2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

みつこさんは2007年9月からフェルガードを飲み始めました。
フェルガードとフェルガード100の違いもよくわからず、フェルガードは医療用ということで、重症のみつこさんにはそちらの方が良いだろうという安易な選択をしていました(おぉ、こわっ)

当時は在宅で過していましたが、その頃すでに意思疎通は難しい状態でした。
体は元気で動くことができましたので、危ない事ばかりしていて、目が離せない状態でした。
意に添わないことには、暴力で抵抗するようになり、足蹴り、噛みつき、などをしていました。
この頃、ピック病ではないかと診断され、お薬に方向性がみつかりました。
それ以前はアルツハイマーと診断され、アリセプト5mgもずっと飲んでいました。

2007年の10月には施設入所をし、介護の点では大変さはなくなりましたが、それでも、介護できれば良いというのではなく、みつこさんの病状の改善がどんな形であってもよいので、できるようにと、今現在も模索中です。


-------------------------
'07年9月からのお薬の変遷を一覧表示してみます。(認知症のみ)
興奮系:赤色  抑制系:青色

セロクエル25mg×2、抑肝散 3包、フェルガード 2包/日
↓ 発語がはっきりする

セロクエル25mg×2、抑肝散 3包、フェルガード 2包、レンドルミン(睡眠剤)1/4錠/日
↓ 施設に入り、眠剤追加、割合馴染んだけれど、険しい表情になることもある。介護抵抗もある。

セロクエル25mg×1、抑肝散 3包、フェルガード100 2包、レンドルミン(睡眠剤)1/4錠/日
↓ お昼に眠気が残る為、朝のセロクエルを中止、フェルガードをフェルラ酸主体のF100に替える。

セロクエル25mg×1、抑肝散 3包、フェルガード100 2包/日
↓ 眠剤を止めてみても、夜間に変化なし。

アリセプト1mg(即中止)、セロクエル25mg×1、抑肝散 3包、フェルガード100 3包/日
↓ アリセプトを入れてから、血圧上昇、嘔吐があり、即刻中止。

セロクエル25mg×1、抑肝散 1包、フェルガード100 3包/日
↓ フェルガード100を増やす。浮腫、傾眠傾向がある為、抑肝散を減らす。
  意味不明だけど、はっきりとした口調で、よく話す。

セロクエル25mg×1/2、抑肝散 1包、フェルガード100 4包、アスパラk/日
  セロクエルを減らす。フェルガード100を更に強化。
  若干の介護抵抗は残っているけれど、概ねとても穏やかな明るい表情をしている。
  たま~に、意味ある会話が成立する。


・この9ヶ月で、じわっとでも、良い方へ向いていることは実感できます。これは凄いと思っています。
・この後、セロクエルを止めてみることは、現在、先生と相談中です。
・さて、フェルガード100 4包のうち1包をフェルガードに替えてみたい気持もありますが、
セロクエルを完全に中止して、その後の様子をみてからでもよいのでは・・という気持に、今は、なりつつあります。
関連記事
スポンサーサイト

【】
表にしてみると、分かりやすいですよね。
みつこさんはアリセプトを飲まれていたんですね。フェルガード100の前はフェルガードも飲まれていたんですね。
みつこさんの場合は体力の関係もあるので、お薬のチョイスは慎重にしなければいけませんものね。
春には少し体力が落ちていたようですが、今はどうですか?ちゃんと食べられてますか?
これから暑い夏に向かので、みつこさんには頑張って食べて食べて欲しいです!
みつこさん、暑さに負けずに夏を乗り切ろうね!!
ファイット!!
【その通りにします】
以前に、「私なら、何としてでもセロクウェルを極限まで減らす・できればやめる」を目標にすると言ったことがあった気がします。その通りにできています。セロクウェルは作用の強い部類の向精神薬です。体への影響も大きいものです。こういったからといって、今服用している方がいきなりやめようとしてはいけません。どうしても必要だから飲んでいる場合がほとんどです。特にピック病の方は、これ以外では落ち着かないという方が多いようです。向精神薬は効能と副作用を天秤にかけて服用するものです。介護抵抗(暴力など)が激しく、介護者に危険を及ぼす可能性が高いなら、医師が処方しても当然です。
私が他に何かいう必要はないと思います。やはり、最期の6行でパンドラさんが書いていらっしゃるのと同じ事をします。
ピック病はわからないことが多いですね。そもそも何故フェルガード100やフェルガードが効くのかがわかっていません。アルツに効くことを説明することは、ある程度できるのですが、それ以外のまだ解明されていない働きがあるのかもしれません。
まあ、難しいことは言いっこなし!ってことで、介護者にとっては、副作用が少なく、効いてくれればそれで良し!ですから。それにしても不思議

パンドラさん、保存版のコメントについては、後日、若干の書き換えをするかもしれません。その時はまた連絡します。
【*ちゃーさんへ】
1年前の今頃は、アリセプト5mgを毎日飲み、かなり攻撃的に暴れておりました。
セロクエルも大量に飲んでいたので、同時に傾眠傾向も強かったです。

フェルガードを最初3箱くらい飲みました。
特別攻撃的になったと言う訳ではないです。
何せ、それまでのアリセプトを止めてからですから、差し引きしても充分だったと思いますけど、知らないって怖いです。

みつこさんのことも、気にして下さってありがとうございます。
体調も整いつつあります。食事は一部、栄養強化食にしてもらってあります。
【*きじとらさんへ】
最初のフェルガードを飲んでいた時期は、施設入所した時期と重なるので、そのために攻撃的であったかどうかは不明です。
少なくとも、在宅の時より悪くなった事は何もないのです。

セロクエルは最初は看護師さんの判断で、最近はきじとらさんの助言もあって、私の希望で減らしてきていますが、フェルガード100を飲み続けていることで、不穏が増えるどころか、良くなってきています。
止めてみて、若干残っている攻撃性がどうなるのだろう?という疑問はありませけど、また、すぐ戻す用意はあるので、試してみる価値はあると思っています。

でも、ほんと、不思議! とても効いていますよね。

保存版コメントはいつでも修正可能です。
お知らせください。いつもありがとうございます。
【認知症相談室でお世話になりました】
温かいお言葉とアドバイスを頂き有難うございました。 今までの絶望の日々の中で、実はパンドラさんのブログを何度か拝見させていただいたことがありました。苦しいのは私だけじゃないんだ・・・と力を頂いていました。
セロクエルは どうやら母には無理かもしれません。入院騒動の時のセロクエルの量が多すぎた為に、強い拒薬反応を示しています。
まずはフェルガード100を注文しました。ここから第一歩を踏み出そうと思っています。
有難うございました。
これからもブログを読ませていただきます。
【*なおちゃんへ】
ようこそお越しくださいました。
以前から見ていて下さったとのこと、ありがとうございます。

認知症ねっと(3450)のその前の書き込みから拝見していました。何か言葉をかけて差し上げたいとは思いましたが、気休みを言っても意味がありませんので、精神科の先生のお出ましを祈っておりました。

とてもたいへんな状態にいらっしゃって、絶望的なお気持でいらっしゃると思いますが、どうか早急に、気合を入れて、できることを考えて頂きたいと思います。

(3450)の方で、ioriko先生がコメント下さっていることをよく考えて、実行されることが大事かと思います。
精神科へ家族相談を繰り返すとか、ioriko先生もおっしゃっていらっしゃるように、管轄の保健所の保健婦さんが、認知症の相談、強制入院の方法など相談窓口を設けてみえますので、まずは保健所に相談されるのが突破口として良いかと感じます。

フェルガード100は、なおちゃんのお母様のように過激な症状の場合には効果は期待できないのではないでしょうか。飲んで悪いことはもちろんないですが。
まずは向精神薬が何としても飲める方法(入院しかないと思います)を考えないと危険なのではないでしょうか。

私の母は、自宅できちんと服薬ができましたので、問題はありませんでしたし、暴力自体がそんなに激しいものではありませんでした。
嫌なことをすると怒る・・という程度で家族の身の危険はありませんでした。

逆に父の方が、危険を感じる暴力がありましたが、頻度が少なかったので、対応できていました。
父の時に、精神科の家族相談で保健所に相談するように言われました。
因みに父はグラマリールで押さえ込みながら、同時にフェルガード100を始めました。
今はもうすっかり解消しています。

お役に立てず切ないですが、どうか頑張って!
【ついに飲み始めました】
母が フェルガード100を飲み始めました。
2日後に手紙が来て・・・相変わらず父への愛人がいるという妄想や物忘れがかなりあるのですが 父が母の元に帰ったことで暴力は落ち着きつつあります。私に対する手紙の内容は攻撃的かつ自己中で「女優や作家になれるんじゃない?」という感じでしたが 「栄養剤(フェルガード100)を飲み始めて 目がはっきり見えるようになりました」と書かれており、もしかすると少しずつ何かしら効いて来ているのかも・・・と期待しています。伯母も電話で母と話した時「落ち着いている」と感じたそうです。今、母と一緒に父にも飲ませているのですが (母に疑われない為と、父は認知症ではないにしろ性格的に激興しやすい人なので) 穏やかな2人の生活をさせる為にフェルガード100を継続して飲んでもらいたいと思っています。  
【*なおちゃんへ】
ご報告ありがとうございます。

フェルガード100だけでも飲めたことはよかったと思います。
お父様にお母様のご病気のことをよく理解して頂いて、セロクエルを上手に飲ませられるように一役かって頂けるといいのにと思いますが。

保健所に相談も、考えてみられませんか?
どうかご家族に危険がありませんように。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking