2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

認知症外来のI 先生によしおさんの状態をメール相談しておきましたら、
家族だけでもいいから、外来に来てくださいとお返事頂きました。

ということで、本日は外来に行き、直に薬の相談させて頂きました。

アリセプト3mlに増えてすぐに、胸苦しさが出現したこと、
アリセプト1.5mlを始めてすぐの11月後半にも狭心症様発作が
出現したことから、アリセプトが合わないのかもしれないので、
見合わせましょうかということになりました。

最初はアリセプト1mlか、1.5mlに戻すかというご提案でしたが
なくても良いのでは・・という私の気持ちを通させて頂きました。

後は同じ、グラマリール25ml×1、リーゼ1/2
そして、できればフェルガード100×2包と言う事でした。

抑肝散が飲めれば、その方が良いとのことでしたが、
今はとても無理なので、替わりにグラマリールになりました。

フェルガードは熱を通しても変質しないので、お味噌汁や
カフェオレなどに入れても良いということでした。
が、焦らず、ちょっと待ってもらうことにしました。

やっぱり、本人に納得して飲んで欲しいから。
今しばらくは、落ち着いてもらって、落ち着いてから、
ゆっくり話して、納得してもらって、フェルガードと抑肝散が
飲めたらよいなと思っています。

よしおさんの認知症、脳血管性は別として、
アルツハイマーと思っていたのは、レビーかもしれないと
言う事です。
手の震えや、薬に敏感なところは、そうかもしれないと思います。


それとは別に、最近、顔の浮腫み?が気になります。
浮腫みではなくて、目の腫れ? かもしれないけれど、
血液検査値の腎臓数値も悪いので、要注意です。
心不全になってきているのかもしれません。
こちらは循環器で、相談しなくてはいけないと思っています。

今は循環器は別病院へ行っているので、I先生も自分ならこうする
と言うことも言い難そうです。

ただ、狭心症様発作を、ほんとに狭心症発作かもしれないと言う事も
きちんと視野に入れておいて、できれば薬を追加してもらってと
奨められました。

これは、12月に狭心症の薬を1種追加してもらってありますので
問題はありません。

よしおさんの認知症の治療としては、もう、特に何をするという
段階ではなくなってしまったようです。
暴力的になったり、極端に不安にならないように、するだけです。
関連記事
スポンサーサイト

【】
目の浮腫は 腎臓の働きが悪くなるとどうしてもそうなってしまいますよね
ばぁも まるで目貰い?って思うほど浮腫んで腫れたことが何度もありました。
そのたびに利尿剤で調節したり
でも、利尿剤は辛いですよね 頻尿で益々眠れなくなるから
私も浮腫みますが これは貧血からです
利尿剤も処方されることあります。

お父さん
今は少しでも穏やかに 心の不安を取り除くことを優先になってきたのね
でも、それが一番本人も家族も 気持ち的に幸せなのかも
突然の発作を予防して、苦しまないよう
家族の思いは複雑だろうけど 少しでも笑顔の毎日でいてほしいです
【*ウルルさんへ】
ここのところ急に顔が浮腫んできました。
腎機能の数値は以前から悪かったので、
やっと、浮腫みとして出て来たのかとおもいます。

心不全になってきて、腎臓に負担がいくように
なってきたのだあと思います。
でも、心筋梗塞で、心筋の一部が壊死してから、
3年目を迎えました。
これまで、元気にこれたのだから、感謝です。

いつか心不全が出てくるということでしたから、
やっぱり・・という気持です。
今年は体の方が大変。
認知症は暴力さえ出なければ、もう良いと思います。

貧血でも、浮腫みがくるのですか。
利尿剤を使うことになると思うけど、
そうすると、頻尿もだけど、脱水も怖いよね。
腎臓に負担がいってるとなると、食事も考えないといけないですよね。

いろいろ動かなくてはならない時期にきたのかなと思っています。
ウルルさんを見習って、笑顔を忘れないように、頑張ります。
また、ご経験から教えていただくこともあるかと思います。
どうぞよろしくお願いします。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking