2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

昨日のヘルパーさんの夕食介助の時にも、よしおさんが全然夕食に手をつけず、ヘルパーさんが困惑顔で、「夕食の時間が早すぎますか?」と問われました。
本人は、「まだ食べたくないから、後で食べるわ。」と、特に不調というわけでもなさそうでした。

結局、夜、見に行った時にも、食べてありませんでした。

今日は循環器内科の受診日で、朝、いつもより少し早めに訪ねていくと、よしおさんは起きていましたが、「朝ご飯、食べたくないーーー。今日はうちで寝ていたい。」と、どこが具合が悪そうです。

自分では、「夕べ、むかむかして吐きたい気になった。」「胃が悪いのか、心臓が悪いのか?」と不調を訴えていました。

暑い日が続いているし、水分の採り方が少ないので、熱中症?とまでは行かなくても、脱水ぎみかもしれない。
体温は35.7℃と正常です。

ともかく、病院へ行って、点滴もしてもらおうと連れ出す事にしました。
何でも自分で決めなくては収まらないところは、変わりません。
先生になんて言えばいいのかわからない。
どこが悪いのかわからないのに、行けない(???)
何にもせずに、寝ていたい。。と、ゴネゴネしましたが、怒り出すことなく出かける事ができました。

予約診療なんだけど、更に30分待ち。
診察を受けて、血液検査と点滴を受けてから、再度血液検査の結果を見て診察となりました。
検査を待つ事、しばし・・・その後、点滴が1時間半。

その間も看護師さんに、よ「この点滴は何ですか?」「何で点滴するんですか?
看「電解質と吐き気止めです。
よ「でんかいしつ??? 吐き気なんかないです。」・・・と聞きまくり。
聞いた端から忘れていくんですけどね。

点滴が終わった時には、すでに12時半をまわっていました。
診察室の前で待ってて下さいと言われたけれど、先生はちぃ・・・とも現われません。
午前の診察も終わり、お食事タイムですよね。
やっと、血液検査の結果を見てもらいましたが、脱水ともいえない状態だったようです。
それでも「早めに来てもらって良かったですよ」と言ってもらいました。

家に帰ると1時過ぎ。「お素麺だったら、食べれる?」と聞くと、
そーめん、ちゅるちゅるっと良いね。」と言うので、自宅に戻って、素麺をゆでて持って行くと、すでに、自分でご飯をよそって、食べようとしているところ。

点滴1本で蘇ったようで、夕食もばっちり食べる事ができました。

----------------------------------------
遅めの昼食が終わってから、みつこさんをちょっとだけ訪ねてきました。

今日もよいご機嫌でしたが、ユニットに着くと、はだしで、しかも、両足にガーゼが当ててあります。
あちゃ、また、何かーーーっと思いました。

今日は夫も同行なので、喫茶へ行く事にしました。
喫茶までの途中に看護室があり、ちょうど看護師さんがいらしたので、私だけそこで立ち話になりました。

足は、指の又の水虫がじくじくになり、水泡になって、あちこちに広がってしまったそうです。
病院は受診してもらっていて、じくじく水虫が細菌感染してしまったそうで、抗生剤を服用中だそうです。

水虫とは縁のない家系なのですが・・デイのお風呂とか、施設のお風呂とかで、もらうのでしょうか。
抵抗力もないから、すぐに取り込んでしまうのでしょう。

話が終わって、喫茶へ飛んでいくと、みつこさんとは久しぶりになる夫がちょっぴり驚いたふう。
いい調子だね」って。私が途中でいなくなったので、みつこさん、「あれ、何処行ったんだろう」って聞いたんですって。

頂きものの羊羹持参で、自販機でお茶を買って、3人でティータイムにしました。
ピック病の後期には、しゃべらなくなるそうですが、みつこさんは全然そんな様子はありません。
今日もよく話してくれて、時々、話がつながりました。
羊羹をすすめると、「ありがとう」の言葉も聞けました。
肩もみすると、静かに気持良さそうにしてくれていました。

穏やかな時間が流れて、幸せです。

-------------------------------------
(5)ピック病
前頭葉ないし前頭葉と側頭葉が限局的に萎縮する原因不明の痴呆症。発病は平均すると60歳前後と若く、何もしなくなるタイプと反社会的行動をするタイプに分かれる。アルツハイマー型痴呆と違い、ほとんどしゃべらなくなってゆく。同じ字を書き続けたり、同じ場所を徘徊する(周徊)といった常同行為や性格が変わることが特徴的。アルツハイマー型痴呆の約1/20の患者しかいないため研究も遅れている。うつ病と誤診されていることも多いが、専門医ならCTだけでわかることもある。

認知症を治した!24の愛情物語より
関連記事
スポンサーサイト

【】
こんばんは~。灼熱地獄は続いてますか?
よしおさんが元気になって、みつこさんも(水虫はできたけれど)穏やかな時間の中にいて、パンドラさんも安堵ですね。よかった~。パンドラさんの「幸せ」をちょこっとだけ頂きま~す。

今日は(町主催の無料)コンサートに行ってきたのよ。男性四人組のアカペラグループの歌を聴いてきました。母と父に夕食(レタスチャーハン・冷やしトマト・ささみのおろしあえ)を食べさせて、後片付けとお留守番を母に頼んで…。紙に大きく「○○○に歌を聴きに行ってきます。八時頃には帰りますのでお留守番をお願いします」と書いて…。去年の秋のクラス会以来かな?二時間近く二人を置いてでかけるのは。母が父をトイレやベッドに移そうとするのが一番怖い(二人で転倒はありえる)。それに、母が不機嫌になるのよ。コンサート終了後、ダッシュで帰宅。母は不機嫌な様子もなく、二人でテレビを見てましたよ。よかった!と安心していたら母が、「父さんはご飯食べたの?」って。ありゃ~~~っ。ま、留守番ができたし、台所はとても綺麗に片付けられていたし、今日は満点だね。
【*ちゃーさんへ】
灼熱地獄は一段落しています。ありがとう。
よしおさんは水分補給が少なくて、心配していました。
なかなか飲んでくれないです。
でも、早めに気付いて良かったです。

ちゃーさんも、今夜は良かったですねぇ~
どうりで、今日は書き込み下さる時間が少し早いですね。
お母さま、満点ですね。結構良い調子が続いていませんか?
あんまりやる気を出して、お父様の身体介助なさると危ないけど、仲良くテレビをみていらしたなんて、ほのぼのとしま=す。
【】
今日は曇っていて、半そででは「寒い!」と感じるほどの気温ですよ。
水虫…父もこの季節は水虫が悩みの種。色々な薬を試しましたが、「パラベール(ローション1%)」が効き悪化なしです。みつこさん、暑さの中で痒みと戦っているのですね。早く、治りますように…。

Newフェルガードを飲んでから「んっ?」と思うこともありますが、一瞬で済んでいるのでとりあえずはきじとらさんお奨めの「混ぜ混ぜ分割法」で継続中です。
パンドラさんときじとらさんからアドバイスをいただかなければ、一日2包のフェルガード100で「効いているのかな?サプリメントだからなぁ…」とウツウツしながら、母の様子を詳しく観察することもなく過ごし、そのうち「もう、いいやぁ、や~めた!」ということになっていたかもしれません。お二人に感謝です。このご縁、ずっと大切にしてまいります!ありがとう!
【】
こんにちは。
よしおさんの脱水、早くに気付いて良かったですね。
本当にご老人の脱水ってあっという間なんですよね。父もそんな事が多々ありました。
現在はPEGから決まった量の水分を注入するので脱水はありませんが、食べたゼリーの分をマイナスするのを忘れてしまい、ちょっと多めの水分量だったりします。
私の方が物忘れが激しくなって来ていますよ。 orz
なので、私自身もフェルガードを飲んでみる事にしました。
ygraciaさんが、私より数日早く飲みだした様ですが、何だか頭がスッキリしてやる気が起きて来たそうです。
私もちょっと気が早いですが、ワクワクしています。(笑)
そちらは連日のように猛暑だそうですが、パンドラさんも脱水、熱中症など気をつけて下さいね。
頭がスッキリしたら、また報告に伺います~(^▽^)
【健康で困る!】
母は、まめに定期健診を受けています。私の住む町では1年一度かなり詳しい健康診断を無料でうけることができますが、それでは間隔があきすぎるので、だいたい季節ごとに、かかりつけ医で血液検査・尿検査等を受けるようにしています。
先ほど父から電話がありました。「おい、かあさんは、肝臓・腎臓・血圧他どこも悪いところがないんだって!血圧降下剤も中止だってさ!いやーワシやオマエより、はるかに健康でまいっちゃうよ!(小声で)悪いのは脳みそだけだぜ!くっくっく」
もう・・・こまったじい様です。
でもフェルラ酸400mg1年以上服用しても、元気でいられることは、母の検査結果が証明していることになります。皆さんご安心あれ!
【*ちゃーさんへ】
水虫薬情報ありがとうございます。
メモさせて頂きます。
みつこさんは施設入所すぐに「水虫」と言われて、びっくり仰天だったのですが、直に治まったようだったのに、潜んでいたのかしらね。
一挙に爆発作戦に出たようです。

フェルガード、フェルガード100の使い方については、私もきじとらさんに教わるばかりですよ。
ドクターイワタがついていて下さるので、止めてしまうことは無かったと思うけど、強化作戦に出られたかどうかはわかりません。
これからも、作戦練り練り頑張りましょう~。
また、経過報告お願い致します。
【*こぶたさんへ】
ご訪問ありがとうございます。

父の脱水になりそう事件、心配して下さってありがとうございます。
日頃から水分が少ないので、心配していました。
おかげさまで、早期発見で助かりました。
ゼリーとかで工夫して、何とか摂らせるようにしますね。

先日はコウノ先生の講演会に出席されたんですね。
質問も出来てよかったですね。認知症ねっとも拝見してます。

ygraciaさんも、こぶたさんも、フェルガード100をやってらっしゃるんですね。
私もでーーす。
忘れ忘れ、時々1包です。
口の中でさっと溶けるので、誤嚥もなくて飲みやすいですね。

家族のフェルガード100、報告会を開きたいですね。
【*きじとらさんへ】
きじとらさんのお母様は大体3ヶ月に1度の血液検査、尿検査で体調の変化を見逃さないようにしていらっしゃるのですね。
フェルラ酸400mgを1年以上、先頭を切って続けられるのには、万全の備えと覚悟を持って始められたことと思いますが、報われましたね。
フェルラ酸を沢山摂っても、体調upこそすれ、弊害などないことを、お母様が実証して下さっています。
私たちも安心して後に続けます。ありがとうございます。
お父様はおもしろ~い。お母様が聞かれたら何ておっしゃるでしょーーーくくくっ。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking