2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

みつこさんは80才以上で、歯が20本以上残っているということで、今回表彰対象となりました。
一生に一度しか表彰を受けることはできないということで、よしおさんも対象なのですが、今回はみつこさんだけにしました。
よしおさんはたぶん来年でも大丈夫だけど、みつこさんは来年はどうなるかわかりません。

今年は施設からは、みつこさんと他には同系列のグループホームからおひとりのふたりでした。
生活指導員さんの運転で、みつこさんと家族の私、グループホームの住人さんおひとりとグループホームの介護士さんとご家族の3人、合計6人で市役所まで出かけました。

市長さん、歯科医師会関係の皆さんと今年の受賞者10数名で授賞式が行われました。
グループホームの住人さんは、認知症の片鱗も感じさせない方で、歩行も問題ありません。
後、他の受賞者の方たちは全くの健常な方たちでした。

そういった中に混じって、みつこさんが浮いてしまわないか心配しましたが、車いすを使用しているので、体が不自由かな?という感じはするものの、「認知症」という感じは全くありませんでした。ひいき目なのかしらと思うけれど、そんなことはないと思いました。

お年寄りばかりなので、表彰もひとりづつ席まで回って下さって、その場で皆さん立ち上がって、賞状を受け取りましたが、みつこさんは立ち上がらないだけで、ちゃんと両手で受取り、お辞儀もしました。
途中、目を閉じてしまうところはありましたが、それ以外はきりっとしていました。
賞状

賞状もじっと読んでいました。
自分が何かで表彰されているということは理解しているような気がしました。
記念撮影

最後に全員で記念撮影を致しました。写真の向かって左端前列がみつこさんです。
賞状を手に持って、カメラに向けて撮影するのですが、何度か写真を撮り直しているうちに、症状をくるくる巻き初めてしまいました。可笑しなことと言えばそのくらいです。

大きな声を出すわけでもなく、落ち着かない行動をするわけでもなく、ほんとにみつこさんはよく成長してくれたと思います。
今日はみつこさんの母として、誇らしい一日でした。
関連記事
スポンサーサイト

【】
 みつこさん、ちゃんと賞状をこちらに向けて、しっかり
と写っていますね。
すごいですね。
表彰されていること、きちんとわかっていらっしゃる。
私も、こっそりその場をのぞいて見たかったな。
ちょっとナーバスな今夜の私ですが、少しうれしく
なりました。
みつこさん、ありがとう~。
【*まきぼんさんへ】
まきぼんさん、何があったのかしら?
元気出してほしいです。。。
みつこさんの頑張りを喜んで頂いてうれしいです。
このところ、みつこさんに私が感激させてもらっています。
こういう日が来るとは想像しなかったですよ。
【】
80歳20本の表彰、おめでとうございます。ちゃんと症状を持っておられますね。自分に誇らしいことが起こっていることは十分理解できたでしょう。女学校で賞状をもらった!と思っている可能性がいちばん高いかも?でも娘としては感激ですね。よかった!よかった!

さてまきぼんさん、お久しぶりです。何かあったかな?私では猫の手で並みで役に立たないかしらん?
【*きじとらさんへ】
状況は理解できていたようですから、
おっしゃるように女学校のころを思い出していたかもしれないです。
母としてはうれしかったです。

まきぼんさんにお声かけ、ありがとうございます。
【80歳で20本!】
パンドラさん、お二人揃って20本以上残ってるって凄いですね。
我が家は父は0、母も10本位しか残ってませんから。
私ももうすぐ20本切っちゃう勢い。
唯一夫だけですね。
50歳過ぎるまで虫歯0の人ですから。。。
しっかりお写真にも納まって、とにかく凄いです~
【*こぶたさんへ】
80過ぎたふたりとも自分の歯が20本以上あるのですから、すごいですよね。
歯の質が良いのだと思います。
よしおさんは兎に角丈夫だと思います。骨組みもがっちりしていますから。
みつこさんは骨粗鬆なんですが、出産経験のないので救われているのかもしれないです。
有難いことだと思っています。

こぶたさんちはお口の中がたいへんですね。
こぶたさんもなの?
私も歯の質が悪くて治療歯ばかりですが、抜いた歯は親知らずだけなので、残った歯を大切にしなくちゃと思っています。
夫は60過ぎても虫歯がない人です(驚)

みつこさんの記念撮影、上出来ですよね。
とっても嬉しいです。
ありがとうございます。
【】
 パンドラさん、きじとらさん、ありがとうございます。
実は色々あって、来週火曜日に父が入院することになりました。
ここでは、K先生とはまた違う診断をされ、何を信じたらいいのか、わからなくなりました。
少しショックだったので、頭の中を整理して
パンドラさんに聞いて頂けたらとおもっています。
その時は、是非きじとらさんも聞いて下さい。
よろしくお願いします。
【*まきぼんさんへ】
まきぼんさん、今日診察日でしたね。
入院されることが前に進む一歩となれるのならば良いのにと思っています。
また、メールお待ちしていますね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking