2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

ショートステイの日が近づいてきていますが、
よしおさんが嫌にならないかと、心配で、毎日、確かめています。

と言うのも、このところ毎日聞かれるのが、

この前行ったお医者さんは、何の為に行ったの?
何て言う名前の先生だった?

このふたつの質問だからです。

物忘れを予防する為
Ⅰ先生

このふたつの答えを繰り返しています。

そして、「10日はお母さんのところへ泊まってね。
と言うのも、付け加えておきます。

今のところ、否定的な答えはありません。

みつこさんの時の初体験もドキドキだったけれど、
よしおさんも、なかなか緊張します。

契約書を書いたり、持ち物にお名前つけをしたり、
今日も準備で過ぎていきました。

早く1回目を無事終わりたいです。
関連記事
スポンサーサイト

【ドキドキですね。】
いや~本当にやきもきしますね。
ご本人は意に介して、、
ま、なるようになれ!!

まな板の鯉はどっち??笑。

さっき花見から帰宅。

どこにも行っていないよ。。だって。
お出かけしなかったのかな。
汗ダクダクで疲れたが。。
【*nickさんへ】
いつもありがとうございます。

私がまな板に乗ればいいのですね?
そして、目をつむっていればね(笑)

あちこち、お花見にお出かけですね。
ご本人様は忘れておしまいになる(笑)
でも、きっとその瞬間は楽しかったはずですから。
【】
ほんとにドキドキしますね。
子供と違って意思の主張できる大人ですから
余計神経使いますね。たとえその意思が周囲から見ればメチャクチャなものでも本人は真剣ですから(^^;)
うまく行きますように。
【*ピーの家族さんへ】
まずはお引越しおめでとうございます。
新しいところで、一から始めるっていいですね。
お疲れ様でした。

父のショート初体験がもうじきですが、
ほんとにドキドキしますけど、
片一方で、過剰に期待しないように、
いつかできるから・・・と言い聞かせています。
流れのままに~~~~という気持です。

ご心配頂いてありがとうございます。
【いよいよ明日ですね!】
おはようございます。
掲示板への返信、アリガトウございました。うれしかった~。
私も昨年の九月、両親をショートデビューさせました。
夫を自宅に残して(自宅は関東で現在は実家の北海道で両親を看ている)の介護なので、母のボケちゃんが落ち着いたら一時帰宅したいと思いながら、ようやく二年目で実現。(母が家から離れることに強い拒否があったため)
いきなり10日の予定を組みました。(大胆でした。笑)
ま、帰宅願望がちょこっと顔を出したりしたようですが、田舎の施設なので知り合いもいて、無事に過ごしてきました。
私の場合は、なんとか無事に送り出しほっとすると、今度は「帰宅後にボケちゃんが進行しているのでは?」と、またまた落ち着かない気分になってしまいました。
心配性なんでしょうね(苦笑)。
帰宅後の母は心配をよそに、「また行ってもいいよ」と言ってくれましたよ。
パンドラさんの緊張と同じくらいお父様もまた緊張してらっしゃることと思います。
明日はちょっと踏ん張って、笑顔でお父様を送り出して差しあげてくださいね。「お帰りお待ちしてま~す」の一言と一緒に。
お父様のショートデビューがうまく行きますように…。画面の向こうから祈っています。
【*ちゃーさんへ】
ブログへも書き込みありがとうございます。

2年も自宅を離れてご両親さまの介護をされているのですか。
心の広いご主人さまに感謝しなくてはなりませんねぇ。

確かお母様の方が認知症が軽いのですよね。
お父様は認知症ではなくて、お体が不自由でいらっしゃるのでしょうか。

うちの母の場合は一昨年に初ショートで、5日、ですが、完全なる失敗で、可哀想でした。
家に戻ってからは、しばらく変になりましたし、絶対にもう嫌だと言っていました。
その1年後の施設入所は、わけわかんなくなっていました。
進行が速かったです。

明日の父は、本人がわかっているので、大丈夫です。
そのかわり、嫌だと言ったら、どうしようもありません。
今のところ、母に「会ってきてね」の言葉に従ってくれています。1日だけですしね。

これからも、よろしくお願いします。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking