2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

今日はよしおさんの認知症外来の受診日でしたが、
夫が用事(市のボランティア活動)で、出かける事になっていて
よしおさんを連れて行ってもらうことができません。
まだ、私が留守番していないと家を空けることができません。

なので、私が代理受診をしてきました。
よしおさんがいないので、ゆっくり、認知症の診断結果を
再度お聞きすることができました。

私が診察室に入って行くと、
「よしおさんがみえないと、何があったのかとドキッとします。」
って、先生に言われてしまいました。

まずは、11月に薬を決めて頂いて以来の生活が徐々に活動性をなくしてきて、
おとなしくなり過ぎていることを相談しました。

これまでの薬は

アリセプト1.5ml
グラマリール25ml×2
フェルガード2包
リーゼ 1錠

でした。

ここ、5日くらいになりますか、グラマリールを中止し、リーゼを半錠にしています。

今回アリセプトを3mlに増量することにしました。
これで、どうなるかという問題もありますが、
今現在大人しくなり過ぎという点を考慮して、
まずは、グラマリールはストップ。
リーゼも不安が消えているので、ストップという路線で行く事になりました。

ただし、様子をみて、アリセプトを1.5mlにもどす。
フェルガードを減らす。
グラマリールを再開する。
「不安」があれば、リーゼを入れる。

などを検討することになりました。
その辺の天秤は家族に任せますということでしたので、
後で報告という形か、迷えばメール相談する事になると思います。


暴力、暴言が再燃する前の気配みたいなものを察知できたらと思うのですが、
よく観察していればわかるだろうか?
たぶん、活発な感じが戻ってきたら、用心してみている必要がありそうです。
さて、検査結果をプリントアウトして頂きました。


【脳のCT結果】

頭頂葉萎縮(2cm×9)少ない方
前頭葉萎縮 軽度
側頭葉萎縮 軽度
両側海馬萎縮 中等度
小脳梗塞あり

【長谷川式検査】と合わせて、

混合型認知症と診断されました。ATD+CVDです。


アルツハイマーも脳血管性も、顕著にこれは・・・という感じではありません。
画像もパッと見にはきれいで、以前にも内科の先生に年相応と言われた所以だと感じました。

長谷川式簡易知能評価スケールは、24.5点以下が認知症だそうですが、
よしおさんは、20点はない と言った程度で、軽度から中等度の認知症です。

物忘れには、アリセプトとフェルガードで、
妄想、暴力行為には、グラマリールで対処していくということになりました。

物忘れはしかたがないとして、妄想、暴力行為は、本人のもともとの気質が大きく関与しているような気がします。
でも、それも、グラマリールで対処していけそうだということがわかり、
道はついたので、今までの暗闇からは脱する事ができて、ほんとに良かったと感じています。
関連記事
スポンサーサイト

【】
親切な先生ですね。メールでも相談して頂けるとは。
本人でなく、パンドラさんが人(お父様)の薬を調節するのは大変かと思いますが、良い方向へいく事を祈っています。
それにしても人間の脳って複雑ですね~。うちも母が病気をしてからつくづく思います。
【*かつよさんへ】
メールで相談できるのはとても助かりますよ。
ちゃんと内容はカルテに書かれています。

こればかりは本人では対応できない種類の薬なので、私が調整するのは当然だと思います。
飲む事へ協力が得られない時が困ります。そんな時はなんとか説明して一時でもわかってもらいますけど。

人間の脳は、ほんとにほんとに不思議です・・・・♪
お母様もお大事にね。
【】
薬の微調整って ホントに難しいよね
体調にもよるし、今日良くても明日は解らなくて・・・

ホントに 周りの家族の見守りって大事だと思うけど、いつもいつも微妙な変化に気をつけているのは大変だわ

どうか、少しでも穏やかに過ごせる時間が続きますように
【*ウルルさんへ】
ウルルさん、ご心配頂いてありがとうございます。

父の場合は精神面の薬に限りなので、
案外毎日見ていれば、様子はわかります。
でも、おっしゃるように、
身体にどのくらい残っているのとか、
体調による差もあるので、一概にも言えず、
まずい、と気付いてから飲ませては、
ほんとは、まずい?
まずいと言うか、私が被害にあいます。

ウルルさんのお母様も、うつになられたり、
みーさんもかな? 
お薬の微調整がたいへんなのはよくご存知ですものね。

父は、妄想から暴力的になるのと、
不安からうつ的になるのとの2点を
何とか、事前に水際で食い止めたいと思ってるの。

うまくいきますよーにって願っています。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking