。
みつこさんの前にグループホームでも治療をしていらっしゃいますが、そちらの方の方がよっぽど浮腫みがひどいそうで。
でも、一応浮腫みのひく鍼をうってもらいました。

治療が終わる頃にはいつもスヤスヤと眠っています。
今日も眠っていたので、そっとズボンのファスナーを直そうとしたら、結構な抵抗がありました。
ちょっとポカポカと手が出そうになりましたが、目を開いて私の顔を見たら、「あら、あんた・・」とか言って、手を引きました。あんたならいいということらしいです。
今日はたぶん、ハリの先生が嫌だったみたいです。

サアミオンが入った上で、ガーデンアンゼリカを140mgにしていますが、大丈夫そうです。
みつこさん、風邪もひかないで、まあまあ元気にいい調子ではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

【アンタは特別!】
やはり、パンドラさんのことは、特別な誰かだとおわかりのようです。
ご本人が苦しそうでなく、そこそこご機嫌だとこちらまで嬉しくなりますね。
何とか大きな病気をせずに、ほどほど元気に過ごして欲しいと思う気持ちになります。
ようやくみつこさんにも安寧が、そしてよしおさんには、思いもかけぬ楽しい晩年が訪れたのですから、これを長続きさせたいものです。
【*きじとらさんへ】
この頃、訪ねていく時間が減っているので、「これでは忘れられてしまうわ」と思うのですが、少しの時間、一緒にいると何となく何時も一緒にいるような感じになります。

ふたりに、今の時間が、しばらくでも流れてくれたらいいなと思っています。

いつも気にかけて下さって、ありがとうございます。
【】
パンドラさん、こんにちは~
お久しぶりです。
いつも、友ちゃんに会いに行ってますが読み逃げばかりしてました。

母が「下血」して検査のため2週間絶食と全く水も飲めない状態が続いたのが原因なのかな?
今回もせん妄になり昼も夜も分からなくなり・・・
母は痴呆はなく話すことははっきりしてますが不穏状態が続くので退院しましたが今回はなかなか不穏状態から抜け出せません。家で私が毎日一緒に居ますが心配と不安で母はどうして良いのか分からないのでしょうか?
落ち込みが激しく自分を責めてばかりなんです。
ウツ状態なんでしょうか?

パンドラさんはご両親の介護され本当に頭がさがります。
これからパンドラさんを見習って介護していきますね。


病院に入ると
【*コロリンさんへ】
コロリンさん、こんばんは。
お母様、お体の方はいかがですか。
検査はできないままなのでしょうか。

病院へ入院すると、ご老人はどこかが狂ってしまって、元に戻らないことがあるというのはよく聞きますが、認知症の始まりとか、何かが隠れているとか言うこともよくあることだと思います。

以前にもそういうことがあったのですか?

今、リンクの「認知症を守る会」を訪ねて頂くと、掲示板で、「認知症だと気づいたきっかけ」を皆さんが書いていらっしゃるスレッドがありますので、ぜひ読んでみてください。

認知症も初期であればあるほど、改善の可能性は高くなるので、ぜひ知っておいてほしいなと思います。
うちは治療を始めるのが大幅に遅くなってしまったので、大変になってしまいましたが、それでも治療をして、大きく改善しましたから。

おからだの方もどうぞお大事に。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking