2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

新しい薬が追加になってから、変なことが一杯おこる。
昨日父が言った言葉です。確かに的を得ています。
でも、その先が問題。

一度そう思ってしまったら、その気持を消す事は容易なことではありません。
何故そうなのか、どうしたら良いのかを考えることなどできません。
人に任せることも、頼ることも、できません。

恐れていた「まずいこと」が起こりました。

今日は朝から、薬戦争です。

朝食は食べたくないというので、ズルズルとお昼過ぎになり、
午後1時過ぎに、今日の最初の食事になりました。

その後に、朝食後薬を用意しても、
「いっぺん止めておくゎ」と昨日からの同じ言葉を繰り返します。

「新しく追加した薬は抜いてあるから」と説明しても納得しません。

「これは前から飲んでいる薬だけだから」と、手の平に薬を乗せても、
また、テーブルの上に置いてしまったり、

「これは毎日飲まないと、かえって危ないのだから」と言って、再度奨めると
今度は口に入れて、コップの水を飲むふりをして、
コップの中にそーーっと全部吐き出してしまいました。

すぐに溶けてしまう薬も含まれています。
慌てて、スプーンですくい出して、
「そんなに嫌なら、捨てます」と言うと、
「そんな、もったいない」!!!「置いておいて」
「これは、前から飲んでいる薬だけなのか?」と確認して、
「そんなら、飲むか」っと、やっと飲んでくれました。

今日はアリセプト、フェルガードは抜いています。
グラマリール1錠/日、リーゼ半錠/日は追加しています。

震えは、止まっているようです。
目の釣りあがった感じもなくなっていました。

ただ、薬の件で、私や夫にに対する不信感が、一挙に膨れ上がってしまいました。


これじゃあ、本末転倒なんですよね。

もう一度、何故、よしおさんに、認知症の治療を受けさせたかったか、
原点に返って、考え直したいと思います。


介護者が一番困っていたことは・・・
妄想からくる、暴力・・自分の大切な物を盗られたと思い込んで、叩く、首を絞める。

本人が一番困ることは・・・認知症になって、わけがわからなくなることのはず。
本人は何も自覚してないのだから、何も困ることなんてないのかもしれないけれど。

そうすると、介護者にとって必要なのは、暴力を抑えるグラマリールだけかもしれない。
胸が苦しい症状がアリセプトの副作用ならば、アリセプトを止めて、副作用も消えれば、
不安も感じなくなって、リーゼは必要なくなる。

脳血管性の認知症に対しては、心筋梗塞の予防薬がそのまま予防薬になっているので、
これ以上には必要ない。
アルツハイマーもそんなに酷くないので、進行予防という意味なら、フェルガードが効果があると思う。

グラマリール少量と、フェルガード少量。
それで、何とか、バランスを保てたら良いのではないかしら。

薬のことは、先生と相談です。


よしおさんに対して、一番困っていること
人が信じられないこと、、、、それは認知症と関係ないので、悲しいけど治せないわ。
認知症になって、増幅されてしまった部分は抑えられるかもしれないけど、
根本にある人間不信はよしおさん、そのものなので、、それを治すことはできないもの。
関連記事
スポンサーサイト

【】
心配していました。大丈夫!これできっとうまくいきます。

グラマリールが主役になりそうですね。飲んでもらえてよかったです。フェルガードもすごく控えめがいいかもしれません。もしかしたらフェルガード100のほうがいいかも。100のほうが当帰類の量がうんと少ないから。

私の考え方もパンドラさんと同じです。よしおさんは、明確なアルツじゃないんですから、あえてアリセプトを飲む必要もないかもしれない。飲むとしても、微量を、しばらくしてから再スタートでも遅くない。なにせアリセプトの体内残留日数は17日もあるんですからね。

パンドラさんが一番困ることは、先生と相談し、家庭天秤法できっと解決できると思います。薬が原因で倍増してしまった不信感ですから、薬をやめれば、元の人格レベルまでは必ず戻せるはずです。
【*きじとらさんへ】
ご心配ありがとうございます。

よしおさんは、もともと信じない人なので
認知症だと言っても、本人差し置いて
薬を調整することはとても難しいです。
差し置いてはいないけど、すぐ忘れるので・・。
しかし、一度インプットされた不快感、不信感は
恐らくずーーーっと消えません。

こういう段階を乗り越えていく精神力が
私には不足していると思う(しみじみ、つくづく)

でも、これも勉強です。
やってみないとわからないから。

フェルガードはふたりとも100です。
それで良いと言われていたので。

アリセプトの体内残留は17日ですか。
それならば、2月中は全てお休みします。
3月からあらためて、フェルガードを少量、
先生と相談して始めようかと考えています。

アリセプトは合わないみたいだから、中止ですね。

もともとある不信感はぬぐえないけれど、
それはどうしてあげようもない。
人格を変えなくては、なので・・・
認知症で、運良く、優しくなるみたいなことがあれば
変わるかも・・ですね。

激しい暴力行為は認知症の故だと思うから
それだけがコントロールできれば、家族としては
良いと思っています。
この記事へコメントする















パンドラについて悩みを解決するには、まずはパンドラについての正しい知識が必要です。そこで、パンドラについての情報を集めました! パンドラについて調べて、パンドラに関する悩みを解決しちゃいましょう! パンドラ 関連のアイテム パンドラの檻945 円 ニッ... ...
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking