2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

よしおさんとみつこさんが亡くなってから、間もなく4年、最後にこのブログを更新してから2年経ちました。もう、更新することはないと思っていましたが、みつこさんからのメッセージを受け取ったような気がして、また更新することにしました。
改めまして、よろしくお願い致します。

みつこさんやよしおさんの認知症を看て来た経験から、身近なところで個人的には、「家族が認知症らしい」とか、「認知症の困った症状に悩んでいる」というお話を聞くと、適切な医療へとつながる道を、ご紹介してきました。でも、せっかく書いてきた、このブログがあるのですから、ここでも、是非ご紹介したいと思うようになりました。

このブログは、みつこさんがドクターイワタに出会って間もなく特別養護老人ホームへ入所したところから始まっています。それは、認知症に対する治療の見直しがやっと適った時でもあり、それ以降の記事は回りや、ネットでつながった方たちからの応援を得ながら、改善へ向けての取り組みの記録と、よしおさんの記録となっています。

適切な医療に辿り着けている方達には、どんどん新しい知識も入りますし、治療の方法、介護の方法も援助を得ながら進めていく道が開けています。しかし、過去の私のように、診て頂いている医師も自分も認知症の医療に対して正しい知識を持たず、そのことに気づかず、半ば諦めの気持ちで現状を受け入れてしまっていると、悲しいことに道は閉ざされてしまいます。

2000年から2007年のみつこさんと私の日々を振り返り、その間何故、認知症の治療を受けながら、受けているから一層悪化させるという悪循環に陥ってしまったのか、何故気づかなかったのかを明らかにしながら、その中に遺された「みつこさんのメッセージ」を、今困っていらっしゃる方たちにお伝えできて、適切な治療へとつなぐ架け橋になれたら幸いです。困っていらっしゃる最後のひとりの方が適切な道に戻れる日まで。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking