2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

みつこさんの内科定期受診でした。
特に変化はなく落ち着いています。
血液検査で、Kが不足していたので、認知症外来の方で、アスパラKが出されています。
鉄分はもう少し飲んでもらった方がいいけど・・と内科の先生はおっしゃいましたが、
介護士さんの大変さを考慮して、看護師さんが薬は止めて食事療法にすることを押し通されました。
施設にいるので、その辺はお願いしている身、致し方ありません。
家族で飲ませに来て下さい。」と言われたら、お手上げですもの。

で、栄養士さんと相談の上、クッキー、ジュース、アイスクリームなどで、鉄分補給の物を自費で購入してもらうことになりました。

みつこさんの変化・・・なにせ、フェルガード100、4包ですので、何か出て欲しいと思います。
このところ、2~3回、おやぁ~と思ったのが、やはり発語関係
そして、顔つき

言葉がとっても良く出てくる。
残念ながら、内容は、子供の頃のことなのか、あっちの世界のことなのか、意味不明のことが多いのですが、はっきりとした言葉で、よくしゃべります。

そして、たまに、回路がつながります。

たとえばこんなふう。

今度、お父さんと、○○さんと(夫の名前)、私と4人でご飯食べようね。
○○さん? 誰?
私のダンナ
ああ、あの人?」って、まあ、わかったか、わからないか、よくわからないのですが、
一応会話が成立しています。それに、一応正しい。
第一、私の言ったことを理解しています。
理解できたから、言葉のキャッチボールができています。

そして、おややと思うのが、顔つき。
特に明るくも、暗くもないけど、きりっとしたというか、普通の顔つき。
認知症・・という顔じゃないんですよね。

最近はとろとろに寝ていることもないし、かと言って、怒っているのも見た覚えがない。
これって、何だか、とってもイイのじゃないかしら。。。。

次回は、フェルガード100、5包に挑むか、或いは、フェルガード100、3包、+フェルガード、1包に挑戦したい。

今のところ、みつこさんの調子は、昇り一辺倒です。
関連記事
スポンサーサイト

【】
みつこさん、改善街道まっしぐら!ほんとに上り調子ですね。
うれしいですね。
家族も張り合いがもてますよね!

私も今、母のフェルガードの見直しをしてみようか?と思案中です。
きじとらさんにも、今までの母の経緯をお話して、アドバイスいただけたらと思い、コメント差し上げたところです。
パンドラさんなら、どういう選択をされますか?
私のつたない文章だけで、判断するのは難しいこととは思いますが、ご意見をいただけるとありがたいです。
よろしくお願いしま~す!
【*ちゃーさんへ】
母はピック病で、かなり末期的状態だったので、当初は、半ば諦めの気持も混じっていました。
それに施設にお世話になっているので、落ち着いてさえいてくれたら、困ることはなくなっていました。

それがフェルガードに出会って、最初に感じたのが、飲み始めてすぐに、発語がはっきりしたような気がしました。

それから、まだまだ、改善できる点はあるのではと思い始めました。
先回のコメントにも書きましたが、脳にダメージを受けているのなら、脳の係わっている体の特定の部分にもダメージが出ているはず。
そしてたら、脳の方へは目に見えた効果がなくても、体の中では、効果がでてくるのではないか(体調up)と信じられました。これはきじとらさんのお言葉がヒントになっています。
教えて頂いたことは多いですよーーー。

こういう気づきを多くの人で共有したいと思っています。

ちゃーさんのお母様へ、わたしならこうする。
きじとらさんとダブルかもしれないですが、

ちゃーさんのお母様はアルツっぽいから、アリセプトも有効なのではと思います。
でも、暴力もあるし、微調整してくださるお医者さまがいらっしゃらないと、とんでもないことになるので、アリセプトの分もフェルガードで肩代わり・・・Newフェルガード(フェルガードと同じ)をぜひ入れてみたいと思います。

フェルガード100、3包をしばらく続けて調子が良ければ

フェルガード、1包 + フェルガード100、2包

不穏になったら、フェルガードは止めて、フェルガード100に戻す。
グラマリールもいつでも飲めるように。

で、やってみます。
どうでしょうか? いろいろ考えて試してみてはいかがでしょう。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking