2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きくち体操

今日はきくち体操の名古屋講演会があるということで、出かけてきました。

人間のからだ、骨格、筋肉は、生きている限り、本来のあるべき姿でいられるはず。
腰が曲がったり、膝が痛くなったり、手があがらなくなったり、骨そしょう症になったり、さっそうと歩けなくなるのは、それが筋肉が衰えたためであるならば、それはその体の持ち主が、そういう体にしてしまったから。その人の怠慢。
脳からの指令を大切に、集中して自分の体と向き合って、筋肉を動かすようにしていけば、決して衰えて、使えない体になることはない。
とまあ、だいたいそんな事だったと思います。実践してこられた先生のお言葉ですし、とても頷けるものがありました。

万歩計とにらめっこして歩くことでもなく、ハードトレーニングで筋肉を鍛えるというものでもなく、どれだけ身体がぐにゃぐにゃに柔らかいかを競うものでもありません。
手と足は特に脳と直結している。脳の指令に集中して、足の指1本、1本を動かす、手の指1本、1本に集中することが、全身の筋肉につながるなど、骨格標本を見ながらの説明は納得のいくものでした。


脳とのつながりなしに筋肉を育てることはできないという話から、認知症の重い人が体調を整えることの難しさが良く理解できました。
脳の大部分が委縮してしまっているであろう、みつこさんの場合は、ダメージを受けている部分の脳と関連のある体の部分が調子が悪くなることは十分考えられます。

それに、今のみつこさんには、脳を使って、自分の体の為に何かをする、たとえば、足を衰えさせないために歩く、血液循環を良くするためにマッサージする、と言ったことが、全く理解できません。頭で理解できないことをすることは、全く意味がないということになります。
ハリ治療にしても、腰にハリを刺して、腰の痛みをとる訳ではなく、いわゆるツボと呼ばれる部分にハリを刺し、それを脳が感じ取っているわけなのだから、脳が何も感じなければ、ただ、チクッとしただけのことなのかもしれません。
それでもハリ治療を続けているのは、脳が全面的に壊れているわけではないのだから、どこかでひっかかるかもしれないし、少なくともマッサージは気持ち良いと今はまだ感じているようなので、続けています。

自分のために出かけた講演会でしたが、どうしても認知症と結びつけて考えたくなってしまいます。
逆に、自分のためということでは、今からこうして脳を使って、体を維持していくことが、認知症の予防につながるということも感じました。

大切なことは、このきくち体操をどれだけ、休まず、長く続けていけるか、、、それにつきると思います。
さて、私はどうでしょうか。続けられるでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

【】
やっと風邪が治ったと思ったらまたすぐ別の風邪を
ひいてしまいました。咳による筋肉の凝りもあり身体が
ガチガチ・・・
きくち体操・・聞いたことがありませんが、どんな体操なんでしょう。40肩予防?にも持病のためにも身体をうごかさなきゃ、と思いつつ何もやれないでいます。。
【*かつよさんへ】
風邪は万病のもとですから、どうぞお大事になさってください。
きくち体操のHPをリンクを入れておきましたので見て下さいね。
「鍛える」というのではなくて、たとえば足の指を1本1本、集中して動かすことで、脳を鍛える、脳を動かす、脳が鍛えられると体が鍛えられるというような理論です。
脳に着目しているところが、ちょっと違います。
でも、やらなきゃ、だたの理論で終わり。そこが難しいところで~す。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。