2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

【保存版投稿コメント】

このブログに投稿頂いたコメントから、いつでも皆さんの目に触れる所に残しておきたいものを、記事として更新させて頂きます。

-----------------------
【老人の鬱病と認知症の欝】

○○○さんのお母様が抗欝剤をやめた件について、感じるところがあります。
急にやめたのは確かに乱暴だったかもしれませんが、お母様が認知症の欝だったら、抗欝剤は効かなくて当然ですし、心身に悪影響があったはずです。抗欝剤をやめたのは正解だったでしょう。

困るのは鬱病と認知症の前駆症状としての欝を見分けることのできる医者がとても少ないことです。
「老人性欝病です。」と言われ、処方された抗欝剤を飲んで「少しはいいかなあ?でもあんまり効かないなあ・・いややっぱり効かないなあ・・困ったなあ・・。」
数年経ったら、あらあら、認知症でした!というケースはものすごく多いのです。何せ認知症の診断が下る数年前に、深刻な欝状態があったという認知症患者の割合は、ものすごく多いのですから。

認知症の欝は認知症の適切な治療をしない限りよくなりません。
今偉そうなことを書いている私も、3年前には、認知症の欝は抗欝剤では決して治らないということを全く知りませんでした。

きじとら | URL | 2008年06月10日(Tue)19:35 [EDIT]
元記事:検証・よしおさんの最近4ヶ月(6月9日)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking