2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調子の良い日がそうそう続くわけではありませんでした。
今日は、アイスクリームもリンゴジュースもエンシュアも・・・一口だけで、「まあ、いい」っと暗い顔です。点滴が入って当面、命は繋がっていますから、あまり欲張らないことにしましょう。

ところが、今日は「ちょっと、ちょっと」と私を手招きして、「先生が、家族の人に話したいことがあるから、みえたら教えて下さいと言わした。まあ、退院しなさいということだろうか?」と言うのです。先生がよしおさんにそういう伝言をするはずはないのですが・・・念の為、看護師さんに確認しました。

ちょうどお部屋に着いた時に、看護師さんが点滴の処置中で、その時に「おしり拭きが切れているので持って来て欲しい。」という話は聞いていたのです。ナースセンターでよしおさんの話を確認すると、それはきっとおしり拭きのことです、私がご家族がみえたら教えてねと言ったんです、よく覚えていてくれたのね~っと感心されました。

よしおさんの頭の中で、看護師さんの「家族がきたら教えて」というのと、先生に話しかけられたこと(回診時とか)、家に帰りたいという願望が全て架空のお話にドッキングされてしまったのだろうと思われます。

入院したくなかったのだし、帰りたいのだろうな。でも、中心静脈に点滴を入れているということは、すなわち、もう病院以外のところへは行けないことを意味しています。義足のベルトをつけることも、首の位置からいって、微妙なところです。

意思疎通はかろうじてできているような感じですが、理解できないことが増えています。よしおさんの口から、「わからん」という言葉がよく出るようになりました。点滴の説明をされた時も、「わからん」と答えていて、そのまま眠らされてしまいました。みつこさんも常に、「わからん」と答え、時には「わからん、わからん」とわめいて苛立つこともありました。

どこまでが、自分の意思で生きていると言えるのでしょうか。難しい問題です。私を納得させるためだけに生かせているという状態にだけはしたくないと思っているのに、知らず知らずに、そちらに流されてしまっている、ということにならないようにしなくてはいけないと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
チャンス

チェンジは チャンス
今がちょうど その時だ
勇気をもって レッツラゴー!
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
よしおさんが「家に帰りたい」と感じさせる言葉があるのは、まだまだ元気でいたいということではないでしょうか。
みつ子さんの時にも、ありがとうという言葉がラストワードだったと伺いました。最後まで感謝されていたのでしょう。
パンドラさんの直感のままにと思う中にも、いろいろと迷いもあって、さぞお辛いことでしょうね。
でも、どんな選択をされたとしても、それは間違いの無いことなのだと私は思います。
1日1日に思いを込めて過ごされているパンドラさんを、心から応援します。
【*kannakuzuさんへ】
人ひとりの命に対して、確固たる考えを持ち続けることなどできるわけもなく、その場その場で「これでいいのだ」と感じることをするしかありません。それを直感に従ってという表現にしました。

迷い、揺れる気持ちをお察し頂きありがとうございます。また応援、とても心強く思います。感謝しています。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。