2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

明日みつこさんが入院、手術を受けます。
私は明日は一晩泊まり込みします。
たいへん認知症の患者にも良くして下さっている病院ですが、
それでも「せめて一晩はついていて欲しい」と遠慮がちに頼まれました。
入院期間中は24時間、誰かがついている予定で準備をすすめています。

その間、よしおさんの食事、服薬管理ができなくなりますので、
ショートに置いて頂く様に手配をしました。
ちょうど、みつこさんと入れ違いになります。

前々からよしおさんには話しているのですが、どうも情緒不安定になってきました。
みつこさんのこと、自分のことが心配で仕方がないとは思います。

非常に記憶が悪化して、今話している内容が全然頭に入りません。
よ「いつ入院するんだった?」
パ「10日です。」
よ「今日は何日?」
パ「9日です。」
よ「それで、いつ入院するんだった?」
パ「10日ですってば。」・・・
なんて具合に、今話していることが頭を素通りして、エンドレステープになります。

更に、ちょっと危ない感じもあります。被害妄想もちらほら?
お髭が伸びているので、
パ「お髭が伸びているけど、明日ショートに行くから、かみそり(シェーバーのこと)を持っていって、向こうでゆっくり綺麗にしていてね。」
よ「かみそりは持って行かない。あそこは荷物の検査とか言って、人を泥棒扱いする。何か持って帰るんじゃないかと思ってる。」なんて言い出してしまいました。

荷物には、こっそりシェーバーを入れて置きました。
持っていかなければ、今度は向こうで、シェーバーがないと大騒ぎしそうな気がします。

明日、私は先に入院準備に施設へ行ってしまいます。
よしおさんはパンドラ夫に後からショートへ送ってもらうことになっていますが、ひと悶着起きなければいいけどと・・少々不安です。

いつも一晩泊まっているところを、二晩泊まるだけなんですけど、すごく大変なことになってしまっています。

更に、ひとりでいると、自分の手を見つめて、しおっとうなだれています。
みつこさんは心配。自分の行く末も心配。猫も心配。
うつうつとし始めてしまいました。

もう、明日のことなので、一日も早く、みつこさんに元気に戻ってもらって、安心させるのが一番かなと思っています。

ということで、明日は更新ができませんので悪しからず。
よろしければ、皆様でお話なさっていてください。
関連記事
スポンサーサイト

【】
パンドラさん、こんばんは!
明日はみつこさんの手術ですね。色々と気がかりなことがいっぱいでしょうが、皆さんが後押しして下さっているので、大丈夫よ!
よしおさんは、色々なことで頭がこんがらがっていると思うの。みつこさんの手術も無事に終わり、また平穏が訪れたなら、もとに戻ると思うよ。

遠くから、みつこさんの手術の成功を祈っています!

【*ちゃーさんへ】
ほんとですね。こんなに皆さんに後押しされて、みつこさんもよしおさんも私も幸せだと思います。
ありがとうございます。

よしおさんも大丈夫そうです。
先ほども訪ねてきましたが、「何でお母ちゃんはあんな頭になったんだろう?」なんて嘆いていましたが、自分の頭のことは何とも言っておりません。
「よろしく頼む」なんて、前向きなことを言ってくれていましたので、大丈夫だと思います。

応援頂いて、本当に心強く思っています。
温かいお心ありがとうございます!
【】
パンドラさん、こんにちは。
コメントご無沙汰してしまいすみません。
今日は泊り込みなのですね。
手術はきっと無事成功されるでしょう。
でもそれで終わりじゃなくむしろその後が勝負ですものね。
色んな方の手や知識を借りつつきっと乗り越えられると乗り越えられる事を祈っております。

私もこれから病院です。
最近刻々と状況が悪化傾向な中、色々また自分自身煮詰まってきててやり場の無いジレンマをかかえていましたが渇が入りました。
いつも勝手にですがパンドラさんには救われております。
遠くからでも心から皆さんが良い方向に展開されていく事をお祈りしております。
では私も行って参ります。
【*tarさんへ】
お返事遅くなりました。

先ほど病院から一旦帰って参りました。
おかげさまで手術は無事終わりました。
手術を受けるかどうかということがひとつの山でしたから、
それを乗り越えた今、検査結果は気にはなりますが、
さほど今後を心配してはおりません。
差し当たりは手術前の体力に戻って欲しいと願うばかりですが、
それも時間がかかっても、可能でしょう。

私の行動が、tarさんに喝を入れることになるのなら、幸いです。
お互いに事情は異なりますけれど、前を向いて歩く、それに尽きると思います。
頑張りましょうね。いつも気にかけています。
【】
パンドラさん、お帰り~。そして、お疲れ様!
みつこさんの手術は無事終わったのですね!
よかった~~~っ!
ブログ更新のことは気にせず、ゆっくりしてね!
あ~~、ホントによかった!

【*ちゃーさんへ】
親身にご心配頂いてありがとうございます。
無事に終わり、ほっとしました。
今日のお昼ぐらいから元気が出て来て、独自の点滴引き抜きが始まりました。
一応安心はした上で、これからは目が離せないのかも・・。
ドレーンと点滴が外せるまでの辛抱ですね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking