2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつこさんの手術後初めてよしおさんがみつこさんを訪ねました。
今夜は1泊のショートステイです。

いつも、ショートに着くと、荷物の整理ももどかしく、「おかあちゃんに会いに行こうか」とせかします。
検温も後回しにして、介護士さんに「よしおさん、みつこさんに会ってきてね!!!」と送り出されて、みつこさんのユニットへ行きました。
みつこさんは、カウンター席で涎を垂らして、コックリコックリと居眠りをしていました。
みつこさん。」「みつこさん、おはよ。」と揺すぶってみても、起きる気配がありません。
しつこく揺さぶりをかけて、「おはよ、おはよう。」と言い続けたら、突如むくっと目を開いて、すごくびっくりしたみたいな顔をして「何ね。いつ来たのぉ~。」みたいな事を言いました。
さらに、「おとうさんが来ているから会いに行こうか。」と声をかけると、どうわかったのかはわからないけど、また、オーバーに驚いて、「ほんとぉ?行こうか、会いに。」と言いました。

その後、ひとつのテーブルを4人で借り切って、久しぶりの逢瀬をお手伝いしました。
しかし、意味不明で、にこやかなみつこさんと、自分の言った事もすぐに忘れて、かつ、みつこさんが意味不明なことが理解できないよしおさんとの会話を同時通訳するわけですから、それはそれは混沌として、混乱に満ちていますが、その途中途中に笑い声が混じり、特養のユニットに異質な空間ができてしまいました。

よ「おかあちゃん、元気になって良かったね。
み「そうね(笑)。あの人はなんたら、かんたら・・・。」と別の事を話します。
すると・・よしおさんはいちいち通訳を求めます。
よ「今何て言ったの?
パ「おかあさんは、言葉が通じないのだから、適当にハートでお話して。
すると、よしおさんにはその言葉の意味が通じないし、耳も聞こえ難い。
よ「えっ?何?」と、私にもう一度言わせます。
それを聞いていたみつこさんが、
み「何の話しているの?」と、まともな言葉をはさみます。

でも、嬉しいことにみんな笑顔です。
そして、その間にも、みつこさんがお菓子の「卵ボーロ」を、よしおさんや、夫にわけてくれています。
特養のテーブルを4人で囲んで、ささやかだけど、とっても大きな幸せを見つけました。
こんな場面、1年前には想像しなかったよねぇ。。。。。
関連記事
スポンサーサイト

【みんな笑顔】
パンドラさんがその時その時に思考停止にならず最善の選択をされてきたから今日があるんですね。
今もう1度「ふたりの介護」のコメントも含めて読ませてもらっています。男手一人で今日まで来たので要介護3と4を一気に抱えたときのことを思い出し身につまされながら読んでしまいます。
パンドラさんご家族、このブログの常連のみなさんがもっともっと幸せな日々を迎えられることが私のパワーになります。
【*mizuhoさんへ】
mizuhoさん、温かいコメントありがとうございます。

私が完全な思考停止に陥らなくて済んだのは、
まわりに助けてくれる人たちがあったからだと思います。
適切な治療には結びつきませんでしたが、
ケアマネさんの支えと夫の存在は大きかったと今は思います。
もしも、ほんとうにたったひとりで両親を看ていたとしたら、
逃げ出せない私は一家心中していたかもしれないと思います。

そういう意味でmizuhoさんが男性で、
家計を支えるお仕事をされながら、
たったひとりでご両親を支えてこられたということが、
どんなにたいへんであったかは、今の私には想像がつきます。

これからは、みんなでパワーを分けあいながら
笑顔のある道を進んでいきましょう。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。