2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

みつこさんは、傷の具合次第では受診すると言う予定でしたので、朝訪ねて参りました。

10時過ぎでしたが、まだ起きたばかりでしたが、きちんと洋服に着替えさせてもらっていて、朝ご飯の最中でした。
今はもう鎮静剤も、痛み止めも使用していません。

髪の毛もドライシャンプーしてもらって、すっきりしていました。

巷では、今、フェルガードで髪が黒くなると評判ですが、みつこさんの後ろに立って、しげしげと頭を見つめていましたが、それはちょっとわかりませんでした。
これからは、じっくり観察してみようと思います。


パジャマ生活も卒業して、無理のない範囲で起きて、普通の生活をしています。

看護師さんが、「傷の具合を見て、治りが悪ければ受診するけれど、良ければ、今日は行かないから、傷を見せてね」と、みつこさんと一緒にお部屋に戻りました。
お部屋に入って、Tシャツとアンダーシャツを捲り上げて、傷を見せてもらいました。
まだ、フェルムが貼ってありますが、傷はきれいに治っていました。

みつこさんは、何の抵抗もなく、とっても協力してくれます。

フィルムを貼った状態で、午後から、お風呂も入れてもらい、その後フィルムを剥がして消毒してもらうそうです。

そして、これで、傷の治療は終了になります。
たった10日足らずで、綺麗に治って、回復力もあり、何て若いのでしょう!

せっかく訪ねて行ったので、以前のように喫茶室でココアを飲みました。
飲みっぷりがいいでしょ?

mitsuko08919
関連記事
スポンサーサイト

【ココアおいしそう】
こんばんは
飲んでいるのはココアでしたか。
みつこさん順調に回復しているご様子で安心しました。
それも10日ほどで、以前のような生活を送っていられるなんてすごい回復力ですね。でも動いたりする時は、まだ傷口がつっぱったりして痛かったりするのでは? 私が手術した時は術後10日目では傷が痛くてまだヒーヒーしていましたから。(腹部ですが)でも、施設にいれば毎日看護師さんが診てくれますから安心ですね。
ところで認知症ねっと、おかしな事になってしまいましたね。残念でたまりません。
【*めいさんへ】
おはようございます。皆さんお元気ですか?

母が飲んでいるのは、いつもミルクココアです。
「美味しいね」と言いながら、飲んでくれます。

10日で、すっかり元通りというのは、私もびっくりです。
めいさんは内臓の手術をされたので、動くと筋肉がつっぱって痛いというのが続くのだと思いますよ。

施設で看護師さんがいつもついていて下さると言うのはとっても安心感があります。
この状態で、在宅だと不安なことが一杯でてきますよね。

母については、これが一番という方法がとれたようで、ほんとうに良かったと思っています。
応援ありがとうございます。

「認知症ねっと」思わぬ方向へ行ってしまいましたね。
でも、ディスプレイさん他の方がおっしゃっているように、あの掲示板を頼りに生活されてる方がたくさんあるのですから、大切に荒らしてつぶさないようにしていきたいと思っています。
投稿する時にはコピーを残して、悲しい思いをしないようにしないといけないですねぇ。
【パンドラさんヒマ?】
パンドラさん、お二人が超順調でヒマですか?(笑)
今の間に気力をチャージですね。もっとも2年前のようなことはもうおこりませんから、構えて待っている必要なんかないですよね。余裕をもってご両親の介護ができるなんて、なんて素晴らしいのでしょう!

めいさんへ
認知症ネットは激しいクレームと逆クレームが一緒にきていると思います。無管理だといわれるのはいちばん困るので、管理側としては何もしないわけにはいかないのでしょう。
それにフェルガード類やANM176を実際使い、あの驚くような効果を体験した人でないと、効果はガセに聞こえるのはしかたないかもしれません。
長年やってもやって無力感が残る介護を献身的に続けてきた人にとっては、信じがたいことで、さぞ抵抗があるでしょうね。今後、認知症ネットは治療派と介護派真っ二つになるでしょう。何の事はない、二者択一の必要はなく、「フェルラ酸剤を使ってみて、きけばそれで良し、効かなければ、あの手この手で、勿論どちらの場合も介護のやり方もしっかり考えて」というのが、どう考えても一番よさそうな方法です。
まあ、困って初めて読む人が、このフェルガードって何だろう?と思ってくれれば、それから後はその人の判断で何とでもなりますから、情報は得られると思います。

ご家族の具合はいかがでしょうか?お舅さまのプンプンはおさまっていますか?お母様も受診されたのでしたね。
【*きじとらさんへ】
うちの場合は最初は介護だけの一輪車、医療の方はみつこさんは検討違いの輪ッパがついていたし、よしおさんは「なし」ということで、青息吐息のふらふらの介護車だったのが、医療面が整ってきて、やっと両輪そろった車になったというところでしょうか。
これからは両輪のバランスを見ながら、余裕でやっていけそうです。

認知症ねっとの方は、管理者さんとしては致し方ない面もあるのだろうと思いますが、書いても消されてしまっている相談者さんはたいへんです。
ブラックリストに載ってしまった回答下さる方々もです。
介護派対治療派で過激な争いをしても意味はないので、私としては介護一辺倒で疲弊されてる方の気付きの場になってもらえばと思うのですが・・・ご本人がその気で読んで下さらないと難しいですね。
きじとらさん、頑張っていらして尊敬します。
【介護だけしたい人達】
認知症患者家族側の思考停止というのは大きな問題です。まだまだ大多数の人には、認知症は薬で改善するわけがない!という信念があるようです。心優しく献身的に介護するが、治療方法にはとんと無関心で医者任せ、それで家族の認知症はどんどん進み・・。治療にあれこれ発想せずに、ひたすら介護に邁進していることが、患者に対する「善意にあふれた患者遺棄」につながっているかも知れないという危惧を、少しでも持っていただけるとよいと思います。←過激ですか?

がんばっているのは、私だけではなく、パンドラさんもでしょう(笑)。さりげなく登場しているじゃあありませんか!今の治療法に行き着くまで、我々は一筋縄で来ていません。だから打たれ強い?いやしつこいだけかな?
別に始皇帝の焚書坑儒じゃないのだから、あの手この手があると思います。あまりにひどければ他の板に移ることも考えますが、やはりあの掲示板に来た人で救って挙げられる人は、一人でも多く救ってあげたい気持ちが強くあります。自分がかつて味わった(おそらくパンドラも、ちゃーさんも、めいさんも)あの絶望感は、他の人に味わって欲しくないのです。たとえば3679の方に対して、薬剤やサプリの正しい方向性を示さず、家族の心構えや介護の方法だけを示すとしたら、相談者を間接的に地獄に突き落とすことになります。この点は自信をもって言えることです。
【*きじとらさんへ】
私も以前にもお話しましたが、混乱の最中にある時に、「あなたは介護ばかりで医療を考えないの?」と言われたことがありますが、それでも、「医療って、ちゃんと初期のころからお医者さんに診てもらってるじゃない。」と思ったことがあります。
そのくらい、わからない人にはわからないものなんですね。
その辺を噛み砕いて優しく話せたらなぁと思うのですが、難しいです。

確かに、河野先生のブログや、社長のブログや、コウノメソッド実践医の先生のところへたどりついていらっしゃる方は既に道筋が決まりつつあるのですから、後は先生方にお任せすれば言い訳で、認知症ねっとの中で逡巡していらっしゃる方にこそ、こっちですよーーーと道を示してあげられたらと願います。

「善意にあふれた患者遺棄」←過激じゃないです。
まさに、自分が母に対してそれをしていた、ずっとそういう気持で自分を責めています。今も。だからこそ、こういう思いをもう誰にもして欲しくないと思います。

コウノ先生がHPを立ち上げられるようなお話が社長のコラムのコメント欄にありましたが、認知症ねっとの中から、そちらへ道をつないで上げられる人がひとりでも出ればと思います。
その前に、めげちゃうかもしれませんが・・・。
【】
パンドラさん、こんばんは!
みつこさんの飲みっぷり…。ゴクゴク飲む音が聞こえてきそうな感じですね。早期に、ここまで回復でしたことは本当に喜ばしいことです。それ以外、何もありませんね!

認知症ねっと
私もパンドラさん・きじとらさんと同意見です。コウノ先生、コウノメソッド実践医、そしてフェルガードにめぐり合えれば、現在の認知症治療においては、八割がた完了と言ってもいいくらいですよね。調べてみると、私が認知症ねっとを見るようになったのは、昨年の二月はじめからでした。色々な相談がありましたが、医療面での相談は皆無だったように思います。それだけ、介護者の思考の中には「認知症は治らない!」という思いがあったのではないでしょうか?陽性症状(物盗られ妄想)の相談に、「進行していくと落ち着きます」というような言い方のコメントを目にしたことがあります。これは、コメントとして無責任すぎます。改善には多くの選択肢が必要です。多くの灯りで介護者を照らしてあげてることで、患者本人にも多くの改善策を投じることができるからです。認知症ねっとは多くの介護者の足元を照らす消えない灯りであって欲しいのです。

めいさん
お久しぶりです。お父様は、ご機嫌よくフェルガード仕立てのお味噌汁を飲んでくださっていますか?おばあさまは暑い夏を元気で乗り越えられましたか?お母様の治療のほうはすすんでいますか?画面の向こうからではありますが、気にかけていますよ。ため息がでそうなときは、ここにおいてってください。とっても可愛いパンドラ姉さん・しっかりもので頼りになるきじとら姉さん、そしておちゃらけちゃーがお相手させていただきます。
【*ちゃーさんへ】
みつこさんは短期で、すんなり回復してくれました。手術に踏み切って良かったと思います。

「認知症ねっと」で相談されている方の中に、まだまだ「薬、薬と言わないで」「温かい介護に勝るものなし」というお気持の方がいらっしゃるわけで、私としては、そんなこと言ってるとみつこさんの二の舞になる・・ということを是非お伝えしたい訳です。

ちゃーさんは2月から認知症ねっとをご覧になっていたのですね。
私はそういうところへ全然行ってないのです。
余裕がなかったということもあるけど、「介護、より良い介護」って言われるのが嫌だったということもあるの。
もう、充分介護していたから。具体的な方法なら、ケアマネさんに直接教えて頂いた方がわかりやすかったしね。
コウノ先生のブログでフェルガードのことを知った時は、頭をがーーーんと叩かれた感じで、「もう、これしかない!」と思いました。

>とっても可愛いパンドラ姉さん←姉さんにしてもらっただけでも凄いのに、とっても可愛いなんて言われたら、どうしよう!!穴を掘らなきゃ。友ちゃん、掘って!!


【パンドラさん きじとらさん】
我が家のこと気にかけていただきありがとうございます。

父のプンプンはおさまっています。本当に大声をあげることはなくなりました。会話をしていて興奮し出すこともないです。落ち着いて会話ができるようになりました。ただ、母が色々できない事がたくさんあり、父はそれに対しイライラして怒る事があるのですが、私が中に入ればトーンダウンして、最終的には「しかたがないなあ」と笑ってくれます。あの父と笑って話ができるんですよ。ただフェルガードを2包にして一時期あれがないこれがないと言って母のせいにしたり、愚痴っぽいことを言ったりした時があって、1包に戻しました。今のところ1包で順調です。耳鳴りも今の所しない様です。毎年季節の変わり目に不調を訴えていたので、これから先ちょっと気をつけてみていきたいです。

母は今月初めに、適切な治療を受けることができアルツハイマーと診断されました。3年ほど前おかしいなと思ってかかりつけの先生に診てもらいCTを撮って老人性認知症と言われ、アルツではないのでお薬はない、ケアーマネージャーさんに相談してデイサービスなどを利用するようにと言われ無知な私はその言葉を信じてデイサービスに行かせようと必至でした。「そんな所に行くぐらいなら死んだ方がましだ」とか言われ実際デイに行くようになったのはそれから1年ぐらいしてからです。それから認知症はゴロゴロと転がるように進行し、先日受けた長谷川式はほとんど答えられませんでした。「善意にあふれた患者遺棄」以下の状態ですね。もっと早くにと今となって悔やむばかりです。が下を向いてはいられません。「適切な治療と介護は改善のための両輪」この事を教えていただき理解した以上、目の前の3人の様子をちゃんと見据えて前を向いていきます!!
で、母の様子ですがフェルガード100、2包で少し元気が出てきたのですが、あまり目立った変化はまだありません。3包にしようかと思っています。今週母は風邪気味で風邪薬をもらって飲んでいるのですが、その薬に反応してか、デイでとても陽気で喋り続けていたそうです。2か所のデイで同じことを言われました。

うめさんはフェルガード2包で好調です。
デイでみなさんに笑顔を振りまき、場を和ませスタッフの皆さんを癒しているようです。何も言うことありません。
ただ、7月に2人の介護認定があって結果が出ました。(フェルガード飲む前です) それぞれ介護度が上がり母が要介護3、うめさん要介護4になりましたが デイやショートの利用を増やせるのでOKです。

認知症ねっとのことは残念ですが仕方がないですか
コウノ先生がHPを立ち上げて下されば何よりです。
削除、削除で頭にきますが、さすが、きじとらさん。
きじとらさんが吼え続けてくれているのでうれしいです。
【めいさんへ】
あのお舅様と笑って話ができるなんて、うっそー!って感じでしょうか?お舅様も、怒るネタがなくなって気分爽快だと思います。
お母様のこれからは、陽性症状か陰性症状か見極めて、薬もしっかり選択していけば、おそらく改善なさると思いますよ。もうめいさん自力でいけるでしょう。良かったですね。

パンドラさんとちゃーさんはよく知っているから省略!

我が家は飲みすぎている?フェルガード類を少し減らす作戦に入っています、何せ1日4~5包のんでますからねえ。グロービアさんから「1年間でいちばんたくさんのんだで賞」がもらえそう。
コウノ先生も絶句でした。ははは、きじとら、暴走しっぱなしです。
でも逆にこれだけ飲んでも、アルツなら死にません!てことがわかりました。皆さん安心してね!
【きじとらさんへ】

「1年間でいちばんたくさんのんだで賞」…うまいっ!
【ちゃーさんへ】
こんばんは
お久しぶりです。うめさんのトイレ介助から戻ったらちゃーさんからコメント発見。うれしいです。
はい、父はフェルガード入りお味噌汁を何の疑いも無く飲んでくれていました。が、3日前から抑肝散に混ぜる方が飲みやすいかと思って抑肝散に混ぜています。こちらも変わらず飲んでくれています。
うめさんもお医者様にかかることなくこの夏なんとか乗り切ることができました。母は上に書いた通りです。
こんな私にを気にかけていただきうれしく思います。
とっても可愛いパンドラ姉さん・しっかりもので頼りになるきじとら姉さん、そしておちゃらけちゃーさんとお三方が付いていて下さるので心強いかぎりです。たぶんちゃーさんは私より年下かと思いますが、その辺は濁すことにしましょう。
私が認知症ねっと出会ったのは今年7月からです。ここに出会ったのもほぼ同じころ。出会えてよかったと心から思います。たった2か月半ほど前の事です。何度も言いますがあの頃の私から今の私は想像もつきません。おそれ多くて、お三方には足を向けて眠られません。て、私はどちらを向いて眠ったら良いのやら。とりあえずおやすみなさい。
【きじとらさんへ】
再度ありがとうございます。
母のことはあせらずじっくりと構えています。
なんせ心強い味方が3人も付いていて下さるので、今は何の不安もありません。
これからも迷った時はご指導よろしくお願いいたします。
【*めいさん、ちゃーさん、きじとらさんへ】
*めいさんへ
*ちゃーさんへ
*きじとらさんへ

おはようございます! 昨晩(今朝早く)はたくさんのコメントありがとうございました。
私は昨日は久しぶりにコンサートに出かけてきました。
「中村紘子」さんが、当方の市民ホールまで来てくださいました。
私より一回りくらい年上の紘子さんが、あのバイタリティーで2時間近く素晴らしい演奏を聞かせて下さって、私もデレデレしてちゃいけないと思い直しました。
----------------
めいさん、お三方のご様子、詳しくご報告ありがとうございます。
皆それぞれに上手にドラッグコントロールもできていて、ほんとに良かった。7月からたった2ヶ月でこの状態って、ほんとに優等生ですね。
めいさんの気配りが素晴らしいです。
私ときじとらさんとちゃーさんと、、、それぞればらばらな地方なので、めいさん足の置き所がなくなっちゃうでしょ?

お母様は急速に悪化と一途だったようですが、まだまだこれから盛り返せるような気がします。
強い味方の主治医の先生ができたことですから、二人三脚で頑張ってください。
また、時々遊びにきてくださいね。
-------------
きじとらさんへ

お母様、維持量を探られているのですか?
どのくらいの量が維持量として適当でしょうか?
個人差があると思いますが。

うちは父は様子をみて、維持量を探ろうと思います。
2包かなぁ?

みつこさんは体調が落ち着いたら更に浴びせ掛けようかと思っています。
6包へ向けてです。
「1年間でいちばんたくさんのんだで賞」を譲ってもらうことになるかも(笑)
-------------------
ちゃーさんへ

きじとらさんの造語はいつも面白いですよねぇ!
「1年間でいちばんたくさんのんだで賞」
今度↑うちがもらおうかと思案してます。
ちゃーさんちは最近変化ありませんか?


【】
パンドラさん、またまたこんにちは!
昨日は中村紘子さんのコンサートに行かれたとのこと。きっと、心身ともリフレッシュできたのではないかしら。「感動」は若さの秘訣らしいですよ。いつまでも「お~~っ」「ヒェ~~ッ」「ほぉ~~っ」と叫んでいたいです!ところで中村紘子さん(実物は拝見したことがありませんが)、今もあのおばさんパーマでしたか?笑

ぜひとも、(Newフェルガード)ガーデンアンゼリカの効果を母に…。と、色々と量を変え飲み方を変え試してみてはいるのですがすっきりとは行きませんね。八月はじめに感じた効果以後は横ばいといった感じですよ。母の場合、ガーデンアンゼリカの効果を確認するのは、長期戦になりそうな感じです。
父はフェルガード100→Newフェルガードに変えて、嚥下機能が改善されました。調子にのって、一日2包に増量したところ、拒否があったために今は一日1包。もしかしたら、半包でもいいかもしれません。ただ、この頃は車椅子に座っていると疲れるようになり、そうなると食事もままならなくなってきています。今は、車椅子で二時間座ってはベッドへよっこらしょの往復です。寝たきりとオムツだけは避けたいと、母とともに16年間頑張ってきたので、これからも老体に鞭打って頑張っていきま~す!
【追記】
とっても可愛いパンドラ姉さん
パンドラさんのお歳は想像付くので、お歳からすると、めちゃ可愛い女性ですよ!ご主人様には、目の中にいれても痛くないほどに可愛がってもらっているんだろうなぁ。我が夫は私のことを、「漂流して一人無人島に暮らすことになっても、木の根っこ食べても生きていけそうな人だよね」と。ま、私は雑食系の大食漢ではありますが…。かわいらしさの微塵もないってことですよ。(え~~ん!泣)
【*ちゃーさんへ】
中村紘子さんは、終始一貫あの髪型です(笑)
でも、私は感動してます。その強い意志に・・・。
何が変わろうと何十年と髪形を変えないなんて、凡人じゃできないですよ。
ともかく、エナジーを貰ってきました。

お母様はまだまだNEWフェルガードで調整中。
お父様は嚥下に効果が見られたのですね。
コウノ先生のブログかで、「胃ろうの方がビフテキ食べた」とかありましたね。
それに某所で、血清アルブミンがどうとかこうとか、兎に角末期的な状態の方が持ち直した例があるとか・・
倒れられてから16年、寝たきり、おむつにさせないように頑張ってこられたおふたりの(本人も入れて3人の)頑張りを、更に花開かせたいですね。

私は決して可愛らしいタイプじゃないんだけど、最近フェルラ酸効果を少し感じ始めています。
7月からずっと飲んでるのだけど、お肌の調子がいい。
睡眠不足の割りにすべすべしてるもの。
昔の人は米ぬかで体も洗っていたんですものね。いいわけですよ。

うちのダンナは5才年上なのに、どっちかというと、自分が甘えたいタイプらしい。
頼りにならない私を頼りにするから、苦しいゎ(笑)
ちゃーさんのご主人はひとりで生きていける人で偉いゎ。

【】
お母様の癌発病の記事から心配していましたが、
順調に回復されているようで良かったですね!

私も先週2年ぶりに子宮ガン検診を受けてきました。
一昨年叔母が子宮ガンになってから「私も行かなくては。。」と思いつつ腰が重かったのですが。

実家の母も何だか心配になってきました。病気の後遺症かと
思い続けていましたが、父は定期検診の度に認知症じゃないか聞いてこいと言うし、ネット調べると「老人性うつ」の症状にそっくりで・・・。
近日中に母の姉が通っている神経内科の先生に、ちょっと聞いてもらい妹に話してもらう事になりました。
姉じゃ「ふん!」って顔されそうだし、妹の前では母は結構シャキッとするんですよねぇ~~~。
【治療夜明け前etc】
私はちゃーさんのお父様はオムツだと思ってました。
そうでないとはすごい!驚異の介護力ですね。倒れられて16年!いやあ、すごい!私はちゃーさんを心から尊敬します。

認知症ネットはイワタ先生再登場で、最終警告発令!完全撤退の模様ですね。私も削除されるから、投稿する前には必ず原稿残しておいて、削除されたら、すぐさま改定して再登場です。ちょっとめんどくさいなあ。ドクター連やら常連さんやらがいなくなると、またまた、グチと慰めあいの世界に逆戻りですか?グチをいったり慰めてもらったりするだけがいい人が、結構多いとは驚きです。私なんか、ええい!四の五の言わずに、どうしたら改善するか教えてくれい!と思うほうですが。慰めてもらうだけで、少しでも改善させてくれる具体的な服薬ヒントなんかが皆無で、そんな嬉しいのかな?私にとっては、実に不可思議!

服薬=抑制のイメージがあるんですかね?きっと服薬=治療→改善のイメージが全然わかないんでしょうね。患者を改善させたことのない医師に洗脳されてるいるのかも。かわいそうに・・。一所懸命介護して、結局、患者をただ放置して、悪化させているだけなんだというのに気づかないんですねえ。これは悲劇以外の何者でもないです。数年後、あの時自分が介護ばかりして、正しい治療にトライしなかったことを、介護者が死ぬほど後悔することがないように、何とかしてあげたいけれど、何せ相手は邪教を信じているようなもので、困った困った・・。まあ、もうひとふんばりしてみるつもりです。

別の掲示板は、おそらく近々できるでしょう。改善さえようと真剣に方法を探している人なら、最先端知識のある医師やら、使用経験豊富な患者家族に、直接相談できるほうが絶対いいにきまってますから。何を、どれくらい、どのタイミングでのませたらよいかを知りたいはずです。特に若手?の患者家族は、鼻がきくので、治療系に必ず傾くでしょうね。
それにしても最近の認知症ネットをみていると、私自身は川筋者(遠賀川の川筋の意味で炭坑気質で血が熱い!)の血が流れていて、いかんいかん冷静に書かなくちゃ!と思っているところですが、私より遥かに熱い人だらけでびっくりです。

かつよさん、お元気ですか?
お母様、具合はいかがですか?
【きじとらさんへ】
こんばんは、きじとらさん!
尊敬するきじとらさんに褒めていただくと、もう、私デレデレ~。
父はリハパンに尿取りパッド併用です。ま、このような状態なんで、オムツではない!といいきれないかもしれないな。ただ、一日三回はPトイレを利用させるので、オムツにはしていないのです。この一日三回のPトイレが、こりゃもう重労働で…。先日もディの相談員さんから、「ディでは二人介助でトイレを利用してもらっているのでが、ご自宅では大丈夫ですか?」といわれましたよ。Pトイレはベッドに横付けしての利用なので、立ち上がりのときにふらついて転倒しそうになっても、ベッドに押し倒すと怪我はしませんから。それに、認知症の母も今はお手伝いしてくれているので大助かりです。なせばなる、オムツなしでも…ってとこです。
いつの日か必要とあらば、オムツにさせない心得!出張つきで伝授いたしますよ!笑
認知症ねっとに一言だけ入れました。消されているかな?
【大奥式】
私も、慇懃ではあるが・・・てやつを、イワタ先生のの下に書き加えました。
きじとら、断然イワタ先生の応援にまわります!おっしゃっていることは心底正しい!
治療派、次々に登場で、なかなか頑強にがんばりますね。それだけ新しい板ができたら、ごそっとそちらへ移動ってことです。
私の内容は、一部ちゃーさんところをぱくったかな?ちゃーさん許してね!
お母様、改善して、もうお父様の介護の一部を担当していらっしゃるのですね。ひょえーっ!認知症ネットの管理人さんに聞かせてやりたいですわい。
【*かつよさんへ】
母のことありがとうございます。

かつよさんもご自身の健康状態も管理してね。

お母様が認知症のご心配があるのなら、ぜひ最初から適切な先生に診てもらえますように。
岩田先生はご存知ですよね?
今日の記事にそういうことを書きますので、ぜひ参考にしてください。

私の反省です。
【*ちゃーさんへ、きじとらさんへ】
一杯書き込みありがとうございます。
とっても嬉しいよ!
認知症ねっとも拝見してます。
私は今日の記事に書きました。あとでupします。見てね。
岩田先生がご自身のブログでも書いてみえますので、そちらもご訪問ください。
http://plaza.rakuten.co.jp/aiwata/
【きじとらさんへ】
おい、きじとらめ、パクりやがったなっ!!  な~~んて、嘘だよん!隠し看板なし大盤振る舞いのちゃーです。どんどん、パクるなる、ひったくるなりしてちょっ! 笑

母のお手伝い!
トイレの始末や父の立ちあがりのときに活躍してくれてます。しかし、余計なこともしてくれるのよ。ごはんしたくを終えて、居間に戻ると、父が咳をしたとか言って綿入れちゃんちゃんこを着せてたの。家の中は25度もあるし、父は寒くて咳をしたんじゃないのに。車椅子に座った上から羽織らせてるから、父の格好が二人羽織みたいになっちゃってて…笑えたけどね。母がこれまで改善したのも、きじとらさん・パンドラさん・フェルガードのお陰よ!なんせ母はお医者にもかからずに、ここまできたんだからね~(←を真似してはいけません!!)。
【*ちゃーさんへ、*きじとらさんへ】
ちゃーさん、きじとらさん

認知症ねっとは今までどおり慰めあいの掲示板に戻して欲しいという方たちと、最新の医療情報が提供されるこの場をつぶしてはいけないという熱い人たちとで2分されていますね。
熱い人たちもたくさんいて、良かった。
↑すみません、傍観してる場合か!
イワタせんせいがおっしゃってるように、圧力がかかってるのだろうか?
掲示板は新しく立ち上がると思いますが、きじとらさんがおっしゃるように介護だけしか思い浮かばない人のうち、ひとりでも気付いてもらえたら、介護者と被介護者のふたりが救われるのにと思います。

きじとらさん、かつよさんはかつみさんとは別の方でーす。
ちゃーさん、おむつにせず、寝たきりにせず、16年はほんとにりっぱです。
お母様も頑張って、頑張って、こられたのだよね。
お医者さんに頼らず、ここまでの回復を成し遂げた、ちゃーさんはもっと偉いと思うよ。
【うわー!ん?】
うわー!間違えた?ん?じゃないんじゃない?いや、やっぱしまちがえた?なんだか似てる?謎じゃ!
認知症ネットでエネルギー使い果たしたかな?
フェルガード100をのもうっと!ここは○○ルガード1100とか言わなくてもいいんですよね(笑)
いまからイワタ先生のブログへいってきます。
【あの・・・】
似たお名前の方がいらっしゃるーと思いつつ、皆様のコメントを拝見していました、かつみです。
自分の名前が出てびっくり!しています。

きじとらさん、お気遣いありがとうございます。
電話で確認する限り、母は好調です。フェルガード100は1日1包しか飲んでないようですが、かなり落ち着いてきたようです。父に尋ねると「相変わらず同じことを聞くしなぁ・・あんまり変わらないかも」って。でも以前のようにひとつの出来事(ご近所の悪口とか私の悪口とか(笑))をくどくど言わなくなったらしいです。父にはそれが改善とは思えなかったみたいなのですが、立派な改善ですよね。少しずつおだてながらフェルラ酸を増やして、目標は高く「認知症ってだれが?」です。

パンドラさん、みつこさんの目覚ましい回復、素晴らしいですね。ほんとみつこさんお若いです♪

認知症ねっとですが「介護法」だけの話になると私には不要です・・・
【すみません!かつみさん】
すみません!(100回謝る!)
お母様がどうなったか、ずうっと気になっていました。やっと少し飲んでくださるようになったのですね。落ち着いて冷静さを増すというのが、真っ先にあらわれる効果ですから、まず第一関門クリアです。
効果が出てくると、ずいぶん話もしやすくなります。よかったですね。できれば少しだけ増量作戦で更に安定すると思います。急ぐ必要はありません。

介護の話だけなら、何処へ行っても得ることができます。私は慰めてもらいたくもありません。それもすぐ見つけられます。介護に関するグチと癒しは、そこいらじゅうにあります。でも・・
「暖かく愛情たっぷりに介護しながら、座して悪化を待てというのか!」
冗談じゃあない!というのが私の本音。←最近怒っているので過激です。
同じ気持ちの人もきっと多いでしょう。「治療法を探す!」ことが全てだと思います。
【*きじとらさんへ】
やっぱし、勘違いでしょ???

かつよさんにアドバイスありがとうございます。
「介護だけが大切と言う方へ」の方で紹介させて頂きました。

認知症ねっとで、字消しにお忙しくて、パワー全開でしたよね(笑)
ここでは、心置きなくフェルガード100と叫んでください。
社長のブログの方で、新しい掲示板の話は進んでいるようですね。
私たちのお役目は、そちらへたどり着けないで逡巡していらっしゃる方をお導きすることでしょうか?

なかなか、ぽこぽこに叩かれるかもしれませんが・・・。

かつみさんにもお返事ありがとうございます。
こちらは順調ですね。
【*かつみさんへ】
かつみさん、すみません!
私がお名前を呼んでしまいました。

お母様、改善していらっしゃいますね。嬉しいです。
きっと、施設のことをちらとでも考えていたことなんて、「嘘みたい~」ってなりますよ。

焦らず、より良い方法を練ってくださいね。

認知症ねっとで、「介護法」や「慰め」を聞きたいとは、私個人は思っていませんでした。
知りたいのは正しい治療法だけですと断言します。
「温かい介護の方法」や「慰め」なら、得られるところは一杯あります。そればっかりだもの。
やっと認知症ねっとで正しい治療についての知識が得られるようになったと思った矢先でしたが、それを快く思わない力が潰しに働いているのでしょうね。

母のこと、ありがとうございます。
もう、ほんとに案ずるより産むが安しでした・・・。
【謝らないでください~】
きじとらさん、パンドラさん、私は全然気にしていません。気にするどころか、私が母の経過報告をし損ねたのですから。気にかけてくださってほんとに嬉しいです。
またご報告させていただきます。
【*かつみさんへ】
わざわざありがとうございます。
また、お母様のご様子、楽しみにお待ちしていますね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking