2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

昨日の15日(土)のことですが、お昼すぎからちょろっとみつこさんに会いに行きました。
寒くなってきましたので、行くたびに冬物のお洋服を運んでいます。
この日は行くと、先日持っていっておいた、通販で買ったフリースのベストを着ていました。

昨年の今頃は入所して間がなく、洋服も気になってしかたがありませんでしたが、今年は私もおおらかになり、あまり気にならなくなりました。
寒くなってきたので、着せて欲しくない薄手のTシャツなどは、パッと見に目のつかないところへ隠しておくことにしました。
口でお願いするより、着せて欲しいものを目につくところへ置くのが一番です。
介護士さんも毎日、時間によっても変わりますから、ひとりの人にお願いしても、申し送りはして頂けますが、どこかでうやむやになっていきますし、そんなことの徹底をお願いしたくはありません。
それに、若い男の介護士さんも多く、彼らがみつこさんのその日の洋服を選んでくれていると思うと、何だか可笑しくもあり、まあ、寒くないようにだけはお願いねという気持ちを込めて、「これを着せてね」というものを一番上にしておきます。

フリースの可愛いベストを目につくところへおいておいたら、早速着せてもらっていたので、やったぁーーと思いました。

みつこさんは、カウンター席で居眠りしていました。
よいしょ、よいしょ、と揺すっても目を覚ましません。洋服類をたんすに入れてきてから、もう一度、「みつこさん、こんにちは。」と言いながら、揺すると、意識はある模様で、顔の表情だけが変わりました。
呼び続けているうちに、突然、にかっと目を開き、えへぇーという感じで目を開きました。

それからトータルで1時間くらいしか居られないのですが、喫茶でお茶を飲んで、卵ボーロを一緒に食べて、平和な時を過ごしました。
何か話しかけると、一生懸命聞いてくれている時には「わからないよ」と答えてくれます。私の言っていることがわからないという意味です。
しっかり聞いてくれない時には、自分の勝手なことを話すようです。

なんとなく、じわーーっと認知症の中核症状が進行しているのでしょうか。以前より大人しく、口数も少ないような気がします。
周辺症状の方はすっかり治まり、穏やかで朗らかなので、生活には何の支障もありません。

一応、歩行もかろうじて自力でできているので、朝起きて、着替えて、ホールへ出て、1日そこで過ごして、夜部屋に戻り、着替えさせてもらって、ベッドで寝る。そういう生活パターンが出来ています。
一応、寝たきりにならず、食事も自力摂取できているし、トイレにも行っている。お風呂にも入れてもらっている。
施設での生活も、それが自分の生活というふうに落ち着いて過ごしている。

やっとというのか、とうとうというのか、みつこさんは私の手を離れていきました。

時々訪ねて行く時のみつこさんは、手のかからない、機嫌のいい、可愛いみつこちゃんです。

猫のぬいぐるみと
画像はこの日のものではありません。
関連記事
スポンサーサイト

【うちはお茶目さんです♡】
おはようございます。
今日はデイがお休みの日です。
主に父が一日母の面倒をみてくれます。
多少の良し悪しはあれども、日々穏やかに過ごしています。

>やっとというのか、とうとうというのか、みつこさんは私の手を離れていきました。

この一文に、パンドラさんの今までの苦労(いや苦労ではないですね、ご自分の親ですもの)大変さと寂しさ、みつこさんの将来への思い等々感じられ、胸が詰まりました。

私は漠然と母の将来を想像します。
寝たきりになって最期をむかえるのなぁと。
不適切だったらごめんなさい。
祖父とふたりの祖母も認知症でした。
病気を併発して最期は寝たきりでしたが、ずっと寝たきりではありませんでした。
高齢で亡くなった祖父達より、ずっと若く発症した母の場合はどうなるのかなぁと。
寝たきりになることなく最後を迎えることが希望です。
それが10年や15年先ならいいなと思います。
【うちはボケをかまします】
母は認知歴3年になろうとしています。
最初の一年の治療がうまくいかなかったことは痛恨の極み。あの時脳みそが相当やられたなあ・・と思います。なにせ母は小顔小頭の人で、なんだか脳みそも小さそう(本人には内緒です)だからちょっとでもやられるとダメージが大きそうです。
その後フェルガードやら何やらで、何とか水面スレスレには持ち上げましたが、はっきりいってよろよろのグライダー飛行。普通にしているようで、ときどき大ボケをかましてくれます。
一昨日も、公民館にいったら閉まってたといって帰ってきた。しかたないから私が公民館に電話したら、母の教えてくれた電話番号は、公民館じゃなく講師の自宅。話がかみ合わず冷や汗ものでした。結局、母は早く行き過ぎて、公民館がまだ開館してなかっただけだったのですが・・。
来年、再来年はどうなるかなあ?と考えると、ううっとなりますが、まあ、その場その場でベストをつくせば、今は少なくとも、治療手段が2年前よりは広がっているのだから、よし!とせねばなりますまい。
【*カモミールさんへ】
お父様がお母様をみていて下さるのは助かりますね。
お母様も嬉しいでしょうし。

寝たきりにならず、10年から15年先に静かに・・・
理想ですね。でも夢じゃないと思います。
10年先には認知症の治療もずいぶん進んでいることでしょうね。

お互いにアンテナ張り巡らして、がんばりましょうね。
【*きじとらさんへ】
可愛いみつこちゃんに、
お茶目さんのカモミール母さんに、
ボケをかます、きじとら母さん。

なかなか役者が揃いました。
先のことを思って、うぅっとなるのは、先になってからでいいですよね。

今を充実させて、更にアンテナくるくる、、で行きます。
【】
パンドラさん、ご無沙汰してました。
なんやかや忙しかった~

今日読ませてもらって、
<若い男の介護士さんも多く、彼らがみつこさんの
その日の洋服を選んでくれていると思うと、何だか可笑しくもあり..>
に同感。そしてパンドラさんの穏やかな気持ちが
伝わりました。

私も今月は毎週母に会いに行きましたが、そしたら
サマーカーディガンを2枚重ねて着せられていて。。
でも担当介護士はそれが夏物だってわかってないと
感じたので、なんにもいわず、「母に寒くないの?」
って聞いたら、「なんにも~」だって。
で、全部持って帰って来た。
母に温かい靴下を買ってもってたら、
「私をここにいさせるつもりね」というので
怒ってるのかと思ったら、笑ってました。
フェルガードのおかげで、いいのかわるいのか
頭がよく回転してます。
穏やかにすごせてれば、良しとします。
私のほうが、母に負けてる感じがする、今
フェルガード飲んでないし~~

パンドラさんもお体気をつけてくださいね。
【*ygraciaさんへ】
施設では着せて欲しくないものは持って帰るのが一番ですね。
しかし・・季節の変わり目は困りますけど、そんな時は特別だからいいのよね。

自分のことね、とっても変わりました。自分でもそう思っています。
私、すごくはた迷惑な存在でした。
更年期なのか、ストレスだったのか、怒ってばかりいました。

変わったのはフェルガード100の故?
今はお休み中なんですけど・・・ね。
よしおさんが落ち着き、みつこさんが落ち着き、ひいては私が落ち着いたということかもしれないし・・。
理由が何であれ、気持が楽になりました。
ygraciaさんにもご迷惑をおかけしてしまいました。

ygraciaさんのお母様も、ほんとに調子が良さそうで嬉しいです。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking