2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これも、最近新聞記事で目についたものです。

名古屋市内のとある病院の医師の方が
書いていらっしゃった記事なのですが、

「レビー小体型認知症の方は、他の型の認知症とまちがわれて
治療を受けると、過剰に薬剤に反応することがあるために、
思わぬ副作用で、劇悪化することがあるので注意が必要。
おかしいと思ったら、病院をかえてください。」
というような内容の記事でした。

そうなんです。
これがお医者さまの言葉だということが
とても嬉しい。時が動いているのを実感しました。

わたしたちの両親が認知症で苦しんでいた頃には
こういうことを分かってくださるお医者さまの方が
まれだった。

だから、患者家族や本人が勉強して
患者の身をまもらなくてはならない。

勉強することは大切だけれど、
それを楯にして戦わなくてはならないのは
しんどいことです。
それが、少しづつ、変わりつつあるのを
感じて嬉しかったです。
関連記事
スポンサーサイト

【】
ぎりぎりで申し訳ないのですが、本日2時NHKEテレで「TVシンポジウム『認知症を考える~社会で中で生きるために~』」が放送されます。
その出演者の高瀬義昌医師も 間違いなくパンドラさんが感じられたような医師だと思います。レビーのこと、薬の副作用のこと、大学病院のこと、常に患者目線でお話をされていたことを思い出しました。

【】
toneさん、お知らせ下さってありがとうございます。
ぎりぎり間に合いました。
録画予約しましたので、また、後で見せて頂いて
感想をupさせて頂きます。感謝しています。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【内緒さんへ】
コメント拝見致しました。
ありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。