2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

どうも昨日から意識状態が悪化しています。最初は脳が酸欠になったから?と思いましたが、もしかしたら尿毒症で混濁してきた?とも思ったりしています。ひとつのことではなく、複合した原因があるのでしょう。意識はあり、とろんとした目を開くし、手を動かしたり、体を動かしたりはしていますが、昨日からもう起きあがろうという様子はありません。言葉かけにはほとんど反応なしです。言葉を発することも全くありません。苦しそうではないこと、私の姿を追い求めるということがないのが救いです。

血圧、血中酸素濃度などは正常です。というか血圧は高めです。足は丸めていることが多くなったので、拘縮しないように枕があてがわれています。

日々変わる様子に、どうしても心はざわつきますが、何が起きても、それが起きるべくして起きていることと自分に言い聞かせて、少しでも体の力を抜こうと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
テーファー

天から ふぁあと ふってくる
笑いの天使が ふえてくる
あなたも りっぱな テーファー族。


   *テーファー:ユーモラスな人
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
多量に出血をすると、ショックと言って血圧が下がり、各臓器に十分な血液を送れなくなる場合がります。
脳は、血圧が多少下がっても血流を保つ機能があり、すぐに影響は受けませんが、血圧の低下(=血流の減少)がひどくなると、脳の血流も低下し意識障害などが起こってきます。
このような状態が長く続くと、ショックが改善した後も、脳の機能障害が残る場合があります。蘇生後脳症と言います。これは軽ければ終日程度で回復することもあります。

よしおさんの意識が早く戻ることをお祈りしております。
【*hokehoke先生へ】
hokehoke先生、いつも教えて下さってありがとうございます。

父はショック状態になってから1週間ほどしてからはっきりとした意識障害があらわれてきましたので、最初は別の病気なのかと疑っていましたが、先生のお話を伺い、調べてみて、蘇生後脳症に違いないと思いました。そしておそらく快復は難しいことでしょう。

主治医からは蘇生後心不全については有り得ると聞いていましたが、まさか強い意識障害に陥るとは想定外で残念です。でも、気持ちを切り替えて、今の状態でできることをしていこうと思います。

いつもありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking