2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この10年くらいの間に、認知症をとりまく環境も随分進歩したと感じます。
喜ばしいことだと思います。

1~2ヵ月前のことですが、
認知症を患っていらっしゃるご本人が、ご自分の生活や認知症患者としての気持ちなどを公表していらっしゃるTV番組を見ました。

はっきりとした記憶はないのですが、3人の方が出演していらっしゃいました。

男性、70代くらい、アルツハイマー 病歴は10年以内くらいだったでしょうか。若年性と言えないかもしれませんが、近いと思います。
ひとりで散歩をしていらっしゃいました。
ただ、帰り道もですが、自分がどこで、何をしていたのかを忘れるので、歩いてきた道を、タブレットを使って画像に残しながら、歩いていらっしゃいました。話方はゆっくりですが普通でした。

女性、60代、現役の主婦、アルツハイマー 病歴は10年くらい・・ということは若年性アルツハイマー
お料理も買い物もこなす。ただ、買い物はレジを通る時に、おつりの計算などで焦るので、ちょっとした助けを出してもらえると助かると話していらっしゃいました。介助を受けながらも普通の生活をこなしていらっしゃる。

男性、30代(40代)、既婚、子供あり、サラリーマン、アルツハイマー 病歴数年?
この方は本当に若くて家族を養う立場なので、そういう点でとてもたいへん。
お仕事は発症前から同じなのか、別なのかはわからないけれど、職場で理解を得て働いていらっしゃる様子でした。仕事の手順を手帳に細かく書いて、ひとつひとつそれを見ながらこなしているということでした。
通勤は道がわからなくなった時のために、首から札を下げて、介助をえられるようにしていらっしゃいます。
回りの人の目ということで、ご自身の子供さんが「お父さんは暴れたりしないのにね」と言っているとおっしゃっっていました。回りからは認知症=暴れるというイメージでみられるということだと思います。

この3人の方たちは認知症の方の理想的な経過をたどっていらっしゃると感じました。
発症から10年くらい経過していて、こういう状態であるということは素晴らしいと思います。
一体、何があるのだろうか? と考えてみると、

この方たちに共通しているのは、
「若年性」の「アルツハイマー」の「大人しいタイプかつ気持ちは前向き」の方たちということじゃないかと思いました。

若年性の認知症になるということ自体は、どんなにか心に痛いことだとは承知していますが、そのことは別に考えるとすると、

若年性ということは、脳血管性の因子も少ないと思います。

アルツハイマーということは、まちがった治療をすることが一番少ないタイプということ。

大人しいタイプ(興奮がない)ということは、問題となる陽性周辺症状がないか、とても上手にコントロールされているということ。気持ちが前向きというのは、思い煩わないということで陰性症状もないということ。
問題は中核症状だけ。

中核症状だけならば、新しい薬もできてきていて、進行を抑えていくことが可能になってきている、直していくこともできるようになっている、介助があれば、生活に支障なく過ごせるということなんだなと感じました。

認知症とつきあうということは、周辺症状を制するということが鍵なんだと感じました。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。