2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家に1本の栗の木があります。正確に言うとよしおさんとみつこさんのおうちには1本の栗の木がありますということになります。

もう老木です。ここ何十年と栗の実をつけてくれています。
30年以上前に、ここに引っ越してきた時にふたりが植えたものです。

いつも栗の実が実ると、ふたりでイガを剥いて、栗の実を出して、箱に並べて、陽に当てて、食べ切れないほど取れますから、親戚やご近所に配ります。

ところが、栗奉行はよしおさんです。何時、誰に、どれだけ差し上げるのかは、よしおさんが決めます。
私が結婚して家を出ていた7年間は、ふたりでどうやって栗を分けていたのかは知りません。

私たちがふたりの隣へ引っ越してきてからは、否応無くこの栗騒動に巻き込まれることとなります。
よしおさんひとりに栗拾いやイガ剥きを任せるわけにもいかず、お手伝いをするのですが、そうすると、手伝って剥いた栗の半分をどうぞと言って持たせてくれます。

問題は残りのふたりの方の栗です。
みつこさんは近所のお友達に配りたいのに、なかなかみつこさんに任せません。

栗が好きかどうか、電話をかけて聞きなさい。
陽に当てないと甘味が出ないから、陽に当ててからにしなさい。
そんな人(みつこさんのお友だち等)にあげなくてもいい。」etc. うるさいこと、うるさいこと。

栗の行き先くらい主婦にまかせろと、ふたりは何度喧嘩をしたことでしょう。


年月がたち、よしおさんはだんだんと衰えて、以前のように、きちんと栗拾いも出来なくなって行きました。
代わって、私の夫が栗拾いからイガ剥きまで、几帳面にやってくれるようになったのですが・・それでも、采配をふるうのはよしおさんです。

みつこさんの認知症が進んで、もう栗のことなど何も言わなくなっても、よしおさんひとりで拘っていました。
もう、自分で自分の親戚へ配るわけでもなく、ご近所に分ける訳でもないのに、誰にも勝手にはさせません。
廊下に並べておいて欲しいというので、食べ切れない栗をダンボール箱に詰めて、廊下に置いておきました。

昨年の秋、みつこさんが施設へ入ることが決まって、忙しかった頃ですが、よしおさんが栗を拾い出したので、止むを得ず夫が後を継いで、栗を拾い、イガを剥き・・と、忙しい最中にやってくれました。
それでも、まだよしおさんが権限をにぎっていて、傷んだ栗を捨てるように避けておくと、それを見つけて、
あの栗をどうするつもりなんだぁーー。
もったいないことをするなぁーー。
廊下に上げておいてくれぇーー。」と、ひとり暮らしの部屋の中に栗を抱えておりました。

自分で茹でて、結局腐らせたり、庭に置いてある虫食い栗がひからびたいたら、水につけて(戻すつもりなのか)結局忘れて、うじが湧いていたり・・。
とまあ大変なことでしたが、いちいち目を吊り上げ、興奮して怒るので、嫌気がさして、気の済むようにしてもらっていました。
去年廊下に置いておいた栗は、今もひからびたまま、廊下にあります。


さてさて、フェルガード100で、好々爺に変身したよしおさん、今年の栗がよしおさんの変身を証明してくれるかしらと期待しておりました。

実に見事に証明してくれました。

9月半ばくらいから落ち始める栗を、今年は全面的に夫と私も手伝って、栗拾い、イガ剥き、近所へのお裾分け、全部済ませて、後は栗ご飯、栗きんとんと食べられるように変身してから、よしおさんのもとへ届けました。

よしおさんは、栗きんとんを見ると、「これは作るのに手間がかかるんだよね。」と言って、ぱくぱく食べて、「美味しい。」と言っておりました。
それだけ!!! それ以上何も言いません。

昨年は、何と言ったかと言えば、忘れもしません。
栗きんとんの話になった時に、「ほんのちょっと食べさしてもらっただけ。後は持ってただろう!!」と語気荒く言われただけでした。

たかが栗の実なんですけど、されど栗の実なんです。
関連記事
スポンサーサイト

【】
よかったですねぇ
本当に 嬉しい言葉ですね
私は・・・ ばぁの最後の方では優しい言葉なんて皆無でしたから
凄くそれが寂しくて 恨まれたまま終わってしまったのかなぁと悲しかった
もし、このサプリを飲んでいたら 違っていたかなぁ
抗うつ剤を飲んでいたけど

よしおさんのこれからの時間が ずっと穏やかでありますように
【*ウルルさんへ】
よしおさんの改善を喜んで下さってありがとうございます。

ウルルさんのお母様は辛いお病気だったから、優しい言葉もどんなに心の中にあっても口に出なかったのだと思います。
痛かったり、苦しかったら、、、心の余裕はなくなるよね。
ウルルさんにはどんなにか辛くて、寂しかったよね。
でも、お母様は決して、ウルルさんのこと恨んだりされていませんよ。私が断言します。
どんなにか、感謝していらっしゃった。今もウルルさんの側で温かい気持ちで見守っていてくださるよ。

この、医薬品以上に効果のあるサプリも、まだ新しいもので、ここ2年もたっていないの。
それによしおさんみたいなボケボケ老人の暴力には、とっても効果があるけれど、、ほんとのうつにはどうなのでしょう。
まだまだわからないところが一杯です。
【うちも・・】
2006~2007年初旬、母の被害妄想のターゲットは父でした。
「あの人が私のことを心配しているって?フン、どうせ世間体のためでしょ!私のことなんかどうでもいいと昔からずっと思ってるくせに!」
いつも目が吊りあがり、憎々しげに、吐き捨てるようにそう言っていました。

ところがサプリを飲みだして3ヶ月で大変化!
服用1年7ヶ月を過ぎた現在はこういいます。
「私、困ってる事は何もないの。お父さんもとっても良くしてくれるしねえ。私よりしっかりしていてくれるから、とても助かるわ」
家事もテキパキ、冗談には冗談で返してくるし、この上なく明るい表情の母。

薬ではどうしてもできなかったことが、サプリでできるのは、本当に不思議!おかげで、母のアルツライフは順風満帆!
【*きじとらさんへ】
きじとらさん、考えたら、ほんとに不思議なサプリですよね。
こういう効果があると、飲み始めた時には思われなかったでしょ?
私も思いませんでした。きじとらさんのお母様の改善のお話は伺っていたけれど、でもよしおさんが明るく改善するさまは想像がつかなくて。。。
「ほぉぉ。こうなるの?」なんて感じの、びっくり玉手箱でした。
妄想が取れて、暗く陰鬱としてたのが、明るく穏やかに気力もアップするのですから~。
ほんとに魔法です!
【楽観的且つシャッキリ】
このサプリを飲むと、被害妄想が激減するのは事実ですねえ。すくなくともアルツの3人に、同じような効果があったのですから、偶然ではありません。

でもそれを言葉で説明しても、抑制系向精神薬(セロクウェルやらリスパダールやら、弱いところではグラマリールやら)を使ったときのように、不活発で暗く無気力になるというイメージをもつ人が多いと思います。
でも、このサプリのミソは妄想が消えるだけではなくて、明るく、しゃっきり、気力も出るってことです。
つまり一見正反対のことが同時に起こるのですね。
いったいどうなっているんだろう?
考え出すと眠れないなあ(笑)。
【*きじとらさんへ】
楽観的且つシャッキリ、まさしくその通りです。

たぶん、経験しないとわかって頂けない!!!

たとえ妄想がなくても暗く、陰鬱というのも、介護者にとっては(本人ももちろん)辛いものですよね。
ダブルの改善ですものね。

ひとりでも多くの方に体験して欲しいですね!
【認知症ねっとに返信を頂いて。】
有難うございました。岩田先生の事の書いてある9月の所に返信を書き込みました。もし分かりにくかったら読んで貰えないかとこちらにも書き込みます。昨日、あったスレッドが削除されてて訳が分かりません。・・でこちらに返信させていただいてます。私も母がすっきりしゃっきりして来る予感はあります。少し落ち着いて京都で受診してから、試してみたいと思います。家にも効くと良いなあ☆
【*ぷいぷいさんへ】
こちらへも書き込みありがとうございます。
「ふたりの主治医」の方へはお返事書きましたので、またご覧くださいね。

認知症ネットでは、「河野先生」、「フェルガード」は禁句です。
たぶんその両方の言葉があったから消されたのでは・・と思います。
「パンドラ」も危ないかもしれないです。「岩田先生」ももちろんです。
ここは何を書いて頂いても構いませんので、具体的に書いて下さって結構ですよ。

ぷいぷいさんのお母様はフェルガード100を河野先生から止められたのでしょうか。
何か理由があるのかもしれないですね。
実践医の先生とよくご相談になって、お母様の調子が上向きますように願っていますね。
また、お話できればと思っています。
ありがとうございました。

【返信どちらもませていただきました。】
有難うございます。共和病院へ着いた頃には母も疲れていたのか私の言動が感に触ったのかなぜか激怒してわめき散らしておりましたので河野先生のお耳に入ったのかも・・。でアリセプトは絶対、止めるように、落ち着くまではフェルガードもまだ買わなくていい。とサンプルだけ下さいました。すでに1箱 買って朝1包 アリセプト3mmのんでたのですが~。(河野先生にメールでアルツの母と書いたので診察までに改善しておくように指示されての事ですが)それで24日の京都での診察で決めてゆこうと思ってます。北山病院の老年か(近くの開業医が名古屋に行ってみたらいいと思うよ。と背中を押してくれて、その先生も勤めてらっしゃいます。府立のベッドがいっぱいの時、8年前にうつで入院した事があります。河野先生に紹介状書いてもらってます。特養もあるので先も考えると見ておいてもいいかなと・・。(父が亡くなって間も無くでした。))京都の田中先生はグラマリールで落ち着いてるならそれが一番、あってるのかもなぁ。とTELではおっしゃってましたが。
【ぷいぷいさん】
まずおちついていただくのが一番先ですよね。おちついてもらわないと、家族は本格的治療の為の次の一手を考える余裕がうまれませんからね。
それからフェルガード100(M)などをうまく使って徐々にグラマリールの量を減らし、理想的にはフェルガード100(M)に置き換えることができれば一番いいでしょうねえ。
たしか京都にもコノメソッド実践医がいますし、その他将来のことも考えて、多面的に対処なさっておられるようですから、大丈夫ですね。

ピックならパンドラさんが経験豊富です。パンドラさんの母上は長い間、トンデモナイ治療(ほとんど逆治療)をされ続けて悪化、それをここ1年、正しい治療に変換して、やっとのことで今は向精神薬なしで穏やかでいられるまでになった経緯があります。

認知症ネットでは、やはり、自由に討論というわけにはいかないのです。言って欲しくないことがはっきりしているようです。
【なんて素敵なお話!】
パンドラさん、こんにちは(^^)

『よしおさんと栗の木』
めでたしめでたしのお話になって、本当に×本当に嬉しいですね!!

>>明るく穏やかに気力もアップするのですから~。
>>ほんとに魔法です!

まったくですね!
河野先生も「ミラクルパウダー」と(笑)

レビーの義母にも同様の効果がございます。
私も本当に心身共に楽になりました。

陰性症状の強い義母でした。
抑うつが特に強く、まったく外出などしない人でした。
シルバーカーで歩行が出来るのですが、そんな自分をまったく受け入れられず「みっともない!!」=「自分はもうダメだ」と言う思考に、常に支配されていました。

そんな義母が今では、シルバーカーで電車に乗ってお出掛けを楽しむまでになりました。
これは相当スゴイことで、人間が変ったといか言い様がありません。

そうした日々を経て、能面だった義母は、ニコニコとして、コロコロ笑うようになりました。


>>たぶん、経験しないとわかって頂けない!!!

本当ですね。
認知症でもタイプを問わず「普通の暮らし」を続けられる可能性があるんだと、是非多くの方に知って頂き、試して頂きたいものです。
【*ぷいぷいさんへ】
ぷいぷいさん、詳しくお知らせ下さってありがとうございました。
河野先生に相談されている時はアルツハイマーとおっしゃっていて、実際に診て頂いたらピック病だとおっしゃったんでしたね。
今はまだ興奮状態でいらっしゃるので、アリセプトもフェルガード100も見合わせていらっしゃるということですね。
これから、実践医の先生にもご相談されて、前の特養も併設された病院へもいらっしゃるのですね。
前に一歩も二歩も進みだされたので、きっと道が開けていくと思います。
良かったですね。
うちのピックの母は、1年かかって、すっかり落ち着きましたよ。
ぷいぷいさんも頑張って下さい。
【*きじとらさんへ】
ぷいぷいさんへのコメントありがとうございました。
認知症ネットは忘れた頃に魔女狩りが始まりますね~。
【*kuririnさんへ】
父の改善報告を喜んで下さってありがとうございます。

そして、みーちゃんの改善報告もありがとうございます。
やっぱり、このパウダーはミラクルパウダー、ただ白髪が黒くなるだけじゃありませんね。

みーちゃんも、一時期、とてもたいへんな状態でいらしたのですよね。
抑鬱状態の方が明るく笑うようになる。
暴力的な人が落ちていて、かつ明るくなる。
化学薬品にはこの効果は、ないですものね。

経験者、体験者で、広めていきましょうね~♪

【】
ほんとに素敵なお話ですね♪
穏やかでほんとにうれしい。
まだ母のことをアップしてないのだけど、ホームのスタッフも
フェルガード効果を認めてます。
母は、記憶もしっかりして、お腹のそこから大笑いしてます、
8月以前は考えられなかったことをしています。
会話もしっかり成り立ちゃって~~
元気になってます、ただ、この先、また怒りだすかなという
不安もあります。
それと家に帰りたい願望がはっきりしてきて、、
ここが私のまた大きな悩みとなってきました。。
元気な母は嬉しいんだけど。。
【*ygraciaさんへ】
こんにちは。お久しぶりです。
父の改善を喜んで下さってありがとうございます。

やっぱり、やっぱり、お母様も大きく改善されているのですね。
よかったぁ~♪
気力がアップして、明るくなるでしょ?
それに、記憶の改善もお有りなのですね。
お話もかみ合って、、それじゃ普通の方になられた?
なんて素晴らしい~。

だけど、お家へ帰りたい・・がはっきりされた。
状況がはっきりつかめていらっしゃるということですよね。
ygraciaさんの嬉しい悩みになりますね(^^)

私も密かに、みつこさんが今の状況がわかる時がもしもきたら、その時は家に帰る時と思っています。

【ygreciaさん】
お久しぶりです。お母様、どうなさったかと気になっていました。
お会いしたとき「もっとよくなりますよ!」と言ったままだったので・・。
やはり効果があったのですね。良かった!実は私、言った時点で、ちょっとだけ自信がありました(笑)。

私の勝手な予想を言いますと・・
この先怒り出すか?答:怒り出しません
気力はしっかりしているのに、怒らないんですよ、なぜか・・そしてわはっはと明るく笑います。
帰りたい願望も、いらいらして・・というより、ご自分がどこにいるか理解できるようになった結果でしょう。もう少し改善することにより、冷静に納得していただけると思います。
改善のお話を聞かせてくださり、有難うございます。

【横からですが~。】
きじとらさん 的確なアドバイス有難うございます!kuririnさん おかげ様で2ヶ月前の予定通り診察に行く事が出来ました。パンドラさん きじとらさんにもお礼言ってくださって有難うございます。しかし きじとらさんのコメントが 無かったら 昨日も今朝もGHにTELして(迷惑かも)様子を伺いましたらなんか元気が無くて普通だけどしょんぼりしてると聞いたのでせっかちな私はフェルガードを1包でも始めて貰おうかと思いましたが、このブログを拝見させていただくことに拠って 心強く落ち着いて考えることが出来ました。皆様、ありがとう御座います。
【ふたたび、ぷいぷいです。】
P.S パンドラさんへ アドバイス有難う御座います。本当に皆さん どんどん良くなって行かれると良いですね。ところで家は やはり24日までグラマリール朝夕50mmだけでは心配なのですが診察に行くと言ってるのに TELであちこち訊ねるのもおかしいし、GHの介護士の一人は皆、もう少し様子を見たいと思ってる。と言います。2週間ぐらい薬を止めても再開すると大丈夫だと思いますが・・。実は朝、共和病院にTELしたら話中でした。迷惑かも知れないけどなぜ貧血があるのかも聞きたいのでもう1度TELしてみます。
【*きじとらさんへ】
ygraciaさんへお返事ありがとうございます。
忘れていました。怒り出すか?ということ。
よしおさんが怒らないのですから、ygraciaさんのお母様が怒る事などないですね。
私も自信持って断言します。
【*ぷいぷいさんへ】
ぷいぷいさん、横からでも、上からでも、ご自由に書き込みお願いします。
アリセプトは体内から抜けるのに2週間とか言いますので、ご心配はないと思いますよ。
早く24日が来て、治療の道筋が決まるといいですね。
【パンドラさん有難うございます。】
落ち着き無くてすみません。GHの河野先生からの指示書きを渡した介護士に聞いたら先生の指示で朝1包、フェルガード服用してるらしいです。自分の事ばっかりでバタバタして申し訳ありません。重ね々々、良かったです。電話で話しましたが、落ち着いて筋道も通ってました。
【】
パンドラさん、きじとらさん、
お返事ありがとうございます♪
ほんとに、母の大笑いの声、何年かぶりで聞きました。
この先、怒りださないということ、信じて、
安心して、フェルガード続けます。
また報告しますね。
ありがとう!!!
【*ぷいぷいさんへ】
ご報告ありがとうございます。
良かったですね。
フェルガード100(?)1包の指示を出して下さっていたのですね。
お母様ともお電話でお話できたのですね。
これで安心して24日まで過せますね。
【*ygraciaさんへ】
明るい笑い声を聞くくらい嬉しいことはないですよね。
私も実感しています。
また更なる嬉しいご報告、期待していますね。
ありがとうございました。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。