2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

今日は5日ぶりにみつこさんを訪ねてきました。
こんなに間があいたのは、入所以来初めてではないだろうか。
忘れられているかしらと思いながら行ったけど、覚えていてくれたみたいです。
今日は、お昼御飯の時に、ゆすっても起きないくらい寝込んでいたそうです。
それがしばらくしたら、突然がばっと起きて、お昼御飯をがばがばっとかきこんだそうです。

私が訪ねていったのは、午後の2時過ぎ。
その時に今お昼御飯が終ったところでした。
お部屋をのぞくと、ガラス窓が網戸になっていて、冷たい空気が入ってきていました。
ベッドは防水シーツも上のシーツもはがしてあり、掛け布団も毛布も全部ベッド柵にかけてあります。
便失禁があったもようです。

久しぶりに喫茶室へ行こうかと、車いすで行って、喫茶室でいすに座りなおしてもらおうとして、立ってもらったら、ずぼんのお尻がべたべた。
お茶でもこぼした上に座ったのかと思いましたが、ズボンの中に手を入れてみると、パッドが重たい。
お漏らししていました。お昼のトイレ誘導が忘れられていたのでしょう。
もう一度車いすに座りなおしてもらって、ユニットに戻り、着替えをさせてもらいました。

若い男性の介護士さんにパンツ交換、ずぼん交換をしてもらいましたが、トイレからは抵抗の声は全然聞こえてきませんでした。

喫茶室へついて、いつものように、ミルクココアと持参したお菓子を頂きました。
足のマッサージをしようと、足くびを触ると、とても冷たい。
靴下を脱がせてみると、足の指から甲のあたりまで紫色をして、氷のように冷たい。
ずっと椅子にすわりっぱなしで、血液が足先に滞ってしまっているようです。
週に2度くらいで何ができるのかわかりませんが、一応足先のマッサージをしました。
この前の菊池体操のように、足の指の間に私の手の指を入れて、ぐっと広げてみたり、指1本1本からマッサージしたりしました。
じっとやらせてくれるので、ひざから下を曲げ伸ばしもしてみました。
多少血の気が通ったような足になりましたが、それでもずっと冷たいままでした。
本人は足先の感覚もないのかもしれません。あれば、痛いのではないでしょうか。

7、8月くらいがみつこさんの情緒の安定のピークだったような気がします。
あの頃は、穏やかになり、ころころと笑い、朗らかな感じが漂っていましたが、今はかなり陰ってきました。
穏やかではあるけれど、笑顔も減ったし、言葉数が減りました。
話し方もあまりはっきりしないし、言ってることはほぼ意味不明です。

じわじわと認知症が進行しています。みつこさんがみつこさんとして存在できる時間は後どのくらい残されているのでしょうか?
その時間を少しでも引き延ばすのに、何ができるのでしょうか?
再生みつこさんは、このまましょぼくれてしまうのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

【じわじわ じわじわ 】
こんばんは。
じわじわ進行…
仕方がないけど、切ないですよね。
うちの母もじわじわ進行しています。
改善がみられて、ホッとしたのも束の間でした。
薬もただ今、模索中です。
そんな中、無理やりというかやっとと言うか、妹と一緒に母を連れて旅行に行ってきました。
「旅行に連れて行けるのも来年になったらもう無理だね」
「最後に三人で旅行に行きたいね」
今年の初めからそんな会話をしていたのに、もうすぐ来年です。^^;
楽しんだり喜んでくれた時もあれば、混乱して陽性症状がでてしまった時もありました。
私の自己満足のために旅行に連れて行き、かわいそうだったかなという思いもあります。
旅行が好きでいつも旅行雑誌をながめていた母だったので、連れていってあげたかったのです。
少し前ならできていたことが今は無理だったり、その日の調子にもよるし、難しいですね。
妹は嫁いでいるので、母と娘の三人で旅行したのは初めてでした。
どこに行ったかは忘れても、母の心に少しでも楽しい思い出が刻まれていることを信じて、よしとします。


【*カモミールさんへ】
旅行が好きだったお母様なら、絶対に喜んで下さっていますよ。
私も母にはもう少しあれもしてあげればよかった、これもしてあげればよかったということが多いですよ。

父は結構「困ったちゃん」でもあったし、母のように急速に認知能力が落ちた訳でもなく、今も意思疎通もできるので、あまり「ああしてあげればよかった、こうしてあげればよかった」という悔いはないです。

母はあっという間に訳が分からなくなっていってしまったので、旅行なんてとても無理になってしまいました。
買い物とか好きだったので、うっとうしがらずにもっとつき合ってあげればよかったなという悔いが残っています。

カモミールさんもできる時にできることをしてあげると後々悔いが残らないかもしれないです。
でも、一緒にいてあげるだけで、お母さまにとってはどんなに幸せかしれないと思います。
【足浴がいいですよ】
私も霜焼け状態で手足の血行が悪い。
足浴はお勧めですよ。
たらいに微温湯を入れて
ゆっくり浸せば。。。
結構垢も取れます。笑。
【*nickさんへ】
nickさん、ありがとうございます。
他にもやはり足浴を勧めて下さった方がありました。
ぜひ、今度施設へ行く時に実行してみたいと思います。
nickさんはご自身でされているのですね。
何分くらい浸っていらっしゃいますか?
5分くらいでもいいのかな?温まるまでですよね。
【足湯】
ちょっと調べてみました…。
足湯の条件!
*足湯温度:38~42℃
*足湯水深:くるぶしから指3本位上の深さあればOK
*足湯時間:15~20分
時間は、こだわらなくていいと思うわ。みつこさんがさせてくれるだけ、してさしあげたらいいと思うわ。
風邪気味でお風呂に入れないときに足湯をすると、とっても気持ちよく眠れるの。それに、ストレス解消にもいいんですって!肥満には効かないらしいけど…(ガッカリ!)。
【*ちゃーさんへ】
調べて下さってありがとうございます。
結構、浅くても効果がありますね。
時間が問題ですが、、、たぶんうとうとしてしまうと思います。それならそれでいいものね。
車いすに座った状態でないと、座位が保てないと思うから、それで一度試してみるわ。
ありがとうございます。
【ナイスアイデア!】
パンドラさん、ありがとうございます。
私も悔いだけは残したくないと思っています。

nickさん、はじめまして。
足浴がありましたね!
すっかり忘れていました。
以前は足浴してあげたこともあったのに、今は日々の介護と生活に追われ、思いつきませんでした。
ラベンダーのエッセンシャルオイルをたらして、バスタオルと大きめのビニール袋で覆うといいです。
体がぽかぽか温まり、ラベンダーのリラックス効果で眠くなります。
「カラスの行水」でゆっくりお湯につかってくれず、冬はお風呂に入っても寒い寒いと言うので、寝る前に足湯をすれば温まってすぐに寝てくれそうです。

ちゃーさんへ
肥満には効かないらしいには、私もがっかりです。(笑)


【】
ラベンダーのオイル、試してみます。
父には「くさい」って言われそうですが・・・。笑
ただ、父は体が温まると、体がかゆくなるんですよね。
その興奮が怖くて避けていましたけど、手足は
冷たいし、体温も低いし。
退院したら、試してみます。
認知症になる前の長期入院で、看護師さんがお風呂に入れない父に手足浴をしてくれました。
なんだかとってもうれしかったのを覚えています。

パンドラさんへ。
私は元気ですよ。
主人も出張中ですので、完全自由です。笑
しかし、規則正しい介護の生活を離れ、体調はなんとなく
優れません。便秘ちゃんと脂肪ちゃんと仲良くなって
困っています・・・。
母は、快便だそうです。笑
【パンドラさん・カモミールさんへ】
足湯、気持ちいいですよ。みつこさんもきっと、うとうとになると思うわ。パンドラさんの言われるように、車椅子に座って行った方がいいね。もし、嫌がっても、何回か試していくと大丈夫。父はお風呂に入れないときに、ディで足湯をしていただいたのがきっかけよ。
私は足湯をしながら読書をすることがあるのですが、お湯が冷めてビックリして、足湯をしていることを思い出した…ってこと数回。おバカでしょ!苦笑

カモミールさん、こんにちは。
お母様と妹さんと三人でご旅行されたのですね。お母様は喜ばれてると思います。娘の思いやりに喜ばない親はいませんもの。そして、カモミールさんが「お母さん、喜んでくれている!」と思うことがとっても重要だと思うわ。
肥満解消法があったら是非教えてくださいね!
中年になったら、ちょっとやそこらでは脂身が落ちてくれず、年から年中雪だるま状態で過ごしているのよ。笑

【足浴 手浴】
まきぼんさんへ

オイルは2,3滴で大丈夫みたいですよ。
タオルとビニールで足とバケツを覆えば、それほど香りは気にならないかも。
今は寒い季節なので温度キープできるよう、タオルとビニールで覆うことをオススメします。
お父様だけでなく、ご自身もされるとストレス解消になると思います。
あと、マッサージをしながらの手浴も気持ちいいですよ。
私もしようと思います。

ちゃーさんへ

私も中年のはしくれ、ばりばりのおばちゃんなので脂肪さんとは仲良しです。
介護のストレスを食で発散するタイプで、ここ数年でとても太りました(ToT)
【お下のアクシデントがあると】
 なんとなく、へこみます。お気持ちよく分かります。
気にさせないように振る舞っても、本人もちょっとしょぼくれますよね。
 まぁ、でもアクシデント・・・こうなったと決まった訳じゃない、と気を取り直すようにしてます。
 きっと、みつこさんも、この次は元気でおられますよ。

 足浴、うちの母はお風呂嫌いで、下肢動脈瘤もあり、やはり足の色が悪いので、時々ディやヘルパーさんにしてもらっています。
ビニール袋とバスタオルとラベンダー、良さそうですね。私も母に是非試してみようと思います。
【*カモミールさんへ】
>ラベンダーのエッセンシャルオイルをたらして、バスタオルと大きめのビニール袋で覆うといいです。

更なる、グッドアイディアありがとうございます。
眠れない人にもいいですね。

私も今度みつこさんを訪ねる時には、バケツ持参します。オイルも。
【*まきぼんさんへ】
オイルも落ち着く効果があるから、一挙両得、きっと喜ばれますね。
ぜひ試してあげて下さい。

まきぼんさん、介護を一時お預けの生活に慣れましたか?
ストレスで脂肪がたまる方、ストレスから解放されて脂肪がたまる方(笑)いろいろですね・・・!

って、人事だけど、私もかくれ肥満だから人のことは言えません(笑)
【*ちゃーさんへ】
きっかけを作って下さってありがとうございます。
1回でだめでも、諦めず、行くたびにためしてみます。
その日の気分で、できたりできなかったりするので、できる時はきっとあると思うわ。

ちゃーさん、さめるまで忘れていては、冷えてしまうわ。
でも、よっぽど気持がよかったのね。
【*みきさんへ】
みきさんも、お母さまへの足浴、経験者さんでいらしたのね。
みなさん、しっかり介護されてて、偉いですね、尊敬します。

お下のアクシデントは、今は本人は何も言いませんけど、「嫌だな」「早く片付けて欲しいな」「自分で始末しよう」という気持ちはあります。

そのこともすぐに忘れてしまうけど、気持の上で何かしら影響してないとは言えないものね。

思わぬ「足浴談義」が出来て、嬉しいです。
【カモミールさんへ】
ありがとうございます。
私自身、お風呂の湯にアロマオイルを入れて入浴しているのに、ちっとも気が回らなかったです。
喉、鼻の調子が悪いときはティートリー、癒されたいときはラベンダーなど使っております。
さて、今からラベンダーで癒されてきまーす。
【*まきぼんさんへ】
かゆみを鎮めるのによいオイルってありますか?
やっぱりティートリーかしら?
【パンドラさん】
ごめんなさい、詳しいことは知らないんですよ~。
色々やってみようと思っていたけど
今はお風呂に入れる、究極の手抜きアロマのみです。笑
【*まきぼんさんへ】
質問を投げかけてごめんなさいね。
さしあたりお風呂では自分のリラックスできる香りを楽しめばよいですよね。
ラベンダーは蚊に刺された時に直接つけても良いというから、いいかもしれないですね。

アトピーの人のオイルの選び方のサイトも教えてもらったので、またそちらも見てみます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking