2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

たいへんな不穏状態になってしまった日の翌日、朝つなぎ服に着替えさせられて眠ったのを見てから、家に帰り、夕方もう一度出直すことにしました。

前日I先生から、アドバイス頂いたことのうち、フェルガードを3包に戻して欲しいこと、サアミオンを中止して欲しいこと、不穏になったらグラマリールを処方してもらえないか?ということは、看護師さんから主治医の先生に伝えて頂くようにお願いしておきました。

突発的な大不穏に対して、I先生からのご指摘は2点ありました。
ひとつは腎不全で食事が摂れない時のアミノ酸補給の目的の点滴をずっと続けていますが、その副作用とは考えられないか?ということと、
もう一点はもともと微小脳梗塞があるので、それが再度起きていないか?ということでした。腎臓への負担が大丈夫であれば、プラビックスまたはプレタールを追加してもらえないか?という内容でした。

この日は主治医不在の日なので、翌日の朝、一番にこのことを聞いて頂きたいと思い、書面で病院へ置いてくることにしました。手紙を持って夕方病院を訪ねてみると、よしおさんはつなぎ服から普通どおりに着替えており、義足もいつもどおり部屋に置いてあり、いつも通りの様子になっていました。本人の様子も興奮がとれ、普通の状態に戻っていました。ちょっと不思議でしたが、何はともあれ、安堵しました。

翌日(29日)朝、訪ねてみますと、副作用か?と思われた点滴が外されていました。また、高カリウム血症の「まずい」薬が、ゼリータイプの物に変更され、そのままでは食べにくいので、甘みをつけれるものを持ってきて下さいと看護師さんから依頼がありました。主治医の先生が手紙を読んで、すぐに検討して下さったようで、ほっとしました。

今朝(31日)は、たまたま病室に薬の指示書(看護師さんが持っているもの)が忘れてあり、それを見ると、サアミオン中止、フェルガード3包、不穏時グラマリール、が追加されていました。また、ゼリーには甘みをつけることも書きくわえてありました。アミノ酸点滴は中止のままです。

また、本日は脳のCT撮影が検査に入っていました。調べた上で薬を検討して下さるおつもりなのでしょう。患者家族の言葉もすんなり聞き届けて頂き、有難く思っています。

よしおさんの興奮はあれ以来出ていません。


今日のなんくるカード
---------------------------
突き抜ける

人間関係 大変さぁ
仕事も 結構 大変さぁ
突き抜けたら 楽々さぁ。
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
いつも読ませていただいているのに、みつこさんの訃報のときも、お悔やみの言葉も残さない無礼をお許しください。

よしおさんの入院生活の見守りの中、ブログを更新していただいて、先行きがわからない生活をしている私にとって、どんなに励みになっているかわかりません。

どうか、どうかご自愛くださいませ。
【*ankoさんへ】
ankoさん、コメントありがとうございます。
母へのお悔やみのことなど、どうぞお気になさいませんように。
ブログを見て頂いているだけで、とても励みになり、嬉しく思っています。

マリーさんはいかがお過ごしでしょうか。
通いの介護はたいへんなことでしょう。
お察しします。

寒さの折、ankoさんも、マリーさんもご自愛ください。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking