2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のことになりますが、ケアマネさんが来月の予定を立てるに当たって、よしおさんに面会したいということで、来てくださいました。

以下よしおさんとの会話です。

ケ「デイサービスはいかがですか?」

よ「はい。楽しく行っています。」
 「お風呂は入れてくれて、背中をこすってくれるので、気持がいいです。」
 「皆優しいし、ご飯も美味しいです。」
 「昼寝もさせてもらっています。」


ケ「他の利用者さんとお話なさいますか?」

よ「あんまり話さないです。だけどデイサービスの人が優しくしてくれるので、いいです。」


ケ「ショートステイはいかがですか?」

パ「お母さんの施設のお泊りのこと」←よしおさんが 怪訝な顔をしているので、助け舟

よ「あそこはBさんが感じが悪いです。恨みでもあるのだろうか。」←こういうことは思い込んだら最後忘れません。

ケ「恨みなんてあるわけないですよ。恨まれるようなこと何もないですよね。」

パ「この前は、Bさん、良かったって言ってましたよ。」と助け舟です。

よ「そうだったかね。」と、それでも納得がいきません。
 「他の人はみんな優しいから、いいです。気にしないようにします。」と自分で解決しました。

ケ「これからも、みつこさんに会いに1泊で行って下さいますか?」

よ「はい。行きます。」と、思い込みはあるけれど、前向きです。


ケ「何かお困りの事はありますか?」

よ「この人(とパンドラを指して)が何でもやってくれるので助かります。」
 「この人がおらなんだら、どうしようかと思っています。」と感謝の気持ちを表現してくれます。

↑なんて、最後は殊勝な言葉で締めくくってくれました。
-------------------------
よしおさん、覚えているかな? 被害妄想に凝り固まっていた頃言った言葉。

「あんたはね。子供の頃はいい子だったのに。あの男と一緒になってから、一体どうなったんだ。」
「ダンナだから、かばいたいのはわかるが、あんたはね、そそのかされてるんだよ。目を覚ましなさい。」


こういう言葉を言う時には、ほんとに演技力(成り切ってるから演技ではないけど)がたっぷりで、涙を浮かべんばかりの迫真の演技(くどいな)でした。

「なあ、頼むから○○を返してくれ。あれがなかったら、どうやって老後を過すのだ。頼む。」なんて、泣き落としは続きました。。。

困り果てた私が、何時まで付き合ってもどうにもならないし、だんだんやばくなることはわかっているので、その場を無い物にしようと、そっと立ち去ろうとすると・・・・。

だんだん、目が釣りあがってきます。「目が三角になる」と言っていましたが、本当にそんな感じです。
そして、「おい、待て!!」「 逃げる気かぁーーーーー!!」と、私の腕をつかんでひっぱりました。
その力の強い事、強い事。
---------------------------
あの同じよしおさんが、今日の言葉を言ってくれたなんて、夢のような話ですね。
これぞ、ミラクル。

今、悩んでいらっしゃる皆さんにも、ミラクルを信じて、諦めないで頂きたいとエールを送ります。


現在よしおさんの認知症の薬:フェルガード100 4包/日
関連記事
スポンサーサイト

【パンドラの神話】
箱をあけたらありとあらゆる災難やら邪悪やらが飛び出した。でも、最期に残ったのものははたったひとつ・・・「希望」だけだったとか・・。
パンドラさんの名前は現実と比べて・・意味深遠ですね。
よしおさんの言葉・・こう言ってくれれば、たいていの家族は、喜んで介護させていただく気持ちになれます。
パンドラさん、よしおさんがこんなことを言ってくれる日が、ついにやって来たのですよ!短期記憶が悪化していようが、改善が遅かろうが、長谷川式がどうであろうが、もうどうでもいいんじゃないですか?
【*きじとらさんへ】
こんばんは~♪

私のHNが今日の日を暗示していたのでしょうか。

この後、ケアマネさんが私の家の方へ来てくださって、ゆっくりお話をしました。
ケアマネさんも、それからショートの主任さん(Bさん)も一様に、よしおさんの変化を驚きを持って認めて下さっています。
1年前には皆ぴりぴりしておりましたから。

よしおさんが感謝の意を表してくれた裏には伏線があります。
実は認知症外来に初めて行った日、同じようなことを言ってくれているのです。
「あんたがいてくれたから、受診することができた。」と。
それがどれだけの意味を込めていたのかは不明ですが、何かを暗示していますね。
その時には今日の日は予測できませんでしたが・・・。

>短期記憶が悪化していようが、改善が遅かろうが、長谷川式がどうであろうが、もうどうでもいいんじゃないですか?

ほんと、どうでもいいですね。そんなちっぽけなこと。
何より嬉しい改善が(ミラクルが)あったのですもの。
【】
こんにちは、パンドラさん!
涼しいのを取り越して、寒いです。半そで姿の人を見ると、「鳥肌たってない?」と確認するちゃーです。笑

よしおさん、益々改善していますね。バンザ~イ!よしおさん、もしかしたら…ずっと胸の中にあった思いかもしれないね。男の人は照れ屋さんが多いし、自分の娘に感謝だなんて、と思ってきたのかもよ。素直になって、思いを言葉にする力。フェルガード100の力とパンドラさんの力だと思うわ。
週末にはみつこさんが浴衣姿で参加する夏祭りもあるし、喜び・楽しみいっぱいだね。週末も張り切って行ってみよ~~~っ!
【*ちゃーさんへ】
こちらも今朝は涼しい朝を迎えました。
お昼はさらっと爽やかで高原の気分です。
ちゃーさんの方は風邪ひかないで下さいネ。

社長のブログ、拝見しております。
お互いに情緒面の改善は当事者にはわかり難いものがありますね。
端から凄いねと言われて、「それもそうだな」と思い当たるところありませんか?

よしおさんは、割と正直な人で、思った事は口に出します。
「照れくさいから言わない」と言うタイプではないのです。
暴力にならなくても、認知症の症状(情緒面での)はかなり前からあったように思います。
最近それが、すっきりと取れてきたのではないかしら。

しばらくは、この安定した状態を楽しませてもらおうと思っています。
この記事へコメントする















  かつて受験生だった私には、その気持ちはよくわかります。私も、基本テキスト買ってみましたが、10ページくらい読んで挫折しました。これを独学で勉強して、試験を受けるのは、膨大な時間と、忍耐が必要だと思いました。私が一番苦手とすることです。それに加えて、 ...
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。