2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

131011b.jpg
2013年10月11日 お紐解法要

131011a.jpg
東本願寺名古屋別院 本堂

間もなく、みつこさんの3回目の祥月命日がやってきます。

施設で3年弱お世話になり、そこで亡くなってから、はや3年の日々が過ぎました。
時はひとときも止まることなく流れ続けています。

兄弟姉妹がなく、子供もいない私は、先々のことを考えると、両親たちのお墓問題は
なかなか、決心のつかないものでした。 実は、3回忌法要の折に、よしおさんの
両親(私の祖父母)の眠る お墓に、事情の許す時に入れて頂くという約束を、
従弟としていたのですが、その知らせを待っている間に、私の心に変化が起きました。

お墓は、何の為に建てるのだろうか?
私は、どうしてお墓にこだわるのだろうか?

ずっと、亡くなった人たちの「名前」を、どこかに遺しておきたいと思っていました。
それは、誰のため? 亡くなった人のために? 本当にそうなのだろうか。
自分のお墓は無くてもよいと私が思っているのだったら、両親たちも同じでは
ないだろうか。残っている人に負担をかけたくないという想いは同じではない
だろうか。

もしも、自分のためだったら、何も遺さなくとも、私の心の中には3人の私の親は
私が生きている限り、生きています。いつでも繋がることができる。
だったら、形はなくても大丈夫。 そう気づきました。 会ったこともない、従弟の
子孫たちに負担をかけるのは、よそうと思いました。

そういう訳で、本日、2013年10月11日
私の実父、継母、実母のお骨が納骨してある お寺で、永代経をあげてもらうことと
して、その最初のお紐解法要(おひもとき法要)というものに参加してきました。
これからは、月命日には、読経がなされます。私たちは、いつでも参加できます。
それが、お墓参りに相当します。

私をこの世に誕生させてくれた人たち、育ててくれた人、その人たちに感謝を
込めて、私の心の区切りをつけることができました。

長きに渡り、書き続けてきたブログも、もう、更新はこれが最後の最後と
なります。このブログを参考にして下さった皆様、本当にありがとうございました。
今後も、読んでくださる方がある限りは、このブログは存続しています。
関連記事
スポンサーサイト

【】
10月17日、岩田明先生が横浜で開かれた日本脳神経外科学会のモーニングセミナーの講師をされました。
みつこさん、よしおさんが先生の言葉を通して会場によみがえったと思います。それによって一人でも多くの医師が認知症の正しい知識をつかみとってくれればお二人もきっと喜ばれるでしょう。
パンドラさん、ご苦労様でした。そして本当にありがとうございました。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【toneさんへ】
toneさん、お久しぶりです。お元気のご様子、よかったです。
岩田先生の脳神経外科学会でのモーニングセミナーでの発表のことをお知らせ下さって、ありがとうございます。
きっと、toneさんは、参加されたのですね。

『みつこさん、よしおさんが先生の言葉を通して会場によみがえったと思います。それによって一人でも多くの医師が認知症の正しい知識をつかみとってくれればお二人もきっと喜ばれるでしょう。』

胸の熱くなるようなお言葉、本当にありがとうございます。
皆様に感謝、感謝です。亡き両親も、どんなにか喜んでいることでしょう~v-238 
toneさん、心からお礼申し上げます。
【名無しさま】
お知らせありがとうございます(感謝)
【おひさしぶりです】
私の父も先祖からの墓があるものの、共同墓地に永代供養してもらいました。
亡き父は墓にこだわらない人でしたし、子供に負担をかけないためという母の意思でした。
都会に住む以上、田舎にある墓にお参りを行くのは大変ですし、私には子供もいませんので、墓を継がせる人もいません。
母の決断は、正直すごく助かりました。
もちろん永代供養だからといって、父を偲ぶときの気持ちは薄れることはありません。

ブログと出会ったころはヒラのスタッフだった私も看護主任となりました。
介護困難な患者様の退院を調整するとき、パンドラ様のブログを思い出すことがあります。
ブログの更新は最後とのこと。
これまで長く、介護を巡ってのさまざまな思いを教えてくださってありがとうございました。
【春陽さんへ】
春陽さん、こんばんは。
春陽さんのお父様のお墓のことも、お話下さって、ありがとうございます。
きっと、お母様にとっては大きな決断だったと思いますが、残る人の為にそれを選んで下さったということは、素晴らしいと思います。少子化傾向で子供の少ない昨今、こういう形は増えていくことでしょうね。
形はどうであれ、亡き親を偲ぶ気持ちに変わりはありませんので、私も春陽さんのお言葉に、少し気が軽くなりました。

思えば、母(みつこさん)が亡くなった直後から、ブログにご訪問いただき、現役の看護師さんのお立場からのお気持ちを教えて頂き、私の方こそ、どれだけ教えて頂いたかしれません。ありがとうございます。
お忙しい総合病院の看護師のお立場でありながら、患者や、その家族の気持ちにまで想いを馳せて頂き、こういう看護師さんばかりならば、どんなに素晴らしいかと思いました。
今は看護主任におなりとのこと、きっと、温かく後輩を導いてくださっていることでしょう。

全く正直な気持ちをぶちまけただけのブログですが、少しでも何かをくみ取って頂けたのならば幸いです。
【】
パンドラさん、ご無沙汰しております、どぅです。
ひさしぶりにお邪魔したら、画像に見覚えが…
一昨日、主人・息子とともに高校見学会に参加した後、
すぐそばにある東別院に立ち寄っていたのでした。
だいぶ紅葉がきれいになっていましたよ。

お墓のことは、他人事ではないです。
これからのこともそうですが、さかのぼって古いかたのお墓がたくさん遠方に残っていて…
このたび、全部近くにお引越ししてもらうことになりました。
とりあえず、古いかたのお墓のことで子どもに負担がかかることはなくなりそうです。
でも、この先…って思うと、うちは子どもはいますが、さらにその先となるとどうなるかわからないですよね。

秋があっという間に去ってしまって、急に寒くなりましたね。
どうかお風邪など引かれませんよう。お体ご自愛ください。
【】
どぅさん、こんばんは。
このたびは、もんちゃんのご逝去、心からお悔やみ申し上げます。
子供さんたちのことで、お忙しい中を、お義母さまの為に、誠心誠意尽くされたと思います。

どぅさん家も、ご先祖さまのお墓を集合されたのですね。
少子化でもあり、時代の流れもあり、お墓のあり方も、これまでとは変わってくることでしょうね。

気温の変化の激しい昨今です。どうぞ、皆様ご自愛ください。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【お久しぶりです】
お久しぶりです。
ブログ再開されたんですね。

この間、勤める病棟で初めて患者様の持参薬(入院前から別の病院で処方されたものを患者様が持参された薬)の中にフェルガードがあり、初めて実物を見ました。
そこで、パンドラ様のことを思い出していたところでした。

アリセプト+抑肝散は、今でもスタンダードな処方薬です。
あるいはメマリー。
だからパンドラ様が当初、その治療を受け入れられていたのも仕方のない話であると思います。その他の選択肢を知らないのは患者様や家族だけではなく、医師もまたそうなのですから。

実感では、初期の段階ではアリセプトはよく効く薬です。
劇的に効く人もあるぐらい。

でも、進行してからは、攻撃性の方がつよく出て、それは抑肝散でもあまり効果のないような気がします。
メマリーは、まだよくわかりません。

総合病院、それも急性期の病院でフェルガードの存在を知る人ってまだまだ少数ではないかしら、と私は思います。
看護師をずっとしてきていますが、わりと大規模であった以前の病院でも、今の病院でも見たことはなかったですから…。
だからこそこういう情報は大事だなと思います。
薬の効き方は千差万別とはいえ、正しい情報のうえの選択肢は必要だと思います。
【】
春陽さん、お久しぶりです。
また、お声が聞けてとても嬉しいです。

患者さまの持参薬の中にフェルガードを
ご覧になったというお話は、私には
「ほぉー」そこまでやっと来たのかという感じがします。

両親が亡くなった4年前には、まだ
フェルガードをめぐって、総合病院の内科の主治医に
なかなか理解を得られず、闘っているような状態でした。

すこしづつでも、拡がっているようで、嬉しいです。

母の時のような、まちがいが、少しでも減っていくようにと
思って、少し更新してみました。気づいて下さって嬉しいです。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。