2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしおさんの昨日からの腰痛は、やはり単なる腰痛のようで、心配するようなものでもなさそうです。
それで、日に1回、湿布を貼り替えています。

病院か、治療院へ行こうと奨めたのですが、いい顔をしません。
こう言う時には無理強いは決してできません。
「良くなっていきそうだから、様子を見ている。」と言うので、本人の言うまま、そのままにしています。
めったなことがないようには気をつけて見ていこうと思います。
今まで何度も、無理やりに病院へ連れて行って、結構恨まれていますので、ある程度は本人に任せておこうと思っています。

でも、残念なことに、今日のデイサービスは「腰が痛いから休む」と宣言されてしまいました。
山があれば、谷もあります。「今日は(今日もだと思うけど)1日寝ている」と宣言されてしまったので、そうしてもらいました。

お風呂に入れなかったので、着替えのみしてもらいました。



笑顔のみつこさん

画像は、先日のみつこさん。あまりに格好つけた笑顔を見せてくれたので、載せます。
何を思っているのかな?って、こちらが、ぷぷぷっとなってしまいます。
関連記事
スポンサーサイト

【大事無ければいいですね。】
よしおさん、大事無ければいいですね。
痛がられないならそれで。。

父の場合、「またいつもの痛がりだ」と
湿布だけで10日余、それでも痛がるので
可笑しいなと、、2週間後でした。
今日も診察へ出かける移乗時、どこかで足指を
ぶつけたのか出血でした。待合室でポタポタ。。
本当に最近は難しくなりつつあります。

みつこさん、安心されたようなお顔ですね。

お二人のご様子順調に進行中のようで安堵しています。
【】
こんばんは~。
みつこさんの笑顔、拝見しました。
とっても素敵に笑ってらっしゃる!
きっと、みつこさんは「若い美人に撮ってよ!」って思ってたんじゃないかな?
お写真のみつこさんは、お顔がふっくらしてますね。
少し体力、ついてきたかな?

あら~、よしおさんはディを欠席されたんですね。
たまにはよい!よい!
しかし、我が母には休ませたことがない「鬼娘」の私。
前日にディを楽しみにしていても、当日の朝になると、あっちがどうの、こっちがどうの…と布団の中で訴えるのが毎度で…。「その手にはのってたまるか!」といささか意地になり、布団をガバッとはがして、「今日はどの洋服で行きますかねぇ」と話題を変える。
おかげさまで、鬼娘に怯える母は、去年の夏から一度も休んだことがないのです(苦笑)。グラマリールを飲む前は、この鬼娘に牙をむく「鬼ばばぁ」でしたから…。爆笑

精神統一のお話…。
精神統一なんて格好いいことは何一つしてなかったよ~。(もちろん、今も…)
その頃は、この家にはインターネット環境も整備されてなかったしな…。他の方が、どんな介護をされているか?も知ることさえなかった。
ん~、一人になる時間を作ることかな?お風呂大好き人間なので、お風呂という個室でのひとりっきが心地よかった。両親が寝入ったのを確認してからの短いお風呂タイムで、「気持ちいい~~っ」と唸ったあとに「お~~っ、まだまだ頑張れる!」という思いが湧いくるの。
今でも両親ともディで留守のときは、(時間に余裕があると)ゆっくり半身浴しながら読書して、たっぷりと汗をかくよ。
両親との生活が始まった当時は、友人や夫に愚痴をこぼしていたけどね(苦笑)。でもね、経験した者でしか分からないことってあって…聞くほうもしんどいだろう!と思えるようになった。
今は母も落ち着いてるから、以前のことを思うと、大抵の事は笑いにして話せるよ。
私はかなりいい加減で大雑把な介護(生き方も…)をしてるので、それを反映するかのような言葉の多くがパンドラさんのお気持ちにささくれを起こしてしまうかもしれません(心配)。
どうか、ご勘弁のほどを…。そして、今後ともよろしくお願いします!
【*nickさんへ】
nickさん、ご心配ありがとうございます。
まず、普通の腰痛だと思います。
ただ、治療に行った方が安心だし、治りも速いとは思います。

でも、よしおさんの性格を考えると、無理じいは怖いので、大事無ければ好きにしてもらおうと思っています。

nickさんのお父様はお年から考えても、慎重に対処する必要がお有りなようで、nickさんも気が抜けなくて、お疲れでしょう。

どうぞお大事になさって下さい。

母は時々おどけたような笑顔を見せてくれます。
おそらく子供の時の時代に戻っているのではと思います。
話の中の登場人物から考えて・・。

いつもご心配くださってありがとうございます。
【*ちゃーさんへ】
お返事遅くなってごめんなさい。

今日は夫が泊まりで遊びに出かけたので、
午前中お昼寝(?)してしまいました(笑)
ほんとはいろいろ片付けようと思っていたのにね。

母の写真は迷ったのですが、ちょっと目だけぼかして、
笑顔に限り、載せようと思いました。
ほんとはふたりのプライバシーを私が守らなくてはならないのに、いいのかな?という疑問はついてまわります。
たまにベストショットと思えるものだけ、許してもらおうと思います。

ふっくら見えますが、それはアングルのせいだと思います。
でも、高栄養ゼリーを朝食かわりに出してもらうようになって、改善されていると思います。
この調子で頑張りたいです。

母ではデイに行かせるのに苦労しました。
まずは軌道に乗るまでもたいへんでしたし、認知症が悪化してからも、出かけることが難しくなりました。
ディのお迎えの方(主任さんだけ)にベッドサイドまで来て、声をかけてもらいました。
あの方にだけは、心を許していました。
私ではダメだったもの。

父は認知症と言っても、記憶障害が主なので、いやだと言ったら、言いくるめる事は無理です~。
でも、家にいても食事以外は手がかかるわけではないので、黙認です。

ちゃーさんは、人間ができていらっしゃると感じます。
私はまだまだです。
今はふたりとも落ち着いてくれたので、もう大丈夫ですけど、これまでは、言葉で説明できない部分をわかってもらえない苛立ちがいつもあったみたいで、私自身がほんと、はた迷惑な存在だったと思います。

お友達も、経験があっても、やっぱり事情が違うから、説明するのも苦しくなっていました。
一番、理解してもらえたのが、ケアマネさんだったように思いますよ。

ちゃーさんの大らかさは、そのままご両親にも反映されていると思いますし、私も励みになります。
私も近づけるように努力してみますね。
こちらこそよろしく♪
この記事へコメントする















腰痛 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると… ...
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。