2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

よしおさんは、昨晩から呼吸状態が悪くなり、
今朝9時44分、息をひきとりました。
みなさまの応援ありがとうございました。
脳幹梗塞によるものでした。
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
この度は誠にご愁傷様でございます。
お父様には みつこさんの分まで これからも
長生きして頂きたかったのに・・・

心からお悔やみ申し上げます
【お悔やみ申し上げます】
みつこさんとよしおさん、相次いで見送られてどんなにお辛くがっかりされていることでしょう。私も昨年の1月に母を見送りました。
私もパンドラさん同様子供がおりません。でも老いと病気、看取りに寄り添えたことで、しっかりと命の営みに向き合えた、親は死をもってしても子供に多くのことを教えてくれたのだ、と思えます。どうかお体たいせつになさってください。
【No title】
よしおさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

よしおさん、みつこさんのところへ行きたくなったのかな。あるいはみつこさんが呼んだのか…
お二人ともパンドラさんにありがとうって言っています。

見事な介護、看とりでした。


【お疲れ様でした】
突然すいません。

私の父親が様子がおかしく、認知症では…と疑い出したことがきっかけで、パンドラさんのブログを知り、私には無い、パンドラさんとパンドラさんの旦那様の優しさに感動するやら、反省するやらでした。


しばらくは忙しさが続いて、その後きっと心が辛くなるのではないでしょうか…。

パンドラさんをこんなに素敵な人に育てた、きっと素敵な素敵なご両親だったのですね。

ご冥福をお祈りいたします。


どうかパンドラさんも体調に気をつけてください。
【No title】
よしおさんは、きっと持ち直してくれると信じていましたのに・・

よしおさんのご冥福心からお祈りいたします。
【No title】
きっと元気になってくれると思っていました。
パンドラさんの、事実を受け入れる姿勢に
私もそうなりたいと思い、毎日祈るように見ていました。

よしおさん、みつこさんと会えたかな?
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
【No title】
よしおさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

勝手ながら、よしおさんのこと、自分のおじいちゃんのように思ってました。
このところのご様を、ブログで拝見しながらも、きっと持ち直してくれると信じていました。
パンドラさん、近くでご覧になりながらどんなにお辛かったでしょう。でもその時その時を受け入れていらっしゃるお姿に感じ入りました。
しばらくお忙しいでしょうが、どうかお体をご自愛ください。
【No title】
よしおさんの訃報に接し、ただただ残念で言葉がみつかりません。
ご高齢のよしおさんが、パンドラさんの介護を受けながらお過ごしでいらっしゃることが、私にとっては勇気そのものでした。
パンドラさん、よしおさん、そしてみつこさん、有難うございました。

心からお悔やみを申上げますと共に、よしおさんのご冥福を心よりお祈り申上げます。
【No title】
言葉がみつかりません。。。
よしおさん、とても頑張りましたね。
何故か、感謝の念でいっぱいです。
パンドラさん、暫くの間大変ですね。
お身体をいとわれますように。
心からお悔やみを申し上げますとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。
【No title】
心からお悔やみを申し上げます。
そして悲しみに浸る間もなく怒涛のようにお別れの準備となるでしょうが、どうぞパンドラ様自身のお体を大事にしてください。
【No title】
よしおさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

よしおさんがまた元気になってくれると信じていたので
言葉がみつかりません。

これからは、みつこさんと一緒にパンドラさんを見守ってくれるんだと思います。
お忙しい日々が続くと思いますが、心身ともにお大事にさなってください。お願いします。
【No title】
お父様のご冥福を心からお祈り致します。

昨年のお母様の事もあり、お疲れになっていることと
思います。くれぐれもお身体を大切になさって下さい。
【ありがとうございます】
★まろっちさんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
感謝しています。
----------------------
★ゆうさんへ

お悔やみありがとうございます。ゆうさんも1年前に同じ想いをされたのですね。
看病、介護、看取り、どれもかかわるものを成長させるものだと私も思います。ゆうさんもどうぞご自愛ください。
----------------------
★toneさんへ

今はふたり仲良く並んでいます。
いつも私たちの介護、看病を見守り、励まして下さってありがとうございました。
----------------------
★まじろんさんへ

はじめまして。
温かいお言葉、ほんとうにありがとうございます。
私の体調もお気づかい頂き感謝しています。
-----------------------
★バジルさんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
最初は受け入れ難かったのですが、今は自分を静めて、これでよかったのだと思っています。
-----------------------
★まきぼんさんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
毎日闘いながら事実を受け入れていきました。
私もふたりの遺影に「もう会えた?」って聞いています。
ご心配頂いてありがとうございました。
-----------------------
★どぅさんへ

よしおさんのファンでいて下さったどぅさん、
お悔やみのお言葉ありがとうございます。
孫のいないよしおさんなので、どぅさんが孫でいて下さって喜んでいたと思います。
私の体調もお気づかい頂きありがとうございます。
-----------------------
★kuririnさんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
いつも見守って頂いていたこと、心から感謝しています。
「これでよかったの?」・・この問いに答えはないですよね。
一瞬一瞬を誠実に生きることが全てなんだと今も思います。
------------------------
★kannakuzuさんへ

いつも励まして下さってありがとうございました。
どんなにか励みになっていました。
お悔やみのお言葉、私の体調をお気づかい頂くお言葉ありがとうございます。
------------------------
★春陽さんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
無事、葬儀も終えることができました。
私の体調をお気づかい頂きありがたく思っています。
------------------------
★シロンさんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
私も快復の期待はしておりましたので、残念です。
でも、事実を受け入れて前を向いていきます。
ありがとうございます。
------------------------
★かつよさんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
また、私の体調をご心配頂きありがとうございます。
いきなり、介護が終わってしまいました。
これからは自分の道を歩こうと思っています。
ありがとうございます。
【心からお悔やみ申し上げます】
お父様、頑張られたと思います・・・。

後半は、色んな思いで拝見しておりました。
私の母がお世話になった病院でもあり、
同じ病棟・師長さん・主任さん・看護師さんです。
リアルに感じられる部分もあり、母と重なる部分もありました。
なので正直、私自身、複雑な気持ちです。

お父様、奥様とはもう逢われたでしょうか。
きっと、お2人でハンドラさんに 『ありがとう』 とおっしゃってる事でしょうね。

私も、最後は『頑張った』と思える介護をしたいと思いました。

ハンドラさん、お体に大切に。
そして、ありがとうございました。
【*菜の花さんへ】
お悔やみのお言葉ありがとうございました。

同じ病院で過ごされたのですね。
きっと、まざまざと思い出されることも多くあったことでしょう。
私のブログが菜の花さんに、お辛い想いをおかけしたのではと思います。

再入院してからの日々は悩むことの連続でした。
こんなはずではなかった、あんなはずではなかったと思うことが多く、自分を責めました。
でも、それもこれもすべてひっくるめて、父が決めていたことなのだと理解しました。私の力で父の運命をかえることなど、まして救うなんておこがましいことはできないのだと思います。

ただ、寄り添っていただけ、そしてそれでいいのだと思います。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking