2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

よしおさんの月1ショートステイもしっかり定着してきました。
よしおさんは、昨日、今日とショートステイをしてきました。
最初は「私のことを嫌っている。」と、何だかどうしても拘っていた、ショートステイの主任さんにも「もう1日泊まるの?」なんて、聞いてみたり、今回は床屋さんも利用できたし、日中も自分の好きなように過ごしているそうですが、最初の頃のような不安そうな感じはなくなったようです。
要するに安心して利用できるようになったということのようです。

いつものようによしおさんをお迎えに行くのに、少し早めに行って、みつこさんのユニットから、みつこさんを連れてよしおさんのショートを訪ねます。
もう今は、最初の頃のような感激はありません。
みつこさんに、「お父さんよ。」と言っても、「違うでしょ。」と答えたり、
よしおさんが、みつこさんに私をさして「この人誰?」と聞いても、「知らん。」と答えたり、
それでも、ふたり並んでいると、笑顔があふれて、慣れ親しんだ人同士なのです。

みつこさんはお風呂上がりで、すでにパジャマ着用でした。(午後4時前です)
湯ざめしないように、一杯ひざかけとか、バスタオルとかで包んで、ショートへ行くと、よしおさんもお風呂上がりで、ぴっかぴかの顔をして、下着姿でカウンター席にいました。
ふたりをそこに並ばせて、部屋を片付けていると、ふと見ると、肩を寄せ合って何か話していました。
たぶん、よしおさんが、「おかあちゃんはここにいて、ご飯を食べさせてもらいなさい。私はまた来るからね。」と言っていたのでしょう。
後ろから見るふたりは、元気だった頃のいさかいを微塵も感じさせない、温かいオーラに包まれていました。
みつこさんは訳わからずになってしまったけれど、こんな優しい時間が持てて、良かったね。
人生って、最後の最後まで、わからないわね。
ふたりは、今、幸せだよね。
ショートにて081202
残念ながら、シャッターチャンスを逃して、写真を撮った時には、みつこさんは下を向いて反眠りでした。


12月に入るとすぐに、施設の中もクリスマスっぽい雰囲気になってきました。
みつこさんのユニットのクリスマスデコレーションです。
ユニットのクリスマス081202

みつこさんのユニットは11人です。ひとりひとり、それぞれのドラマがあることでしょう。
みなさん、どんなクリスマスを迎えられるのでしょうか。心の中に灯がありますように。
関連記事
スポンサーサイト

【】
気持ちがぽっかぽっかになりました。ありがとうございます!
よしおさんとみつこさんから、とても温かいメッセージを頂いたような気がします。。
これからも、パンドラさんご家族に穏やかな時間が流れることを願ってやみません。

【】
私の目にも、ご夫妻の背中に幸せ色の温もりを感じます。
目頭が熱くなりました(T^T)
パンドラさん♪素敵なショットを有難うございます。
【*ちゃーさんへ】
ふたりを背中から見ることってなかったのですが、今日は偶然そういう形になって、後ろから見たふたりの姿は明るい光に包まれていました。

そういう時をプレゼントできたようで、誇らしい気持にもなりました。

ちゃーさん、こちらこそ、温かいお言葉ありがとうございます。
【*kuririnさんへ】
kuririnさんにも感じて頂けたのならば、きっときっと本物ですね。
温かいお言葉ありがとうございます。
私がふたりにプレゼントできた「時」なのですけれど、
私が受けたプレゼントでもあるのですね。
コメント頂いてとてもうれしいです。
【】
パンドラさん、よかったですねぇ。
幸せをお裾分けしてもらいました。

【*まきぼんさんへ】
コメントありがとうございます。
とてもうれしいですよ。

お父様はいかがですか?
まきぼんさんは少しは命の洗濯できていますか?
【小さい背中が】
背中にはいろいろなものを
感じますよね。
特に高齢者、ましてや親御さんとも
なると余計でしょうね。
幼い頃の愉しかった思い出も過ぎるのでは。

一昔前の私の福祉情報のトップ画像は
公園の陽だまりで白髪のご夫婦の後ろ姿の
ショットでした。

お互い「知らない」と言っても
どことなく雰囲気で歯車が噛みあって
いるのでしょうか。

貰い泣きしています。
【*nickさんへ】
こんばんは。ご無沙汰しています。
書き込み頂いてありがとうございます。

母は「お父さんじゃないよ」と言ってみたりしていますが、ふたりが片寄せて話をしている後ろ姿は胸が熱くなりました。
母もちゃ~んと親しい人を感じ取っていると思います。

後ろ姿に二人の歩いてきたこれまでのすべてが感じられました。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking