2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

よしおさんの事で、一番有難いのが、デイサービスに喜んで行ってくれるところです。

夜、寝る前に、「明日はデイだね。」と確認があったり、
朝、起きぬけに「今日はデイだったね。」とか確認があります。
あんなによく忘れるのに、デイの事を忘れていたことは全くないといっても言い過ぎではありません。

先日もショートから帰ってきてから、夕食の時に「ショートの食事はどうだった?」と聞いてみると、
美味しかった。」と答えたあとに、自分から「デイのご飯も美味しい。」と付け加えました。

日頃、あまり美味しいものを食べてもらっていないので、デイとかショートのご飯を美味しいと感じるのかもしれません。
それなら、私もちょっぴり良いことしていることになるかしら。

デイは昼寝をさせてくれるから良い。」なんて言うのですが、以前だったら絶対に「寝るのだったら、家で気楽に寝る。」って言い張ったに違いありません。
ほんとになんて不思議なんでしょう。

さて、デイに出かけるとなれば、それなりの格好をして行って欲しいと思うのですが、身なりには全く構いません。
今朝も割と蒸し暑い感じがしたせいか、下着の上にいきなりブルゾンを羽織って行くというので慌てました。
家で万年寝ている時には、まさに下着姿です。食事をする時には、そのままブルゾンを羽織ります。
それと同じ格好で出かけようとするのですもの。
最近は寝る時はパジャマを着るようにはなりました。これはヘルパーさん効果と言えそうです。

で、今日はポロシャツの上にブルゾンを羽織って出かけました。
今日は午前中にお風呂に入って、午後は喫茶店に出かけ、そこで開かれていた写真展を見てきたそうです。
関連記事
スポンサーサイト

【】
【美味しかった。」と答えたあとに、自分から「デイのご飯も美味しい。」と付け加えました】
よしおさん、↑こんな気配り上手に変身されたんですね。嬉しいね!
この分でいくと、ショートの入っていない週は、一日増やして週に三回も可能かもよ?お昼寝つきなら、疲労もないとおもうから。
楽しい!と感じることはいっぱいあったほうがいい。認知症患者も私たちも同じだよん!


【*ちゃーさんへ】
コメントありがとうございます!
週3回、だいぶ前から考えていますが・・どうなるかしら?
来年の春くらいに実現するといいなぁ。
来年なんて言っているとその頃どうなるかもしれないけどね。
自分から「楽しい」って言えるなんて、相当楽しいのですよね。
【増やすなら今がチャンス?】
私も週3回に賛成。
デイって週三回くらいがちょうどいいという方が多いです。家人も週三回日中があけば、いろいろできることがぐんと増えるし、ご本人のリズムも一日おきという感じで、よいようです。介護保険の関係もあるでしょうが、体調をみて、ご本人が嫌がらないうちに習慣づけをしておいたらいかがしょうか?
家だと何もしないで寝ているばかりになりがちですが、デイだと横になったり、みんなとご飯を食べたり、ちょっとお出かけしたりで、必ず刺激があるものです。認知症のことを考えても、家にいるより間違いなくいいと思います。
【おしゃれ心☆】
よしおさんも段々お洒落になってきたのですね^^ うちの義母、すっごい色白でマトリョーシカ人形(温泉こけし?)のような体型しているので、ピンクハウス系のふりふりファッションでキメてます。通院したときとか「かわい~♪」と看護師さんに言われると、私まで嬉しくなっちゃいます。歳をとってもお洒落ココロは忘れたくないなー、と思いつつも毎日ジーンズしかはかない私でした。あ!私の身長&体重、パンドラさんとオソロみたいです^^
【*きじとらさんへ】
実は今日、本人に何気な~く聞いてみましたら、
否定はなかったので、早速11月から週3で
入れてもらうようにケアマネさんにお願いしたところです。

ショートとか、通院とかと重なる日もあるので、
そこはお休みするということで、いけそうです。
やはり家でひとりで寝てばかりは普通の人でもボケます。
1日おきくらいで、休めれば今なら大丈夫じゃないかなと
思います。
【*こずさんへ】
よしおさんのは、お洒落心なんて言う可愛いものではありません。
全く構わないので、下着で出かけて行ってしまわないように注意している・・というような感じです。
おばあ様を可愛くするのは良いですね。
施設だと「洗濯できるもの」と言われるので、制限ができてしまいます。
【デイサービスについて】
久しぶりに書き込みさせていただきます。
実は同居の義父が最近、要介護4の認定を受けました。(認知症の診断は受けていませんが脳梗塞を患っています)
これからケアマネージャーさんとご相談してケアプランを立てていきます。どのようなケアプランになるかは全く分からないのですが、家族としては出来れば週に1日ぐらいはディサービスに行って欲しいなぁとぼんやり思っています。
実母のためにといろいろと調べた介護についての知識が思わぬところで役に立ちそうですが、頂上も道も全体像さえ見えない大きな大きな山を目の前におろおろするばかりです。
【下着姿の父】
実家(鹿児島)の父もアルツハイマーで、K先生を受診いたしました。父の同居家族が介護放棄してましたから、1年4ヵ月ほど飛行機をつかって遠距離してました。毎月2回くらい通っていて、私が名古屋に帰るときは、玄関先で「また来るね」と挨拶していたんです。でも、1年4ヶ月目、私が帰るとき、なぜか父が庭先までパンツ一丁の姿で出てきて、私が乗ったタクシーが見えなくなるまで、ずーーーと立ち尽くしていました。そのとき、父の元気な姿を見るのは、これが最後になるのかな、と、ふと思いました。
そして父の元気な姿を見るのは、それが最後となってしまいました。同居家族がショートに出したまま引き取らないという事態になり、そのまま施設に入所。入所先のドクターの方針で治療行為は一切しないことになり、今は廃人同然です。パンツ一丁で立ちつくしていた父の姿を忘れることができずにいます。
【*かつみさんへ】
同居のご両親さまもいらして、あちこち気配りがたいへんですね。
介護認定で介護度4になられるまで、サービスを利用していらっしゃらなかったのですね。
これからはケアマネさんと相談されて、できるだけの利用をされると良いと思いますよ。
デイサービスも施設によって、雰囲気がずいぶん違うので、お義父さまにあう所が紹介してもらえるといいですね。
私の母は最初の所で雰囲気が合わなくて半年くらい無駄だったなという想いをしてしまいました。
お母様のために調べていらしたことが役にたってよかったですね。
無駄なことってないですね。
【*こずさんへ】
何だか切ないお話で、胸が痛いです・・・。
施設入所していても、いくらでも方法はありますのにね。
でもやっぱり家族の気持ちしだいということでしょうね。
【かつみ様】
こんにちは!
父も脳梗塞を患い、この秋で在宅介護17年目に入ります(2000年の介護認定時から、要介護5)。
90歳に近い年齢ゆえ、身体機能低下や体調不調が増えてはきていますが、穏やかに過ごしています。
ディ利用は在宅介護とともにスタートさせ、こちらも16年目です。
こうして長くにわたり、在宅で生活できるのも、ディを利用しメリハリのある生活をしているお陰だと思っています。
かつみさん、共に頑張らせくださいね!
【家族の気持ち次第】
おっしゃる通りだと痛感しています。父に関しては後悔してばかりいます。実家の母、兄、妹を説得できなかった自分も情けないですし、夫がうちで引きとったらどうか、と言ってくれたんですが、義母のことを考えるとそれもできないと思いました。もっと早くパンドラさんのHPに巡り合えていたら、名古屋の施設に入所させるという選択もできたかもしれない、と、過去日記を読みながらそう思いました。後悔してもはじまらないことですから、自分にできることを精一杯やっていきます^^
【*ちゃーさんへ】
かつみさんへエールありがとうございます。
お父様はずっと同じデイですか。
もうすっかりベテランですねぇ。
【*こずさんへ】
どうにもならないことは、どうにもならないと思います。
私の両親も軌道に乗ったのはやっと1年前です。
それ以前はしっちゃかめっちゃか。
なるようにしかならないこともありますから。
【ちゃーさんへ】
コメント、ありがとうございます。
ちゃーさんは在宅介護を17年もされているんですね。頭が下がります。義父の脳梗塞の発症は約20年前です。それからいろんな病気を発症し、とうとう要介護4です。つい1ヶ月半ほど前まではおぼつかない足取りではありましたが、日常生活には困らない状態だったのですが、急速に進みました。
義父は「穏やかに過ごす」ことが出来ない人です。生来の性格に認知能力の欠如が重なり、感情のコントロールができません。介護するにあたって一番気が重く感じる部分です。
在宅はまだ始まっていないのに、愚痴ってしまって申し訳ありません。これからお尋ねすることがいろいろ出てくると思います。よろしくお願いします。
【*かつみさんへ】
ちゃーさんは大先輩なので、なんでも聞いてください。
お義父さまはちょっと気難しいようで、前途多難ですか。
みんなで良い案を練りましょう。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking