2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はよしおさんの通院介助があったので、みつこさんのところへは訪ねて行けませんでした。

今日は朝の通院に間に合うようにでかけました。

ゴールデンウィーク直前ということで、施設から病院へ行く人も午前の部だけでも数人いました。
みつこさんの他にもうひとり、家族のつきそいの人がありましたが、あとの方は施設の方で連れて行ってもらうということで、看護師さんひとりで、とても大変そうでした。

待っている間に、1回だけ、ゲホゲホっと嘔吐の前触れみたいなことがあったので、今日も点滴に吐き止めも入れてもらいました。
点滴を刺す時も、ちょっと顔をしかめただけで、静かなものです。
そうとう元気がない感じがしました。

帯状疱疹の時でも、点滴を入れようとすれば、「痛い、止めてっ」と、手を振り回したりしたのに、今日は全くそんな様子はありませんでした。

点滴を入れてもらったら、そのまま施設に戻り、点滴が終わるまでは、ロビーの人目のある所で休んで、終わったら、看護師さんに抜いてもらって、後はお部屋のベッドで休ませてもらっています。

私も少しは、みつこさんに、ついていたいと思うのですが、今日も午後はよしおさんの入浴介助があるので、スタッフにお任せして、帰ってきました。

みつこさんの食事は、担当の先生からは、何を食べても良いと言われているそうですが、看護師さんは嘔吐を繰り返さないように、慎重にと、まずは高カロリーのゼリーだけ。
それが無理なく食べれて、嘔吐がなければ、少しづつ、重湯からというふうにしたいと話していらっしゃいました。

GWの通院の予定ですが、病院も休日診療になりますし、施設も休日体制で、看護師さんの人数が減り、病院へのつきそいはできないため、家族が連れて行ってくれるのならば、点滴を続けられるとのことでした。

私も、何の予定もない寂しいGWなので、毎日みつこさんを連れて点滴を入れてもらいに通うことにしました。

何とか、元の体調にまで、戻ってもらいたいと切に願っています。
関連記事
スポンサーサイト

【】
こんばんわ。
みつこさんの体調、心配ですね。
嘔吐は誤飲する可能性もあるし、なんといってもみつこさんご自身が辛い思いをしますものね。
私たち健康体の人間でもむかむかの時には、食事をする気なんておきませんから…。
点滴の効果がでて、早くよくなるといいですね。

さて、私事です。
自宅に戻るはずだったのですが…。
アクシデントが起きてしまって…実家で~す(泣)。
母は鼻水とくしゃみが出て、少し風邪気味かな?と思い、ショートに入る前夜に風邪薬を一服。
ショート当日は、ご機嫌よく「気をつけて行きなさいよ」なんて言ってくれたりして。元気は良かったけれど、念のため風邪薬を出掛けに一服。
二人を送り出し、やれやれと自分の支度をしてお昼過ぎに(実家は離島)フェリーに乗って出発。
ところが、三時半頃に携帯へケアマネより「お母さんが嘔吐と下痢で緊急入院されました」の知らせ。
「え~~~っ」!
引き返すしかない!
でもでも、島に渡るフェリーはもうないし。
しかたなく、一泊して明朝のフェリーで渡って、病院へ直行。
容態はそれほど悪くも無く、嘔吐はおさまり下痢が少しある程度。入院当日は自宅→ディ→ショート→病院(個室)→病院(大部屋)という環境についていけなかったようで、看護士さんに迷惑をかけたようです。(そのため、昨夜は病院へ泊まりました)
今日あたりは病院にもなれ、「看護婦さんは優しいね~」なんてのんきなことを言ってました。
明日から連休にはいるので、先生にお願いして退院させてもらってきました。父もショートから帰宅し、一息ついたところです。くたくたに疲れました。
【*ちゃーさんへ】
うわぁ~ん。
休みというと熱を出すって、子供と一緒ですね。
お互いにこればかりはどうしようもないですね。

ちゃーさん、次のお休みの機会まで、踏ん張ってください。
お疲れ様です。

私もGWは病院通いしてきます。
母も嘔吐は止まっていますので、あとは体調の調整も頑張りたいです。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。