2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

今朝は7時に病院から電話が入りました。どきっとしますが、最初に「様態は変わりませんが、」と付け加えて下さったので助かりました。要件は昨晩、大量の排便がありお尻拭きを使い果たしたので持ってきて欲しいということでした。

ところが、病院へ行ってみると、それだけではありませんでした。夜間にベッドから降りた(用足しをしたくて)ものの、ベッドには上がれなくなって床に転がっていたそうです。よくぞ点滴が抜けなかったとヒヤヒヤものです。ベッドは全面的に柵で覆われているのですが、柵と柵の隙間に足を入れているのは目撃しました。片足を隙間に入れて立ちあがって前へ転んだようです。

ベッド柵自体も拘束になるのですが、それではすり抜けるということで、ベッドに拘束ベルトで縛りつけられることになりました。ちょっと見るに堪えないものがありますが、今は安静も必要なので致し方ないと思います。朝の担当の看護師さんは「いくら起きたがっても、家族がいる間でも起こすと、夜間にもその癖で起きあがろうとするので、可哀そうだけどオムツで排泄で覚えて欲しい。」と言われ、家族がついていても拘束を解いてもらえませんでしたが、午後の主任さんが、「ご家族がついていて下さる間は外しましょう。」と解いて下さいました。それにしても、立ち上がるなんて、ずいぶん力が出て来たものです。

唇は乾燥でガサガサになり一皮も二皮もむけてしまい血がにじんでいます。しかも舌先も切れているようで歯にも血がつき、生臭い臭いがします。こんな時にはみつこさんが最後に受けていた口腔ケア用品が役立ちました。唇を潤すジェルと口の中をぬぐうウェットティッシュが残っていたので、早速持っていきました。

ところが、肩とかタオルにも薄い血の浸みがありました。口の中のせいかしらと看護師さんにお聞きすると、どうやら、昨日飲んだお茶を戻したようで、それに血が混じっていたということでした。まだ胃の中に血が残っているのか、或いはまだ少しづつ出血しているのか、或いは口の中の血なのか定かではありませんが、当然ですが、まだまだ安心するのは早いということなのでしょう。

今のところ顔色も良くなり、顔つきも以前の静かに寝てばかりの時の顔つきに戻り、順調に快復している感はあります。安心するには早いのでしょうけれど、すごい生命力を持っているような感じがして、少し感嘆の気持ちでいます。


今日のなんくるカード
---------------------------
ヒーリング

ヒーリングはフィーリング
自分を癒し まわりを癒す
愛と光で ピーカピカッ!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking