2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

よしおさんが現在利用している介護サービスはと言いますと、
月1回、1泊のショートステイ。
週2回のデイサービス。
週2回のヘルパーさんによる夕食の用意と室内清掃で1時間。
以上です。

ショートステイはみつこさんの居る特養のショートです。
デイサービスはみつこさんが行っていたデイサービスです。
ヘルパーさんもみつこさんが在宅時、毎日来て頂いていた同じヘルパーさんたちです。

よしおさんは、認知症の先生からして、すべてみつこさんの後を付いていっている感じで、みつこさんのお古と言っては御幣がありますが、みつこさんで試して良かったものをそのまま流用させてもらっています。

みつこさんが初めてヘルパーさんに自宅へ入ってもらったのが、2005年の12月の終わりでした。
捻挫をして、お風呂に長く入れなかったため、ヘルパーさんに入浴介助をお願いすることにしました。
当時よしおさんは、物盗られ妄想もあるし、それ以前から、他人が家に入る事を極端に嫌っていました。
庭に庭師さんが入るのも嫌ったほどで、家の中に上がってもらうなどもってのほかという状態でした。
みつこさんの認知症が進んできて、よしおさんとみつこさんのふたり暮らしの家の中はすごいことになっていましたから、少しでもヘルパーさんに手伝ってもらいたいと私は熱望していましたが、よしおさんががんとして許しませんでした。

2005年の12月にヘルパーさんに来てもらうことにした時には、みつこさんの居室には入らない。玄関からお風呂場へ直行してもらう。掃除は台所、お風呂、トイレ、玄関とそれに続く廊下だけ。
あとの部屋はのぞいてもいけない。ということを徹底してもらいました。
もちろん物盗られ妄想があるので、疑わしいそぶりはしないようにとか、荷物は極力単純にして何かを持ち帰った思われないようにして欲しいとか、冷蔵庫は開けないとか、いろいろケアマネさんを交えて事前打ち合わせをしました。
しかも、私も必ず同席するという条件でしたので、私はその間、ヘルパーさんの入ってもらえない部屋の掃除をするようにしていました。

やがて、みつこさんが悪化して、毎日の夕食準備をお願いするようになったのが2007年の4月です。
その時には、ヘルパーさんはダメと拒否していられるような状況ではないことくらいは理解できたようで、拒否することもありませんでしたし、意外とヘルパーさんとお話しながら食事ができました。
居室に入ってはいけないというのも、みつこさんの介助もあって、部屋に入らざるを得ない事もあり、しだいに崩れてはいきました。

それでもいつも気を抜かないように、不信感を持たせないようにとヘルパーさんにも徹底してもらっていました。

その頃から来て頂いているヘルパーさんが、今日の夕食準備と掃除に来てくださって、「この頃はよしおさんはどうですか? やっぱり妄想とかあるんですか?」と尋ねられました。
「どう思われますか?」って逆質問してみました。
「そうは見えないです。穏やかですね。」と答えて下さいました。
あまり、穏やかなので、そういう質問をされたと思うのです。

今はヘルパーさんが来てくださると、鍵を開けて、あとはお願いしまーーーす。とお任せしています。
1時間たったら、もう一度行って、「ありがとうございました。」と、ヘルパーさんを迎えに行って、玄関の鍵を外からかけて帰ります。

ずっと夢見ていたことが、いつの間にか実現しているのでした。
関連記事
スポンサーサイト

【】
おはようございます!
この記事を拝見する前にちらっと、「よしおさんは今も変わらずに、ヘルパーさんを利用されているのかしら?」と考えていたのです。今も利用されていたのね!
母は物忘れが始まる前に、父が起きる頃になると具合悪い!と言い出したので、ヘルパーさんの派遣をすすめても拒否でした。やっぱり、家に他人が入るのがいやだったみたい。そういう人が物盗られ妄想を起こしやすい人なのかな?よしおさんや母のような感じなのかも?今おもうことは、介護認定された時点で、週に一回でもいいからヘルパーさんに家に入ってもらって、慣れてもらうといいと思う。認知症が進行してからお願いするより‥・。
でも・・・母の場合は、物盗られ妄想真っ盛りの時に介護申請したけどね。

業務連絡
11月14日のハッピーディ。
よかったぁ~!私もワクワクで~す!うれしいわ~! お話しきかせてね!
これも一重に、認知症の親たちのお陰だと思っています。
よしおさん・みつこさん、山○お母さん・そして我が母に敬礼!!  ありがとう!
【*ちゃーさんへ】
おはようございます!
よしおさんは現在週2回、ヘルパーさんをお願いしていますが、これにはちょっと問題がありました。(介護保険を使う上での問題)
ひとり暮らしではあるけれど、隣に娘が住んでいる。しかもフルタイムで働いているわけではない。
となると、おおっぴらに介護保険での家事援助などは使えないそうなんです。
しかも、よしおさんの調子も良いとなると、ヘルパーさん導入による精神的な効果(他人と接する)も必要ないとなると尚更です。
今はこそっと使わせてもらっています。

ヘルパーさん導入のタイミングは難しいです。
よしおさんの拒否はもうずっとずっと以前からで、どこからが認知症で、どこまでが性格なのかわかりません。
だけど、ちゃーさんのおっしゃるように、こういう性格だと物盗られ妄想に陥りやすい???のかしら。
女性は特に家事は自分でするという意識が強いから、また、別の意味で難しいかも。
今はそれに、明らかにヘルパー援助が必要と認められない限り無理なので(自費ならいいけど)余計難しいです。

業務連絡
ハッピーディのこと、ありがとうございます。
ご報告しますよ。思いは同じ。皆様に敬礼!!!
【物盗られ妄想になりやすい人!】
先日のハッピーディのときに話題になったこと。
女性で自立心旺盛(だった)な人は物盗られ妄想を起こしやすい!と小澤勳先生が本の中でおっしゃっていたのです。私の回りの物盗られ妄想を起こした人と見てみると、頷ける!
まず、うちの母。70歳ちかくまで、一人で商売を仕切ってきた。40年近く病院の婦長さんをされていた方。ご主人を早くに亡くして、仕送りしながら子供二人を高校までだした方。

ぐーたらで働くことが嫌、そのくせ血の気が多い私は何妄想だろう?

【爺様が心配etc】
最近、よく思うのですが、母のことにかまけている間に、父の頭の中で密かに、静かに起こっていることを見逃しそうだな・・と。
父に小さな異変があっても、当然、母は気づきませんね。私は1週間に何度も会いますが、せいぜい長くて1、2時間。そうそうボロはだしますまい。
爺様はご承知の通り、個性あふれるしっかりモノです。この人、認知症になったら、相当なことになるでしょう。何せ家の中で50年以上、未だに「君臨ちゃん」なのですから。指図好きの指図され嫌いは徹底しています。
そういえばこの頃、ちょっと前まで絶無だった物のしまい忘れや、勘違いなんかも時々あるしなあ・・や・ば・い・・・

さて妄想のことですが、とても当たっている部分が多い気がします。財産管理・家計の切り回しが得意分野で、自信があった方々だから、不都合が起こると、まさか自分のせいでそうなっているはずはない!自分以外の誰かのせいだと発想するのかもしれない?
じゃあ私はどうなるんだろう?家の中の得意分野がないぞ。家計簿は2日以上続いたことがないしなあ。やめるときにはいつも立派な大義名分を思いつく。いやあ・・やっぱり要るものは要るんだよねっと。しょっちゅう家の中でものが行方不明にもなるが、おお、家の中にブラックホールがあるに違いない、そのうち宇宙のどこから再び出現するぞ!と思うことにしております。そして、冷蔵庫の上とか、洗面所とか思わぬところから、それが必要なくなった頃を見計らったかのように、ちゃんと出現します。つまり私はどの分野もしっかりしとりません。
こんな私は何妄想?
【実は…】
きじとらさん、実は私、きじとらお父さんんことを心配していたのです。
老いてからの配偶者の介護はかなりのストレスとなっていると思うの。それは、我が母が鏡です。
若いとそれなにり活動的だし人間関係も円滑にできるけど、老いるとそのストレスもうちに溜め込むようになるんじゃないかって。それが、認知症につながる!と私は母を見て思っています。認知症の過激な陽性症状は、溜まったストレスの発散かも?
配偶者の介護をしていても認知症にならない人がいますが、よく観察すると、その人たちは社交的。介護もそこそこによそのお宅へお邪魔し、おしゃべりしまくり。ついでに、ご飯もご馳走になったりと‥・。
あ、もし、もしもきじらお父さんが認知症になって、きじとらさんが二人を看ることになっても、なんとかなるって!かなりアバウトB型人間の私でも看られてるし、パンドラさんも看ていたんだよ。なんとかなる!より、なんとかさせるのだぁ~~~っ!
ちなみに、長谷川式テスト一点のばあちゃんは、ストレスが無かったのだと思う。だから、一人で回りにも迷惑かけずに、コロコロと一人暮らしできたんだね。
【*ちゃーさんへ、*きじとらさんへ】
よしおさんは、ある面ではちゃー母さんと共通点があるけど、きじとら父さんの方が気質的には似てる部分が多いです。

家計のきりもり一切誰にも任せられない点です。
それだけでなく家長として絶対君主で君臨していました。89才になるまで。もちろん流石に不可能になってはいましたけれど、する気は87~8才まであったと思います。すべて自分で支配していました。
ボケてきたんで家計簿つけとかいい加減になってしまいましたが、以前は毎度買い物ツァーから帰るたびに着替えもせずに財布の中身をぶちまけて計算していました。
ちょっと偏執的なところがあって、買い物もレジを出る前に私にかごの中身を暗算しろと言っていました。←自分のかごのことね。

ことは金銭だけじゃなくて、たとえば庭に栗の木があるのですが、この栗の管理権限はよしおさんが握っているわけです。
イガを向いて、実を出してとたいへんなのはわかるけど、誰に何時さしあげるかまでみつこさんの勝手に出来なかったのよ。
その他もろもろ、すべて自分の思い通りに支配していました。

みつこさんも相当きついけど、よしおさんには押さえ込まれていたから、ストレスでうつうつとしたことは理解できます。
それが認知症へと繋がっていったかも~。そう思うと可哀想。

よしおさんが認知症になれば、物盗られ妄想がおきるのは自然の摂理って気がします。どっから妄想になったのか区別がつかないくらいだもの。よしおさんは素質がありました。

長谷川式で1点のお婆さんは、そういう気質的なものもなくて、ストレスもなくて、ほんとうに認知症の中核症状だけで過せたんでしょうねぇ。

きじとらさん、お父様も早めに禁制のブツがよいのでは・・・。
お父様はきちんと(整理整頓、家事など)されてるところがよしおさんとは全然違いますけど。

私は認知症になったら、泣き暮らして、恨み言一杯言うかもしれないわ。あぁやだ。NEWフェルガード飲ませてもらおう!
【爺様の未来】
さて、でかけるか?といってこちらのブログを最期に覗く自分が怖い!

うちの爺様ですが、今でも整理整頓完璧です。しかも完璧な段取りちゃんです。1ヵ月一度、掃除機ではモノ足りん!といって自分で全てのフローリングを拭き掃除するような爺様。私のようにのんべんだらりと一日を暮らすことが嫌いです。ヒマさえあれば近くの大型スーパー(専門店も入っている複合型ショッピングモール)へ寄り、紳士服売り場で、こジャレタものがあればチェックして値段を記憶、3割引きになるのを虎視眈々と狙います。だいたい60代のファッションを狙ってます。相当シャレ者です。季節季節に何か必ず新しいものを買っています。婆様の5倍くらい、洋服持ってます。私よりはるかに買い物好きで、物価、流行、品質、全てに強い!
フェルガード100は単独でのむと胃が悪くなるのだそうです。私は、じゃあ、食事中に一緒に飲んだら?としつこく言っていますが、心配するな!オレはころっと死ぬからな!と言い張っています。勿論、私は全然信じていません。最近は母絡みのストレス激減のようで、母の世話をすることで、却ってそれが、しっかりせにゃーパワーにつながっているようなところがあります。
母の状態が悪かったときは、母が外出しているときを狙って、毎日もうダメ!を訴える電話がありましたが、ここ半年ほどトントありません。せいぜい、シュークリームを全部食べられてしまった!許せん!くらいのものです。
最近は、母を安心させるために、時々自分もわざと物忘れしてみせたり、なかなかの役者っぷりも見せております。
うーむ、今後どうなるか楽しみ?です。
【*きじとらさんへ】
1日何度でもここは覗いてください(笑)

きじとらさんのお父様は、うちのボケボケ爺さまとは全然別の種類のお方でした。似ているだなんて大変失礼を致しました。
一家に君臨しているという事実だけが一緒なだけです。
よしおさんなんて、無茶苦茶もいいところ、自分のしたいことだけしかしませんし、みつこさんの介護どころか、自分も介護が必要な状態なのに、うちを乗っ取る気かぁってみつこさんを人質に立てこもって居ただけですもの。
思い出すと腹が立ってくるので、過ぎたことを言うのはやめます。今が良ければよいのですからね。
きじとらさんのお父様はご立派。大拍手ものですよ。

フェルガードは胃に悪いですか?どうりで、私最近胃の調子が悪くて、食事と一緒にとるようにしようっと。

>最近は、母を安心させるために、時々自分もわざと物忘れしてみせたり、なかなかの役者っぷりも見せております。

思いやりの気持もお持ちで・・もおぉ、絶賛してしまいます。


【パンドラさん・きじとらさん】
東京の半袖から、明後日には綿入れちゃんちゃんこの生活に戻ります。次回の帰宅は年末。また24時間の介護生活にどっぷり浸かってきますね。

パンドラさんへ
《よしおさんなんて、無茶苦茶もいいところ、自分のしたいことだけしかしませんし、みつこさんの介護どころか、自分も介護が必要な状態なのに、うちを乗っ取る気かぁってみつこさんを人質に立てこもって居ただけですもの》
おーーーっ!おもしろい!
パンドラさん今日も絶好調ね。いいよ!いいよ!

よしおさんのワンマンぶりはすご~い!家計簿つけていたとは…。私より立派!
ブログの中にもエピソードであったわね。よしおさんはお買いツアーの後で、レシートとお財布の中のお金を確認したり‥・。栗の木の話もあったね。栗は勝手に人様におすそ分けできなかったの?まさか、よしおさん‥・ケチ?娘のパンドラさんも支配下にあったの?私はわがままだから、よしおさんタイプの旦那は苦手。結婚3日目で三行半突きつけられちゃうわ!みつこさんのストレスも分かるわ~。

きじとらさんへ
きじとらお父さん、まだまだ大丈夫のようだね。ちょっと先回りしすぎの心配でした~。母はご近所でも有名の几帳面人間。人のした後に自分の気に入るように直すの。玄関に敷いてある四角いタイルの一辺に沿うように靴を並べること。下着は洗濯機で洗わず、お風呂に入った後でこっそり洗って干すこと。テレビ番組もお笑いなどのくだらない番組は電気料の無駄なので観ないこと等など…。家の中では決まりがいっぱいなのよ。母の制定した条例を守らなければヒスをこすので、仕方なくしたがっていたけど、父はマイペースなので、いつも母にヤキを入れられてました。でもね、その父の母に対しての評価は「お母さんらしいから、あれでいいんでないの!」とへらへら。ちなみに母がボケる前に好きだったテレビ番組は、日曜朝九時からNHKで放送される政治討論。「小沢は、もう少し男気のある男だと思っていたけどね‥・」なんて言ってた。硬派ばばぁでしょ!ちなみに、母はどケチよ!

【*ちゃーさんへ】
こちらで過されて少しは英気を養うことができたでしょうか。
もうじき、また冬の世界ですね。
お父様、お母様、きっとお待ちかねですね。
体がふたつあればいいのにね。

よしおさんのわんまんぶりに笑って頂いてありがとうございます。
それに私のことまで冴えてるとお褒めを頂いて嬉しいです。

よしおさんはどケチもいいとこよ。
私も私の夫も支配下よ。何故そんな力があるのかわかりません。
たぶん永遠の謎です。でもいいの。過ぎたことは。
今は好々爺だから。私はF100を神棚に上げたいぐらい。

ちゃーさんのお母様のお話、面白い!!!
タイルの目地に沿って靴を置くなんて、私みたいないい加減な娘が側にいたら、怒りで卒倒されちゃうわね。

【親の話は続くよ】
ちゃーさん、もうすぐ冬の国へお帰りですね。ご両親様お待ちかねですよ。
あーおまえ、もう帰ってこないかと思った!とか言われませんように!今度は年末ね。また待ってますよ!
とか言いながら毎日だべるに違いないので、距離感がわかないなあ・・

我が婆様は、インテリに対してコンプレクスがあったみたいで、大の教育テレビ好き、教養・高学歴に弱い、学者に弱い、机上の空論好き、正しいことをすれば必ず自動的に報われると妄信、武士は食わねど高楊枝型。対する爺様、大のど自慢番組好き、教養より実利好き、学者はへなちょこだから?嫌い、理想と現実の乖離を認識、物欲大肯定型で貧乏武士より悪徳商人志望。

やはり婆様は、生っちょろい甘ちゃんね。爺様のほうが子供の時苦労した分、現実対応能力が高いってわけだ。それに物欲という、わかりやすい楽しみをもっているから、気晴らしもできやすい。

お気に入りのシャツが3割引きになるまで、どうぞ売れませんように!と一日二回売り場にいって、そのシャツを、なるべくお客さんの目にとまりにくい下のほうに押しやったりする小技も使うんだから・・。さすがに流通業界出身者ね!でもものすごくせこいわお父さん、お願いだから、もうそんなことはやめてね!きっと店員さんにバレてると思うよ。

それにうちの爺様、いまでもものすごい暗算力の持ち主。スーパーで3つ4つのものなら、たちどころに暗算して、たとえば1874円なら、端数なしか、あるいは2075円とかを、すでに並んでいる時点で用意済み。レジでお年寄りがお金を出すのに手間取ってると、ものすごく怒る。「長い間並んどる間に、ボーッとしとるヤツじゃ!次に人のことも考えんか、全く・・だから年寄りは嫌われるんじゃあ!」とか叫ぶ。次の人のこと?うーんシャツの場合は、どう関連づければいいですか?おとうさん。

うちの爺様は、よしおさんの栗の木、ちゃーままさんの政治討論会にひけをとらぬ、個性(良い表現でしょ)あふれるエピソードの持ち主であらせられます。
【*きじとらさんへ】
お母様、特にお父様の面白エピソードありがとうございます。
お父様のシャツ隠しはチョー面白いです。
暗算も素晴らしい!!
他のご老人のことをイライラするあたりもすごい若さです。
認知症のにの字もないですよね。

よしおさんやみつこさんの今だから笑える・・という話はまた時々いってみようと思います。
きじとらさんもまたお願いします。
【】
「介護者は語る…今だから笑える編」を、またお願いします。
こうして語り合える今を「幸せ!」に思うよ。
ボケガード、あ、間違えた。
フェルガードと親友にバンザ~イ!

【*ちゃーさんへ】
到着第一便でしょうか?
お疲れ様でした。
ちゃーさんも、「今だから笑える編」が引き続き、続けられますように~♪
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking