2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のことです。

夕方、よしおさんから、インターフォンがありました。
「歯が痛いけど・・今から診て貰えないだろうか?」
秋になってから、これで3度目です。

2年前(?)になりますが、歯茎が化膿して痛みがあって、かかりつけの歯科を受診したことがあります。
その時は、心筋梗塞後の治療薬の血栓予防の為の「バイアスピリン」を飲んでいるため、大学病院の歯科を受診して、抜歯するようにと、紹介状を持たされたのでした。
よしおさんは、今も昔も、絶対に手術は断固拒否です。
この時は「バイアスピリンを飲んでいるため、出血が止まらない場合の安全策をとらないといけない」と説明されたのに、過剰反応してしまいました。
「どうしたものか・・」と紹介状を貰って、思案しながら家に帰る途中に、実は車の事故を起したのでした。

その時は、とにかく治療の為に大学病院へは行きましたが、膿を出してもらっただけで、抜歯は拒否して、帰ってきました。
それでも、幸い、2年間(本人は5年前と言っています)痛むことなく過せました。

今回はその事があったため、歯科医を変えました。
こちらの先生に診ていただいた1回目は・・・「抜歯は嫌なので」と最初から伝えてあって、その時は歯がすり減って痛むものなので、しかたがないかも・・と言われて、薬の塗布をしてもらって帰ってきました。
ただ、別の歯が、根元に亀裂の入っているのがあって(それは2年前にも指摘されてます)、「それが痛むようだと、抜歯しない限り、根治できません。」と言われてきました。

すると、ほどなく、その歯が痛み始めました。それが2回目。「抜かない。」「薬を出してもらえばいい。」「この前だって5年もった。」と全然状況が違うことも一緒にして、頑張ってしまいます。
その時も応急処置のみしてもらいました。

そして、昨日が3度目で、2度目と同じ、亀裂の入った歯が痛むようで、またしても同じ事、「抜かない限り根治できないです。」と言われて、それでも抜かないと頑張って帰ってきました。
先生は付き添いの夫に「上手に説得してね。」と、げたを預けたそうです。

read more▼

【】
ウフフ・・は医者さんは誰も幾つになってもキライなのね・・・。
って、私も何年も行ってないなー(^^;)
さぼっていて、まとめて行くからおおごとなのよネ。
私も父の歯医者への送迎を何回もしましたっけー(^^;)自分の歯はほったらかしでー。
【*ピーの家族さんへ】
ピーの家族さん、いつも来て下さってありがとうございます。

私も歯医者さんは嫌いですよ。歯の治療で痛いのって、我慢できないものね。恐怖心はつきまとうし。

今も、虫歯があるけど、治療に行けないままです(-。-;)

みつこさんの歯も長い間の懸案だったけど、施設で歯科へ連れて行ってもらえることになり、ホットしてます。

よしおさんのは、理不尽なことの連発なので、参ります。
送迎がイヤだと言う訳ではなく、せっかくつれて行っても治療を断って帰ることの連続なので、ため息が出てしまうけれど、年寄りの言う事なので、気長に付き合うしかないかしらね?

ピーの家族さんのおとうさまはそんなダダこねたりなさらなかった?
【】
病気を放っておいたらどんなことになってしまうのか・・・判断力が鈍ってたり、恐怖心だけが勝っていたりして、、年配の方の治療は大変ですよね。

うちの伯母も近い将来、大きな手術をすることになりそうですが、手術前後どんな状態になっちゃうのか心配です。3ヶ月ほど前、病院での診察中に椅子から落ちて頭を打ったのでCTを撮ったことがあったんですが、検査機器を怖がってずーっと悲鳴をあげて大騒ぎしてて大変だった。。

歯医者さん、私の夫も嫌がってましたが、化膿した状態を繰り返してると抗生物質たくさん飲まなきゃならないですもんね。もっと大変な病気にかかりやすくなっちゃうよ~、菌とかが心臓にまわったら大手術だよ~ とかおどかして?治療に行ってもらいました。

トムくん、状態が安定してきてよかったです。猫ちゃんと一緒に過ごせてよしおさんも安定するといいですね。そうそう、猫ちゃんも歳をとると歯茎がはれやすくなって食欲が落ちるので、アゴをなでてあげることがあったら、ついでに皮膚(毛皮?)の上から歯茎をマッサージするようにグリグリしてあげとくといいかもしれません。
【*☆YURI☆さんへ】
コメントありがとうございます。
うちは、父が何かにつけ不信感が強く(医療に対しても)、恐怖心も強く、たいへんです。
以前、歯茎に膿が溜まった時には、心臓に悪い、急死するかもしれないと説明しましたけど、それでも聞き入れませんでした。
諦めることなく、怒ることなく、説得はしますが、最後は本人の運命だと、私は思っています。
年をとっていると、心の柔軟性もないので、人の意見を聞き入れることも困難です(そうじゃない方もいらっしゃいますが)

伯母様、手術予定ですか。ご心配ですね。
何かとたいへんだと思いますが、どうか、頑張って下さいネ。
病院に入ること自体、物凄く不穏になって、たいへんですものね。

ご主人さまは、お若いから、流石に、説得が効きましたね(^_-)---☆Wink

トムはおかげさまで、元通りになりました。
近い将来、体調を崩すかもしれないけれど、本人は思い悩まないから、それだけは気が楽です。
皮膚の上から歯茎マッサージ、良いことを聞きました。
さすが、猫ちゃんのこともお詳しいですね。またお願いしますね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。