2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

みつこさん、入院・手術から早3日目を迎えました。
当初、不穏で病院にいるのが大変だったら、「今日退院も有り」ということでした。

昨晩は付き添いさんをお願いして、病院の規則ではいけないので、家族ということでついてもらいました。ところが、職業意識を発揮してか、みつこさんが点滴に触ったり、ちょっと動いたりすると近寄ってお世話をしようとして下さったため、かえってみつこさんが落ち着かなくなり、眠れなかったようです。

朝、交替に病院へ行って、開口一番「昨晩は3時まで寝られませんでした。」とおっしゃり、「入院が伸びた場合、またお願いできますか?」とお尋ねすると、「昨晩寝てないから、今夜はね・・」と断られてしまいました。

ところが、それでちょうど良かったと言っては御幣がありますが、看護士さんからは、「昨晩ついて下さった方はご家族ではないので、みつこさんの周りでうろうろされて、かえって興奮されたみたいです。もう大丈夫そうですから、付き添いなしでやってみましょうか。」と提案して下さいました。

外科手術なので、悪いところを取ってしまえば、後は傷が治るのを待つだけです。
日に日に元気になっています。熱も下がり、食欲もあり、テレビを見たり、みーちゃんを抱きしめたりしています。
猫のみーちゃんの縫いぐるみは、施設入所の時に持っていったもので、とても気に入ってくれています。
入院する前に、介護士さんたちがみーちゃんもお洗濯しておいてくれました。
みーちゃんとベッドで

今朝はドレーンも抜いてもらいました。これは痛そうでしたが、頑張りました。
点滴を入れるのも、お手伝いなしで、看護士さんひとりでできてしまいます。
見ている私がはらはらして、「押さえていましょうか?」と聞いても、以前をご存知ない看護士さんは、「大丈夫です。困るようならお願いします。」って、でも、大丈夫なんですよ。ほんとに。
すごいぞ。みつこさん。

ただ、まだ全然身動きしてない状態で、上体も持ち上がりません。
ジョクソウ予防に体位変換してもらい、トイレはおむつ交換してもらっている状態なので、このままで施設に帰ると介護士さんの手を煩わせてしまいます。私が手伝うというのなら、病院の方が手が多いので助かります。

それに+みつこさんがとても穏やかで、落ち着いていてくれるので、術後1週間、「入院治療を続けましょう」ということになりました。

と言う訳で、連休明け火曜日に退院することになりました。
今日は朝から、夕食介助まで病院で過しましたが、明日から退院までは、朝から夕方早めで、よしおさんの夕飯支度が間に合うくらいには帰ってくる予定です。

よしおさんも3日間、穏やかにショートで過してくれて、今日自宅へ戻りました。

皆、フェルガード100のおかげで、おりこうにしていてくれて、大助かりです。
関連記事
スポンサーサイト

【】
お写真、拝見しました!
みつこさんは、日増しに元気になっているようですね。よしおさんも穏やかに帰宅されたのね。全て順調に行っていると、安堵しました。

ベッドの上にあるのは、テレビかしら?
画期的!すご~い!(私が無知なだけ?汗)
【*ちゃーさんへ】
ありがとうございます。
すべて順調です。
施設からは毎日誰かが様子を見に来てくださいます。
夕べも電話がかかってこなかったので、大丈夫だったみたいです。

小さいテレビです。ベッドの頭の板に固定してあります。
私も始めてよ!!
みつこさんが結構見ているので、つけてます
【】
 退院の日が延びたのは、術後のみつこさんが安定されているからとは、すごい事ですよね。
入院生活が大変なのはよくわかっているので、この状況は本当にすごい事です。
しかも、安心して帰れる場所もある。
今までのパンドラさんの努力の結果ですね。

パンドラさんが体調を崩されないよう、みつこさんが順調にいつもの生活に戻れるよう、祈っています。

【*まきぼんさんへ】
これこそフェルガード100効果と言わないで何とする。
と思いましたよ。
ほんとによかったと思っています。

明日は倉敷でしたっけ。ご報告お待ちしていますね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking