2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

今日はちょうどむくっと起き上がったところでした。記憶の中では今しか存在しないよしおさんなので、昨日は起き上がれなかったけれど、今日は起きあがれるという比較は全くありません。昨日の続きの如く、極当たり前に起きあがって、どうするつもりなのか?っと思ったら、「甘いものを飲もうと思った。」と言う事でした。

アイスクリーム、お友達から頂いた産直のりんごジュースなど甘いものを少々飲みました。昨日所望のところ天をカップに移して黒蜜をかけたのとお箸を渡してみました。自分の手で食べるのは初めてなので、お箸がうまく使えないようでしたが、やり出したらできました。ただ、黒蜜かけのところ天は美味しくないようで、一口で止めました。味が違うそうです。パインも所望でしたが、今のところよしおさんの気に入っているパインの缶詰がみつからないのです。そこで瓶詰めのパインを持っていったのですが、恐らくシロップの甘さが足りないのでしょう。一口で、「まあええ」とお断りに合いました。

日ごとに元気が出ています。起きあがったことを看護師さんに伝えると、「点滴が入り出すと、元気になって動けるようになられる方は多いです。」とおっしゃって、危ないからと、ベッドを一番低く下げて下さいました。動いて点滴がずれないかというのが一番心配ですが、心配し過ぎはダメよと自分に言っています。

声も出るようになりました。今までは何も言わないか、ハスキーな小さな声でしたが、突如、大きな声が出ました。いろいろ飲んだり食べたりした後、「あぁ、美味しかった!」と大きな声で言ったので、向かい側の付き添いの奥様が、思わず「食べれるようになって、よかったね。」と声をかけて下さいました。大部屋はなかなか良いものです。人と触れ合える、話さなくても、話声が聞こえるだけでも、救われるものだと気づきました。

みつこさんもそうでしたが、よしおさんもすっかり子供に返っています。子供に返った親のお世話ができるということは、本当の子供である私にとってはまれにみる幸せなことなのだと、今日、ふと気づきました。そしてそれをさせてくれる夫がいるということも、幸せなのだと・・・気づきました。

今日は気づきの多い一日でした。やっと私も自分の中の幸せに気づくことができるようになってきたのだと、そのことにも感謝です。


今日のなんくるカード
---------------------------
与える

与えることは 受け取ること
与えることは 包まれること
宇宙は いつも 見守っている。
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
少しでも、本当に少しでも食べてくれるとうれしいですね。

それにしても…
子供に返った親のお世話ができるということは、本当の子供である私にとってはまれにみる幸せなことなのだと、今日、ふと気づきました。
なんて…
毎晩排便介助にいってくる私にとって思いもつかぬ言葉でした。
でも、いい言葉ですね。
こころ洗われるような気持にさせられました。
【*toneさんへ】
こんにちは。コメントありがとうございます。
中心静脈からの点滴という方法を採ることで、一時蘇ることができました。素直に嬉しいと思いますので、それが私の本心なんだと思います。

おほめに預かったフレーズは、ふと自分の中にわき上がってきた気持ちです。最近は自分の直感に耳を傾け、それを受け入れていこうと思っています。

toneさんも毎日がたいへんな日々だと思います。偉そうなことは言えませんが、ご自分の素直なお気持ちに従われれば、それが一番よいことなのだと信じます。お互いに良い日々でありますように。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking