2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしおさんは大雑把で滅茶苦茶いい加減な反面、几帳面なところもあります。
今も季節の贈り物を少しですが頂いています。その記録がきちんとノートにつけてあります。
最近はお礼を言うのも面倒くさいようで私にお礼を言うように、ノートにつけておくようにと申し渡します。
そのノートをパラパラと以前のところをめくっていたら、何やらメモがありました。
大きくばってんがしてあります。

でも、その下に書いてある言葉ははっきりと読解可能です。

曰く、

「○○夫婦(私と夫のこと)が、△△子(母のこと)の通帳を盗み、○○銀行へ引出しに行ったと○○銀行の○×から電話があった。通帳は後で、金庫へ返却してあった。」(多少表記が変えてあります)とそういう趣旨のことが書いてありました。
日付は19年3月としてありました。

19年3月は、母が胃潰瘍で入院していた時です。あのたいへんな時にそういうことがありました。
はっきり覚えています。このとおりの事を、面と向かって言われて、返す言葉もなくて、立ち去ろうとしたら、腕を掴んで引き寄せられて、「逃げる気か、こうしてやる。」と首に手を回されました。
あぁーーーやだ。

あのノートを少し前に遡って見れば、すぐに見つかります。
今、自分で読んで、どう思うのだろうか。

こんなこと思ったのだろうか?」と思うのか、
そうか、忘れていたけど、あいつらは悪党だ。」と思うのか、
あいつらは悪党だけど、上手に扱って、自分の面倒を見させなくちゃいかん。」←以前のよしおさんだったら、絶対こう思ったと思う。

今はどうなんだろう。知りたいけど、知りたくない。
複雑な気持ちの私です。
関連記事
スポンサーサイト

【】
そのノート、何とかうまく捨てられませんか?(笑)やっぱり妙なことを思い出す誘い水はなるべく少なく・・と思ってしまいます。
私も、母が40年前の父の話をすると、途端、身構えてしまいます。でも実際は「お父さんは、昔とは違う人になって・・」と続くので、そのたびに、ふきだしそうになっていた汗が引っ込みます。
【*きじとらさんへ】
きじとらさんでも、あせる~~って気持ちになることがありますか。
身構えますよね。

私も危ない話題になりそうな時は目を見ます。
目が笑っていれば、安心します。少しでもつりあがりそうになったら、要注意なんてものじゃないですから。
やはり、思い出させるようなものは目につくところにない方がよいですよね。
だけど、よしおさんは、自分が忘れる事を知っていて、やたらとその手のメモが残してあります。
このノートは捨てたらまずいです。
どうしようか。
【】
よしおさん、メモ魔なのね。笑

>あのノートを少し前に遡って見れば、すぐに見つかります。今、自分で読んで、どう思うのだろうか。

私も知りたいです。(悪趣味でごめんなさい!)
ノートごとすてられないなら、そのページだけキレイに破くとか?

「あいつらは悪党だけど、上手に扱って、自分の面倒を見させなくちゃいかん。」
今、↑を考えられたら、認知症ではないよ。きっと…。笑

「こんなこと思ったのだろうか?」
今のよしおさんの状態で言えば、↑の確立が高いと思うわ。
ついでに希望として「パンドラ夫婦に申し訳ないことをした。いつか謝ろう…」。でも、認知症だから直ぐ忘れる。笑

あの陽性症状の時って、酔っ払いのように目がすわってきたか、と思ったら段々と鬼の形相に変化するよね。二度とお目にかかりたくないわー!
【*ちゃーさんへ】
書き込みありがとうございます。

>「あいつらは悪党だけど、上手に扱って、自分の面倒を見させなくちゃいかん。」←以前のよしおさんだったら、絶対こう思ったと思う。

これね、実際にあったの。
まだ、認知症だと気づく以前の話だけど。
ほんとにヤナお爺だったわけ。言葉はちょっと違うけどね。

今はもう絶対にないと思うけど、思い出させるものを見ると、こちらの心臓に悪いので、「ページを切り取る」を検討してみるわ(笑)

物盗られ妄想って、目が据わったと思ったら、鬼の形相になるのよね。
ほんとにそう。2度とごめんだわぁ~。
【目がぎらーり】
以前書いたことがありますが、アレこそまさに、昔、「狐がとり憑いた!」とかいった状態だと思います。
狐さんにはお気の毒な表現です。
でもどうして狸とか猪じゃないんでしょうか?

あの形相の変化は体験した人でないとわからないかもしれません。もう目の光り方が違いますよね。生気のない顔に、ぎらーりと目だけが光る。
【*きじとらさんへ】
あれはまさしく「狐に取りつかれた」という感じです。
目がつり上がる、もしくは三角になるとうちでは言っていましたが、絶対狸の丸い目じゃないんですよね。

あの状態の時の脳はどうなっているのか知りたいと思っています。
みつこさんも興奮して怒ることはよくありましたが、その時の様子とも違います。

顔の後ろに火炎が立ってましたから。
遭遇した人にしかわからないと思います。
2度と会いたくないわ。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。