2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は主治医の先生ともう一度懇談をお願いしました。

今現在、割合落ち着いた状態にあるし、本人も絶対に病院に居たいとは言わなくなっている。
今はまだ、このまま、ずっと病院生活を送らせるのは忍びない気がする。
故に、もう一度、在宅に戻って、できるところまでやってみたい。

というふうに先生に切り出してみました。

また、退院するに当たっては、訪看さんに入って頂き、家族の相談に乗って頂き、先生との橋渡しをお願いしたい。
外来受診の時には、先に血液検査をしてもらって、その結果を踏まえて診察をお願いしたい。
脱水になりそう~とか、調子が落ちて来たと感じられる時には、また短期入院をお願いしたい。

と、考えてみたら、ずいぶん勝手な言い分を並べてしまいました。
しかし、主治医の先生は快くすべて受けて下さり、
ご家族は大変だと思いますが、こちらはかまいません。すべてそのようにしましょう。
それにしても、よしおさんはお幸せですね。ご家族の気持ちはきっとわかっておられますよ。」とおっしゃってくださいました。

この病院にゆっくり入院していられるのは、主治医の先生が穏やかで、温厚な先生だからです。認知症の薬についても、嫌な顔をせず、快く受けてくださいます。

温かい人に恵まれ、本当に有難いです。
退院は2月末をめどにして、それまでに受け入れ準備を整えます。


今日のなんくるカード
---------------------------
すべてはうまくいっている

マイナス プラス まるごとオッケー
すべては うまく いっている
すべっても うまく いっている。
関連記事
スポンサーサイト

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【*内緒さんへ】
内緒さん、コメントありがとうございます。

どこまでやっていけるかということは、決断するのにとても悩むことです。経験からすると、どうにもならなくなってからでは遅いということですけれど、それでも道は開けます。

前もって準備しても、思い通りにはならないということもあります。でも、どれもこれも人それぞれ事情により状況も異なります。私自身としては、試行錯誤しながら、軌道修正しながら、行きつ戻りつ、少しづつ前へ進むというのが性に会っているようです。

お病気、心配ですね。どうか良い結果になりますように。
準備されている施設は、私も元のケアマネさんから勧められたことがあります。
【No title】
お返事ありがとうございます。

ほんとうに行きつ戻りつです。

今日は、アミーユという有料老人ホームを見学してきました。いくつかの候補の中で、相対的に判断するしかないのかなあ…。

よしおさんのいらっしゃる病院はいいところですねえ。
Mの隣の病院ですか?
あそこで私はとても助けていただきました。
【*ankoさんへ】
コメントありがとうございます。

私の経験ですと、あちこち候補の施設を見学させてもらって、判断の基準となったのは、「人」でした。経営者の理念とか、働いている人の態度、様子とか、です。それははっきりと違いました。施設が新しくて奇麗とかいうことは二の次です。妥協はしない方がいいと思います。マリーさんはそういう点ではまだ少し余裕があると思いますから。

「ここがいい」とはっきり思えた施設を第一希望と決めて、それでも数か所申し込みをしました。念力が通じたのか第一希望から一番に打診がきました。おそらく申込時のこちらの熱意も通じたと思います。

今よしおさんが居る病院は、O病院です。Mの隣というのは、たぶん違うと思います。O病院は評判が良いわけではないのですが、主治医の先生が良い先生で、こちらの話をじっくり聞いて下さいます。先生との相性というのも、とても大きいと思います。

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【内緒さんへ】
コメントありがとうございます。
施設では入居者さんのご様子も大事ですよね。皆さんがよいお顔をされていれば、きっと良いところなのだと思います。
ご本人の意思を尊重されることも大事、介護者が判断することも大事、振り回されないことは必要かと思います。
でも、見極めは難しいですよね。
応援しています。

お誕生日にお祝いのお言葉ありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。