2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨晩、寝る前薬を持っていくと、よしおさんが「歯茎が変」と言います。
見ると、確かに右側の唇の上が腫れぼったくなっていました。
「歯じゃなくて、唇じゃないの?」と聞いてみても、「歯だ」と言いはります。
じゃあ、歯槽膿漏が悪化して、膿が溜まったのかしら?
それにしては痛まないのは変・・と思いながら、明日歯医者に行こうと約束をして寝てもらいました。

さて、今朝になって、様子を見に行くと、すでに起きていました。
口元がゆがんでしまうくらい腫れています。
「歯じゃないね」と私が言うと、「歯じゃないよ」とよしおさんが答えます。
それでもその時は、バイ菌が入って腫れてるのかと思いましたが、それにしては赤くもないし、痛まないのは変だと思いつつも、何故だかわからずにいました。

病院について、看護師さんにまずは話をしていると、看護師さんから、「昨日、何を食べたかわかりますか?」って聞かれて、その時になって、やっと、アレルギーなんだと気がつきました。

昨晩の夕御飯を思い出すのに、ちょっと時間がかかりました。(やっぱり、私の頭も変?!)
それから、デイに電話をして、お昼御飯とおやつを教えてもらいました。
食材を全部電話で教えて頂きましたが、これと言ってアレルゲンになりそうなものはありません。
でも、体調と、体質が変わったのなら、わかりませんが。

ひとつ気になったのが、昨晩の夕食、炊き立てご飯に卵かけをしたのですが・・・
もしかして、生卵がいけなかった?
でも、インフルエンザの予防注射も何ともなかったし、卵アレルギーはないし・・。
結局、アレルゲンは不明です。

静脈注射と投薬を受けて、家に戻りました。
夜になっても、まだ腫れはひいていません。多少良くなったかなとは思うけれど。

そんな突発的なことで、今日も半日過ぎてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

【実は私も…】
15年前、水虫の(飲み)薬の副作用で唇が腫れました!うろ覚えですけど、たしか下唇がものすごく腫れたような。薬を処方してくれた皮膚科に行って、唇を見せて訳を話すと、お医者様が慌てたように看護士さんに注射の支持を出し、その看護士さんがもたもたしているといきなり怒り出して「私がするっ!」と言だし、ブスッ!(←私の顔と同じだわ)

よしおさんの場合はなんなんでしょうね?腫れが引くといいけど…。心配だね。
【*ちゃーさんへ】
ちゃーさんも経験ありなのね!
顔だから、ちょっと辛いね。
よしおさんはいい男が台無しで嘆いているわ。
伯母もたらこ唇になったことがありました。

ちゃーさんの皮膚科の先生、面白い。焦ったのね!!
【アレルギー色々】
タイムアップが迫っているのに、コメントかいてるきじとらです。よしおさん、大丈夫でしょうか?少し腫れはひきましたか?
私の学生時代からの親友は、海老アレルギーです。突然そうなりました。彼女は海老が大好物です。ところがある日、海老の皮をむいていたら、その汁がピッと飛び、目に入りました。ほんの飛沫程度だったそうです。すぐ痒くなったが、大して気にしてなかったところ、夜中になって弟から「ね、姉さん、その顔・・」といわれ、鏡をみたら、壮絶な打ちあいの末、やっと勝ったボクサーみたいな顔になっており、緊急外来に飛び込んだそうです。
幸いすぐ処置して次の日の夕方には元通りだったそうですが、いまやカップラーメンのつゆを目をつぶって舐めても、海老の姿がなくとも、これには海老出汁が入っているかどうか当てることができるそうで、自称 海老センサー人間なんだそうです。
【*きじとらさんへ】
やはり、突然何かのアレルギーになることはあると考えた方がいいのですね。
何なのかちょっと思いつきませんが、デイでの食材と夕食はしっかりメモしておいたので、次回出た時には特定できるかもしれません。

よしおさんは年をとっているせいか、今朝もまだあまりひいてきません。
それでもデイには行くと言って出かけました。
そっちの方がびっくりよ。
明日の朝でも、まだ変わらなければ、もう一度受診しようと思っています。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。